皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

世の中は、本日よりGWですね。
東和商会は、今日まで出勤。
明日からの9連休となります。

 

突然ですが、
どか~んと、「七人の侍」の壁画。
(三船敏郎って、カッコ良すぎる・・)

 

東宝撮影所

 

 

世田谷にある「東宝撮影所」です。

 

 

東宝撮影所

 

可愛いゴジラがお出迎え♪

 

「NETFLIX」のドラマで使う、
素敵なカーテンをご依頼いただき、

 

ちょうど今、撮影真っ最中の現場を
見学に来ていいよ~って、

 
担当者様の嬉しいお言葉に甘え、
弊社のカーテンを見るのを口実に、
なかなか入れない現場にお邪魔してきました。

 

想像を超えるスタッフさんの人数。
その緊張感。

ドラマって、こんなにたくさんの人が
関わって作っているんだ。

 

まず、それにビックリ。

 

監督さん、女優さん、そうそうたる方々。
その美しさが眩しい・・・
でも名前は、まだ言えない。

 

あ~ん、言いたい言いたい。
でもまだ言えない。残念!

 

来年2月の放送です。
楽しみだあ~♡

 

弊社には、映画やドラマの撮影現場からの
ご依頼も、結構多いのですよ。

 
映画の場合は、「東和商会」っていう文字が、
エンドロールにも出てるんだけど、
とにかく文字ちっちゃい。笑

 

 
さてさて、今日は、
平成最後のブログアップとなります。

 

とっておきの素敵な事例を
一気にご紹介致します。
(長くなるよ~覚悟!)

 

お家の中の窓、全部を、
ウイリアムモリスで統一した、
素敵なお住まいです。

 

 
まずは、ひろ~いLDK

 

いちご泥棒のカーテン

 

W様邸は、高層マンションの高層階。
素晴らしき眺望なのです。

その眺望を邪魔しない程度の
フラットバランスを全体に。

 

また、マンション特有の「梁」もあり、
バランスはとにかくコンパクトに。

 

ですが、これがあると無いでは大違い。

 

マンションのカーテン

 

フラットバランスの生地は、
ドイツのブランドJAB、
「スターベルベット」

ベルベット、なめらかランキング一位!
(あくまで伊賀個人の勝手なランキング)

 

でも、触った人みんな、
うわ~なめらか~!とおっしゃいますよ。

 

ドレープは川島さんの「いちご泥棒」
FF1011BG

 

レースはスイス製、
クリエイションバウマンの「ソプラノ」を
バルーンシェードに。

 

 

 

下の画像の窓は3倍ヒダのカーテン。
「ソプラノ」ならではの、
しなやかさと柔らかさ。

 

と、とにかく、美しいっ!!

 

マンションのカーテン

 

それとご注目いただきたいのが、
フラットバランスのカットライン。

 

ドレープカーテンが片開きなので、
バランスの中央感が出ない方がいいと
考えました。

 

曲線のライン、かなり悩んだ結果、
正面ワイドの中央をぼやかしてます。

 
ウイリアムモリス

 

贅沢に、たっぷりと、
圧巻の「いちご泥棒」です~

 

 

コーナー窓のシェード

 

キッチンにもコーナー窓になっていて、
プレーンシェードを。

 

枠内取付けの場合、
通常は裾はストレートにしますが、、

 

また、ツインの後幕は、
あまりバルーンにはしませんが、、

 

コーナー窓のバルーンシェード

 

ほとんど、前幕は降ろさず、
後幕のレースを見せるように、

 

このようにしてお使いになるとのことで、

 

それならば、操作性に問題無しと、
このデザインになりました。

 

コーナー窓のカーテン

 

 

コーナーのところ、ピターっと合わせて、
後幕だけ広くして、隙間を無くしてます♪

 

 

ウイリアムモリスのカーテン

 

 

W様のこのマンション、弊社からは
とっても遠いところにあります。

採寸も工事も、飛行機で行く距離です。

 

それでも、交通費や宿泊費を出してでも、と
ご依頼いただきました。

 

それも、マンションが完成する前の
とっても早い段階から、ご相談いただいて。

 

お取付けまでには、
十分な期間があったからこそ、
ご対応が出来たのでした。

 
レスターアカンサス

 

鮮やかなグリーンが印象的な、
「レスターアカンサス」

 

レースは「ソプラノ」のイエロー。
カラフルなお色使いは、
W様がお選びになった組み合わせです。

 
このお部屋は音楽の為のお部屋。
なので、壁や天井が防音仕様になってます。

 

スワッグバランス

 

 

上飾りは、「スワッグ&テール」
定番のジョージアンスワッグ6個スタイル。

 

生地は、先ほどと同じ「スターベルベット」
深みのある美しいグリーンで。

 

お城のカーテン

 

テールの裏地など、小さな面積には、
赤味の生地でアクセント。

 


お城のようなカーテン

 

 

ビビットで華やか!

 

ウイリアムモリスの、いつもの
伝統的でクラシカルな雰囲気とは、
また違った仕上がりです。

 

 

ウイリアムモリス

 

迫力ある~♪

 

次は、プレーンなシェード。

 

ウイリアムモリス

 

ほっこり優しく温かく、
可愛さのある「ケルムスコットツリー」

 

大きな木の柄が素敵な生地。

 

予定していた窓は、小窓なので、
その窓に合わせると、シェードは
あまり大きくは作れません。

 

この際、窓の大きさは無視して、
めいいっぱい柄を楽しむことに決定。

 

ウイリアムモリスの窓

 

可能な限り木の柄を出すように、
巾も丈も、大きめにお作りしました。

 

似たような窓ですが、
この窓と、下の画像の窓では、

 

上部の飾りのデザインが、微妙に違うのです。
その違い、わかるかな~?

(はい、上げたり下げたりスクロール~♪)

ウイリアムモリスのカーテン

 
男性のお部屋は、飾りはスッキリと。
女性のお部屋の方はデコラティブに、
曲線を多くしてみました。

(わかったかな~?)

 

最後は、洗面所のカーテン。

鏡にカーテン??
そーです。鏡にカーテン。

 

洗面所のカーテン

 

 

なぜなのか~?というと、
この鏡の正面側にも鏡があるのです。

 

合わせ鏡があまり良くないと聞き、
使わない時には、何かでカバーしたいと
ご相談いただきました。

 

それでご提案したのが、この形。

 

天井(梁の下)にカーブレールを付けて、
ギャザーカーテンで可愛く演出♪

 

カーテンを開いても閉じても、
めちゃくちゃカワイイ♪

 

生地は、他の窓と同じく「ソプラノ」
なんて贅沢なカーテン♡

 

一気に紹介してきました、W様邸。
全窓すべてがウイリアムモリス。
レースはすべてクリエイションバウマンの
「ソプラノ」という、

 

ゴージャスで素晴らしい窓装飾。

 

W様にも、とってもお喜びいただきました。
そして、素敵なメールも頂戴しましたよ~♪

 

音楽家であるW様なので、
特に「ソプラノ」についてのご感想です。

 
********************

本当にお世話になりました。
生地の発注ギリギリになっての私の迷いに
根気強くお付き合い下さいまして
ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

『ソプラノ』の生地の3倍ヒダは圧巻です。
ナチュラルでありながらも堂々たる品格です。

リビングの『ソプラノ』の2倍ヒダの
バルーンシェードは、3倍ヒダの横に
ありながらも愛らしいトーンで語りかけてくる
不思議な魅力があります。

2倍ヒダのバルーンシェードは透け感があって、
程よく光を取り込んでくれます。
それで3倍ヒダと2倍ヒダの組み合わせによって、
光の楽しさが倍増したように思います。

キッチンのシェードが大きく計画変更した
部分でしたが、『ソプラノ』の生地を
平たくシンプルなシェードにしないで、
バルーンシェードにして良かったと
心から思っています。

景色が半分隠れようと、採光が減ろうと
何のそのでした。凝りに凝ったシステムキッチン
に見事に釣り合っており、梁の鬱陶しさをかき消す
有難い存在となっています。

おかげさまで芸術品に囲まれて、
毎日が心豊かになります。

本当にありがとうございました。
皆様に心より感謝申し上げます。

 
*********************

 

W様、素敵なメール、ありがとうございます。
そして、こちらこそ、
本当にありがとうございました。

 

遠方からのご依頼は、交通費などの面でも
お客様のご負担はかなり大きなものになります。

 

だからこそ、そのご期待に応えなければ!!と
気合が入りました。笑

 

お喜びいただけて本当に良かったです!

W様のこれからのご活躍をお祈りしております。

 

さて、今日は平成最後の長いブログ、
お付き合いくださって、ありがとうございます!

 

気分は、勝手に大晦日の紅白歌合戦。
平成をしめくくるかのように大放出!笑

呼んで下さった方、お疲れ様でした。

 
皆様、良いGWをお過ごし下さい。
「令和」になりましても、
どうぞよろしくお願い致します。

 

おっと・・

 

今日は、長期休暇の前日ってことで、
スタッフみんなでランチ会でした~♪

 

お食事会

 

美味しかった~♡
(撮影者が私の為、伊賀は写っておりませんです。)

では、皆様、また次回をお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会ホームページ
http://www.curtain.co.jp

 

 


コメントをどうぞ