皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

寒さと温かさを繰り返しながら、
一歩一歩、秋が深まってきました。

 

紅葉のニュースとか見ると、
うきうきしてきちゃうのはなぜでしょう。

 

あ~、見に行きたい行きたい!

 

でも実はいろんなお客様のところに行く、
その道中で、ちゃっかり
季節感を楽しませていただいてます。

 

なにしろ、弊社のお客様は遠方の方が多い。

 

千葉県、茨城県、栃木県、神奈川県、
街の中心部のこともあれば、
自然豊かな場所もあり。

 

お客様の住む町に向かうのは
とても楽しいことです。

 

そしていつも思う。
「わ~、こんなに遠くから来て下さったんだ~」
ありがたいなあ。

 

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

埼玉県N様邸


お城みたいなカーテン

 

ゴージャスな雰囲気の
スワッグ&テール。

 

最近人気の生地♪
でも、今回はちょっといつもと違う~

 

何が違うかというと・・・

 

スワッグバランスを柄物にして、
ドレープカーテンは無地。

 

これって、「フラットバランス」では時々
やる組み合わせなのですが、

 

スワッグバランスの弊社の施工例では、
とっても珍しいパターンなんです。

 

いつもは圧倒的に、逆のパターンが多い。
(バランス無地でカーテン柄物)

 

今回は、お客様のご希望で、
上飾りのみ柄物のスタイル。

 

私の方がちょっとドキドキ。

 

で、どんな感じになったかとゆーと、

 

じゃ~ん!


豪華なカーテン

 

 
あらら~ん、ステキ!

 

いいんじゃないですか~!これも。

 

お城系カーテン

 
アイボリーのカーテンは、
お客様のこだわりポイント。

 

お眼鏡にかなったアイボリーは、
フジエテキスタイルの「サバイ」01番

 

お城っぽいカーテン

 

バルーンシェードの方も、
本体を「サバイ」で。

 

スリット部分に、ゴールドベージュを差し色し、
スワッグバランスにお色を近づけて。

 

海外風のカーテン

 

このスリット部分の生地切り替え、
一般的にはあまりやらない縫製。

 

弊社では、
デザイン性からもおすすめしたり、

 

または、本体の生地の張りが強い場合も、
これをやることで仕上がり良くなるので、
おすすめすることもあります。


バルーンシェード

 

「サバイ」は、これやらなくても良い、
柔らかさのある生地なんですが、

 
今回はゴールドベージュの差し色があることで、
全体の統一感が出ています♪

 

バルーンシェード

 

腰窓、小窓は、
すべてバルーンシェードで。

 

バルーンシェード

 

小さなバルーンシェードは、
「プチバルーン」って呼んでます♪

 

小窓のカーテン

 

広~いリビングダイニング♪

 

美しいカーテン

 

スワッグバランス整え中。

 

 
主寝室にはエレガントなお色で、
「フラットバランス」をお取付け。

フラットバランス

 
薄紫の生地は、
PASAYA(パサヤ)のサテン。

 
ドレープカーテンは、
川島織物セルコン「ME8148」
レースカーテンは、
五洋インテックス「カミュ」

 

薄紫のカーテン

 

上品なクラシックボーダーの生地。
細いストライプに紫が使われており、
それに合わせた上飾り。

 

これはまさに、先ほどとは逆のパターン。
バランスは無地で、
カーテンが柄物。

 

薄紫のカーテン

 

 

こちらのお部屋も小窓はバルーンで♪

 

プチバルーン

 

バルーンシェードには、
バランスと同じ薄紫の生地で差し色♪

 

バルーンシェード

 

さりげなく入った、
ちらりと感じる紫がアクセント♪

 

 

こちらは息子様のお部屋。


かっこいいカーテン

 

カーテンはシンプルに。

 
レールは装飾レールの、
TOSO「クラスト19」アンティークゴールド

 
でも小窓のプレーンシェードは、
少し飾りを付けて。

 

かっこいいシェード

 

上部にフラットバランス付き♪
弊社では「フラップ付き」と呼んでます。

 

かっこいいカーテン


シェード本体は柄物で、
上部のフラップは無地。

 

全部柄でも問題ないし、
全部無地でも問題ない。

 

とにかく決まり事はないのです。

 

フリンジだって、付けてもいいし、
付けなくてもいい。

 

ただ、付けた方がより良くなると感じた時には、
そうアドバイスさせていただいてます。

 

 
こちらは将来のお子様部屋。

 

子供部屋

 

プレーンシェードと、カーテン、
窓の大きさに合わせて組み合わせ。

 


ストライプの生地

 

やわらかいイエロー系のストライプは
五洋インテックス「スィート」

 
フラップの無地の生地は、
マナトレーディング「ベガ」

 
小さな縁取りのトリムは、
サンゲツのもの。

 

シェードとカーテン

 

こんなふうに、いろんなメーカーの、
生地や資材を組み合わせて作ることは、

 

どのショップでも出来るかというと、
実はそうではないのです。

メーカー縫製の場合、
使う資材はそのメーカーの物に
限られるからです。

 

弊社は、自社工場なので、
自由過ぎるくらい自由なのでありました♡

 

N様にも、大変お喜びいただけましたよ~♪

 

せっかくのオーダーカーテン、
是非、自由に楽しんでお作りいただきたい!

 

いつもそう思う東和商会です。

 

N様、この度は東和商会をご利用いただき、
誠にありがとうございました!

 

 

さて、次回も素敵なカーテンをお楽しみに。

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 


コメントをどうぞ