皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

あっという間に10月も終わりですね。

 

本当に、あっという間に1年が過ぎていきます。
こんなに色々あった1年なのに、
いつもと変わらぬスピードなんですよね。

 

「1年過ぎるの早すぎる」
誰かとそんな話題になった時、
必ずしめくくりには、これ。

 

「歳とるわけだね。」笑

 

 
さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

東京都U様邸」

 

素敵なカーテン

 
掃き出し窓には「スワッグ&テール」
塔屋になった小窓には「プチバルーン」

 
相性抜群の組み合わせ♪

 

お城系カーテン

 

一間サイズの掃き出し窓に向いている、
3スワッグタイプの定番のスタイルです。

 

落ちついた印象に仕上がります。

 

ドレープカーテンは、シンコール「リナルド」
しっかりとした厚みがあり、
輝きのある小さなダマスク柄は、
個人的に、とても好きな生地♪

 

好きだから、ついおすすめしちゃう。
お客様も気に入って下さいました。

 

カーテン上飾り

 

あくまで弊社の場合ですが、
カーテンが柄物の場合、
上飾りを無地にすることが多いかも。

 

このスワッグの色、良いでしょ~?
シルバーグレーのような、つるんとした輝き。

 

これは意外にも、遮光の生地でして、
フジエテキスタイルの「ドゥース」

 

この「ドゥース」さん、
とろんとした柔らかさがあり、
スワッグを作った時のヒダの美しさは、
ピカイチなのであります。

 

ゴールド系のお色もあり、
「隠れイイ生地」として、
数々の上飾りで実力発揮中。


バルーンシェード

 

そして「リナルド」は、
バルーンシェードにしてもかなり良い♡

 

シンコールのリナルド

 

素直にクシュっと仕上がり、
形よくおさまります♪

 

シンコールの生地


とってもエレガントです♪

 

バルーンシェード


一番手前の小窓は、下がり壁があり、
それに干渉しない範囲ギリギリの製作幅に。

 

現場を拝見しないとわからないこと。
たくさんあるから、

 

採寸時の打ち合わせって、とても大切なんです。

 

プチバルーンシェード

 

とっても品よくゴージャスに。

 

 

 

さて、こちらは和室。

この足元の横長な窓に、
ロールスクリーンをご希望でした。

採光窓

 

このように、下の方にくる窓には、
ロールスクリーンは枠内に入れてしまうのが
おすすめ、だと私は思ってます。

 

まぜなら、メカ物の上部が、
上から丸見えよりも良いと思うのです。

 

こんなふうに、中に入れてしまえば、
メカ部分は目立たない。

ロールスクリーン

 
ロールのお色は、U様のご希望で、
壁紙になるべく近い感じのブラウンで。

 

ロールスクリーン

 

こんな感じ。スッキリ。

 

それとは対照的に、
こちらの窓は、2つの窓をひとつにして、
1台のロールスクリーンを正面付け。

ロールスクリーン


同じ「ロールスクリーン」
というアイテムでも、

窓の位置により、取付け方は様々です。

よく開ける窓なのか、そうでないか、
それも、スタイルを決める重要な要素ですが。

 

このお部屋のロールスクリーンは、
壁紙に色を同化させたいご希望でした。

 

 

赤い壁

 

リビングからひと続きになっている、
和室のこの赤い壁紙部分が、
素敵なアクセントに。

 

U様のこだわり部分です♪

 

さて~、まだまだ続くU様邸なのですが、
ひとまず今日はここまで。
(どーした?どーした?)

 

いや、時間が、時間が足りなくなったのです。
ひとまずアップしま~す!

続きは近日中にお伝えしますね~♪
どうぞお楽しみに!

 

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ