皆様、こんにちは。東和商会の伊賀です。

突然ですが、

「小窓」、それは小さな窓。
キッチン、洗面所、トイレ、などなど、

お家の中の、「小窓」は、カーテンついつい後回し、
果ては、「何も無くてもいいよね~」なんて。

もちろん機能性だけでいいますと、
「無くてもよい」かもしれません。

採光の為だけのフィックスですと、特にそうなりがち。

でも、この「小窓」さん、とってもお気軽に飾れる、
とっておきの見せ場でもあるんです。

そんな素敵な事例をご紹介します。
前回の続き、東京都O様邸です。

洗面所のふたつの小窓。
中央の鏡を挟んで、シンメトリーな位置関係です。

洗面所の小窓

 

ベージュのレース生地を使った、ふんわりと優しい
スワッグ&テールをお取付けしました。

レースのスワッグ

 

コサージュ付きでエレガントに♪
お色の感じが、モリスの壁紙とピッタリ。
レース生地は、五洋インテックスの「マレッツ」

小窓飾り

お気づきでしょうか。
弊社お得意の、シェードメカ利用の、簡単装着。
壁からの出っ張りは、45ミリのみ!

四角い窓が、一変して柔らかい表情に。

もともとおしゃれで素敵な設えなのですが、
この空間全体が、さらにグレードアップした感があります。

 

そして、こちらのおトイレの窓には、
小さめの、フラットバランスを。

トイレのフラットバランス

 

同じく、モリスの壁紙ですが、こちらは深い色合いの紺。
そして、何か加えるなら、イメージは「シルバー」とのこと。

フラットバランス

 

お薦めしたのは、ちょっとメタリックな色合いのグレー。
トリムは、壁のお色に合わせて。

 

小さなフラットバランス

そして、こちらのおトイレは、
リビングのドレープカーテンと同じ生地に、
同じく、ボールフリンジで、エレガントに。

フラットバランス

どちらも、やっぱり、簡単に装着できるタイプです。
そして、どちらも窓枠内に、カフェカーテン。

 

さて、続きますのは、またまたスワッグ&テール。

小窓のスワッグバランス

ベルベット生地を使い、トリムなどは無しで、
細いパイピングを施したものは、珍しいですよね~?

これは、最近、弊社の工場で、工場長が試作してみて、
とても良い仕上がりだったので、

シンプル仕様がお好きな方には、是非おすすめしたいと
常々思っていたのでした。

スワッグバランス

実は、O様はピアノの先生。
これからこのお部屋には、グランドピアノが2台も入るのです。

ピアノは、かなり窓に接近する為、
カーテン丈は、短めにお作りしたのでした。

ベルベットのスワッグ

 

重厚になりがちな、ベルベットのスワッグバランスも、
いつものように、フリンジトリムではなく、
パイピングにしたことで、さらりと軽いイメージに。

シャンタン生地の、ドレープカーテンの片側のみ、
ベルベット生地で縦にボーダー入れて、
スワッグとのつながりを持たせましたよ~♪

 

 

さて、こちらのカーテンも、ご覧下さいませ~♪
やはり、壁紙に合わせて、ピンクとグレーでコーディネート!

フラットバランス

 

実は、このドアは、ピアノ搬入の為だけにお作りになったもの。
だから、ピアノが入った後は、使うことがないそうなのです。

でも、ガラスむき出しではなんだか寒々しい。
何か、素敵に装飾を。とのご希望でした。

ピンクのカーテン

柔らかなグレーと、ピンクの組み合わせで、優しい表情に。
ピアノレッスンに来られる生徒さんも、
素敵な空間の中で、気分が良いのではないかな~と思います。

今回、たくさんの窓について、ご提案、施工をさせていただいた、O様。
仕上がりには、本当に、お喜びいただけました。

後ほど、O様からとても嬉しいメールを頂戴しました。
その中の一文ですが、一番心に残る、お言葉だったので、
引用させていただきますね。

*********************************

毎日この品々に触れるたび、
伊賀様はじめ皆様の暖かいお心遣いを、いつも思わずにいられません。
本当にありがとうございました。

*********************************

嬉しい~!(涙)
ものつくりをする会社として、こんなに嬉しい言葉はありません。

日頃、どのようにしたらお客様が使いやすいか、
どのようにしたら、価格以上の見栄えとなるか、色々と考え、

でもそれは、工場にとっては、とても手間のかかることだったりします。
それを商品にしてくれる、縫製スタッフたち。

そのことが、本当に報われる、嬉しいお言葉でした。

弊社の場合、打合せから施工まで、たくさんのやり取りをしながら
進むのですが、O様のお人柄に大変救われました。

いつも、こちらをお気遣いいただき、感謝しております!
O様、こちらこそ、本当にありがとうございました。

 

 


コメントをどうぞ