みなさん、こんにちは♪。カーテンの東和商会の河野です。

昨日、スワッグを作るために寸法などを簡単に測れる道具を作ってみました♪。

実にアナログで、笑っちゃうようなものなのですが、まーボクが考えていた通りのものができたのですが。

http://ameblo.jp/curtain-towashokai/entry-10824390180.html

沢山ペタが付いたら、その後のレポートをしようかなー、と、思っていたのですが、、

あんまりドンピシャにできたので、紹介しておきます♪w。

まず、こんなものを作ろうとしていたわけなのですが。

素敵なカーテン♪--Blog--

言ってみれば、タブトップのキングストンバランスのオープンタイプです♪。

欲しい寸法に合わせて、昨日作った道具でそれぞれの寸法を取りました♪。

素敵なカーテン♪--Blog--

まぁ、その寸法に合わせて、サクサクっと型紙を起こして、

素敵なカーテン♪--Blog--

生地を使ってホントに出来るか寸法を確かめます♪。

通常イッパツで行きません。なんども微調整をしながら、型紙を起こしなおしては、試作を繰り返します。

で、できたのが、コレ♪。

素敵なカーテン♪--Blog--

上の開きも、、

素敵なカーテン♪--Blog--

丈も、、、

素敵なカーテン♪--Blog--

ドンピシャですっっ!!!♪w。

なんとまー、もっと早く作ればよかったですー♪。

今までは、ジョージアンスワッグは、型を起こすのは、ほぼ一度で出来ていたものの、ジョージアンは何度も試作を繰り返すことがほとんどでした。

それでも、価格は、ジョージアンに合わせてあったので、正直言うと、とっても厳しかったのですが、、w。

でも、やってみて、課題はいくつかより明確に見えてきました♪。

まず、これは1.5倍で製作したのですが、やはりヒダが浅すぎて、弾けてしまいます。

もっとしなやかな生地ならそれほど問題もなさそうですが、やっぱり2倍くらいは欲しいなー。って。

これは、55cmほどの布を7cmにまとめているので、8倍くらいヒダを畳みこんでいるので、ちょっと無理がありすぎます。でも、ヒダ倍率を上げて、2倍ヒダで作ろうとすると、深くはなってよいのですが、今度はまとめる部分の要尺が大きくなりすぎ、縫えなくなります。

なので、まとめる部分の長さを長くして、作る必要があるナー♪。と、

コレ一つでいろいろなことがわかりましたので、大収穫でした♪。

やっぱり縫製って、面白いデス♪。

まだまだ勉強、研究が必要デス。

もっともっとがんばりまーす♪。

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ

にほんブログ村

↑↑↑  カーテンのブログランキングを初めてみました♪。

ポチっと押してみてくださぃ♪。励みになりますー♪。

************************************************************

オーダーカーテンの東和商会

カーテンのことならお任せくださぃ♪。

無料出張採寸見積もり承ります。(埼玉県内、東京都内詳しくはHPをご覧ください)

埼玉県越谷市南荻島2192-5

TEL 048-979-7788 / FAX 048-979-7676

カーテンの東和商会
のHPデス♪。

http://www.curtain.co.jp

インテリアアンサンブルドレーパリー
東和商会の直営店デス♪。

http://www.drapery.jp
ドレーパリー吉祥寺

e-mail kono@curtain.co.jp

************************************************************


コメントをどうぞ