皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

いよいよ、今年もあと2週間となりました。
なんだか、それだけで忙しない気分になってきます。

 

今年はもう無理で、来年になるな~ということばかり。

 

でも、来年にまわせないのが、「忘年会」!
弊社は、本日の予定でございます。

 

さてさて、今年もたくさ~んのお客様に恵まれた東和商会。

どのお客様も、初回の打ち合わせから施工完了までの
道のりがあり、思い出がいっぱい。なのですが、

 

 

その中でも、特に長い期間をかけて進めさせていただいた、
東京都のM様邸のご紹介です。

 

初回のお打合せは、今年1月。

 

おうちをリフォームなさるとのことで、
それを機会に、カーテンを新調されることに。

 

すべての施工が終わったのが10月終わり頃なので、
それまでのお打合せ回数も、かなりのもの。

 

何度もお打合せを重ね、選びに選び抜いた生地ばかり。

 

縫製についての仕様も、
弊社でも、今まで例がないほどの凝ったものでした。

 

すべてにおいて、こだわりぬいた、
M様邸カーテン。満を持して公開でございま~す!

 

 

ゴージャスカーテン

 

まさに「豪華絢爛」でございます!

 

ゴージャスカーテン

 

ジョージアンスタイルのスワッグ&テールは、
赤いベルベット生地。

レースは、オーストリアンシェード。

 

と、ここまでなら、よく見るスタイルかもしれません。

 

赤いカーテン

 

でも、こだわりはそこから先。

まずカーテン、何枚掛かっているの?
気になりますよね。

実は、カーテンレールは、通常のダブルで、
つまりカーテンは、2枚ということになります。

 

奥の方は、赤いベルベットと、ゴールドのベルベットの
2枚の生地を、ずらして重ねて、上部で一体化した
1枚のカーテンに仕立ててあります。

 
一番手前の赤い地模様のカーテンは、1枚の仕立てですが、
合計3枚の生地には、すべてにL字状にトリムが付いているという、

すべてにおいて、「ここはいいよね~」的な省略のない、
こだわりのスタイルなのであります!!

 

カーテン本体にここまでの量のトリムを付けたのは、弊社でも初めてかも。
(トリムの使用量がものすごい。)

 

 

赤いカーテン

 

オーストリアンシェードも含めて、壁からの出っ張りは、
約20センチ。

 

何枚も重ねたことから生まれる、この立体感!
とにかく迫力満点のボリューム。

 

いちばん手前の生地は、イタリア製の型押しベルベット。
日本では、「トミタ」さんでのお取り使いです。

 

お値段もさることながら、なんと2か月以上待ち!!
(待った、待った、待ちに待ちました!)

 

 

イタリア製ベルベット

 

アップ画像では、ちょっとオレンジっぽく写っていますが、
実物は、とても美しい「真紅」と呼ぶのにふさわしいお色。

 

 

イタリアの生地

 

 

それにしても、素晴らしい家具・調度品に囲まれたM様邸。
そして、高い天井とその装飾の素晴らしさ。

 

上から見ても、

 

ゴージャスなお部屋

 

 

下から見上げても、

 

ゴージャスなお部屋

 
ため息ものの、お住まいでございます。

このゴージャス感。実はリビングだけではございません。

 

すべてのお部屋がこの感じで進みますよ~
皆様、心の準備は良いですか~?

 

はい寝室、ジャン!!

 

寝室のカーテン

 

すごい!すごすぎ~!

って、弊社が施工させていただいたのに、
初めて見たかのようなリアクション。毎回してしまう。(笑)

 

生地は、弊社ブログでもおなじみの
スペイン製の生地。「ガンセド」

とても人気の生地なので、
これまでたくさんお納めしてきたのですが、

M様ならではのこだわりのスタイルは、
もちろん、この生地だって例外ではありません。

 
スペインのカーテン

 

リビングと同じく、いちばん奥は、オーストリアンシェード。

その次に、2枚重ねのカーテン。
一番手前に、「ガンセド」のカーテン。

 
そしてやっぱり、すべての生地に(重なっている部分もすべて)
トリムをきっちり付けてあるのが、M様流。

 

スペインのカーテン

 

このボリューム感。ゴールド感。

カーテンという名の、芸術品という気がしてきます!

まだまだ続く、M様邸のカーテンは、次回に続きます。

皆様、どうぞお楽しみに!

 

 


コメントをどうぞ