‘いちご泥棒’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

おかげ様で大阪でのセミナーも無事終了し、
終了後のアンケートでは、
たくさんの嬉しいメッセージをいただきました!

 

大阪の方はもちろん、四国や金沢、
東京からお越しいただいた方まで!
中には、嬉しいことに、
いつもブログを読んでます。という方もおられて。
あらら~、なんて嬉しい。

 

ご参加下さった皆様、
本当にありがとうございました。

 

今回のセミナーは、
繊維の専門家である橋口典代様による、
「糸から始まるテキスタイルの知識」と

 

弊社の、
「オーダーカーテンプラスワン
ValanceのBalance」の、2本立て。
東和商会の持ち時間90分の中で、
すべてのことを伝えるのはとっても難しく、

 

本当は、もっと掘り下げて、
ひとつひとつの「バランス」について
お話ししたかったのですが、

 

とにかく時間が足りない。
かなりハショリましたので、
その点が心残りなのですが、

 

「バランス」の楽しさ、
少しは伝えられていると嬉しいです。

「バランス」のご提案、
これからどんどんやってみよう!という
プロの方、縫製のお仕事大歓迎です。
(お待ちしてま~す♪)

 

 

昨日はTOSOさん主催のイベント
「with Curtains 2018」
日本を代表する生地メーカーさんによる
プレゼンテーション(今年は8社)です。

 

午前10時から午後5時までしっかり1日
たくさ~んの情報インプット。

 

しかしね、長時間、聞く。というのは
睡魔との闘いでもあるのですよ。

 

単調なしゃべりは、子守歌のようで。笑

少しも眠くならない人は、偉い!!
尊敬です。
展示物は、こんな感じ。

 

ウイズカーテン

 

年に一度のイベントなので、
各地から、関係者が集まります。

 

なんだかんだとバタバタし、
ブログの更新、
すっかり間が空いてしまいました~(汗)

 

 

さて、先日の大阪の折りに
梅田の阪急百貨店で開催されていた、
「ウイリアムモリスと英国の壁紙展」を
覗いてきました。

 

モリス展

 

たくさんの壁紙のアーカイブ。
どれも、ほっこり可愛く素敵でした。

 

デザインにまつわるヒストリーにも、
「ええ~、そうだったんだ~!」と
知らないことがいっぱい。

 

 

もちろん中の撮影はNGですが、
マナトレーディングさんの
展示物だけ、撮影OKだったのでパチリ。

 

モリス展

 

ん~素敵です♡

 

 

モリス展

 

こちらはかっこいい。

 

ずっと人気のウイリアムモリスですが、
最近は、その人気に拍車がかかった感じ。

 

H&Mでコラボしているのには
ビックリ仰天!!

噂を聞きつけ見に行って、
服になった時の可愛さにビックリ。

 

思わず買っちゃいました。

 

 

さて、弊社でもやっぱり人気のモリス。

 

中でも一番人気は、「いちご泥棒」。
柄としても一番有名かもしれません。

 

そのいちご泥棒の、素敵なカーテンを
納めてきましたので、ご紹介いたします。

 

埼玉県A様邸

 

DSCN0972

 

川島織物セルコンのFF1008DB

ウイリアムモリスの世界を、
「織物」として作られた川島さん。

 

本家イギリス「サンダーソン」のモリスも、
コットンやリネンの素材感は
味わいがあり、素敵なのですが、

川島さんの織物ならではの、
この色の美しさも素晴らしいのです。

弊社では、このダークブルーが一番人気です。

 

ウイリアムモリス

 

上部には、もちろん上飾りを。

 

フラットバランスの生地は、FT6547
起毛した素材感がリッチな風合い。

ゴールド感もあり、
モリスの生地との相性が良いのです。

 

窓の右側には重厚な雰囲気の造作家具があり、
その扉が、フラットバランスに干渉することが、
採寸時にわかりました。

 

ウイリアムモリス

 

 

なので、扉に当らぬ様、
バランス本体は慎重に丈を決め、

 

ウイリアムモリス

 

フリンジにちょっぴり当たりますが、
それは採寸時にご説明済みなので、
お客様もご了承の上、

 

なんとか、ギリギリなところで、
うまく収まりました!

 

小窓には「バルーンシェード」

 

バルーンシェード

 

ちょ、ちょっとまった~!!

 

かなりしっかりとした厚みのある、
川島さんのモリスシリーズ。

 

本来ならば、バルーンには向いていません。

 

それを可能にしているのは、
ちょとしたデザイン&縫製の工夫なんです♪

 

バルーンシェード

 

箱ヒダになった部分を、柔らかい生地で
切り替えているのです。

 

ちらりと、無地のブルーの部分が
わかりますでしょうか?
(わかりにくいかなあ・・・)

 

この切替えをすることで、張りのある生地でも
バルーンシェードにすることが出来ます。

 

ダークブラウンの重厚な内装に、
ウイリアムモリスの雰囲気がピッタリ合い、
とてもお喜びいただけました。

 

ウイリアムモリスのカーテン

 

A様邸は、まだ素敵な窓があるのですが、
今回は、ブログタイトルに合わせて、
ウイリアムモリスのカーテンだけ、
紹介させていただきました。

 

A様、ご協力誠にありがとうございました!

 

そして、色々と本当にお世話になり、
心から感謝しております♡

 

素敵なカーテン、どうぞ長くご愛用
いただけますように願っております。

 

 

さて、次回は、
ウエディングドレスを思わせるような
真っ白なスワッグ&テールのご紹介です。

 

どうぞお楽しみに♪