‘お城のようなカーテン’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

本日、4月25日
めちゃくちゃいい天気!!

 

会社の玄関にある木が、
可愛い花を咲かせてます♪

会社の花

 

いつまで続くかわからない、
不安でモヤモヤした日々が続いておりますが、

 

人間の心と関係なく
空や木や花ははいつもと変わらず、
季節ごとの表情を見せてくれますね。

 

 

さて、今日は、インテリア雑誌の
「Bon Chic(ボンシック)」の発売日
なのでございます。

 

じゃーん!!

 

ボンシック最新号

最新号Vol.21 のテーマは、
「美しい空間に住まうということ」

 

どーして急に宣伝してるの~?

 

テヘッ。実は・・

東和商会が紹介されてますっ!

 

ボンシック最新号

 

オーダーカーテンの依頼先リストとして、
Bon Chic編集部の方からお声かけいただき、
1ページ丸々使ってご紹介下さいました。

 

弊社の数ある施工例の中から、
編集部さんにお選びいただいた画像は、

このブログでもご紹介済みのお客様です。

 

どのお住まいも本当に素敵なので、
是非、過去のブログの方もご覧下さい。

 

 

東京都I様邸

エレガントなカーテン

 

白いお部屋

2015年 9月4日のブログです♪
「素晴らしきスワッグ&テールの共演」

 

 

 

千葉県M様邸

吹き抜けの窓

 

おしゃれなカーテン

2017年 6月27日のブログです♪
「吹き抜けのスワッグバランスとお花のカーテン」


東京都スタジオロザリウム様

白いカーテン

 

エレガントカーテン

2019年 4月15日のブログです♪
「日常を忘れる夢空間♪ここはどこだ~?」

 

 

神奈川県M様邸

赤いゴージャスなカーテン

 

ルベリのカーテン

 

赤いバルーンシェード

2020年 1月9日のブログです♪
「生地に惚れた!ゴージャスの極みカーテン」

 

 

画像のご協力いただいたお客様。
そして「主婦の友社」の担当者様、
本当にありがとうございました。

「Bon Chic」は、
エレガントスタイルの代表ともいえる
インテリア雑誌。

 

弊社のお客様の多くが愛読されており、

 

今まで、弊社のお客様のお住まいが
いくつも掲載されてもおりますが、

 

「東和商会」自体が取り上げられたのは
初めてのことなのです。

 

なんとも光栄なことでありました。

 

是非、皆さんにお手に取って欲しい、
ボンシック最新号。
IKKOさんのゴージャスなお家も特集されてます。
(ひゃ~っていうほど煌びやかです。)
さて、話は変わりますが、
ついに、東和商会もマスクを作り始めました!

 

最初は、社内スタッフやその家族、
お取引先さん、お客様などに
配って喜ばれていたのですが

 

そのうちだんだん、「欲しい」という声が
たくさん聞かれるようになりまして・・・

 

販売する方向で準備が進んでいます。

 

 

一番人気はトワルドジュイのマスク♡
フランス製「テヴェノン社」の生地です。

トワルドジュイ

1枚¥1000(税込)安いっ!

 

 

ウイリアムモリスのマスク

ウイリアムモリス

コットンプリントのモリスです。
1枚¥1000(税込)安いっ!

 

いや、ほんと、この立体型マスク、
かなり丁寧な縫製をしていまして、
作るのは時間かかってます。

 

 

 

理美容やエステなどの現場から、
白い布マスクの需要もあるのです。

 

見よ!一見してサージカル風の
白いマスク。

手作り布マスク

 

丁寧に生地を折り込んで、アイロンかけて・・・
これまた手がかかってますが、

1枚¥880(税込)安いっ!

 

 

何度でも洗って使えるから経済的~
正直、使い捨てに比べて、
ウイルスを防ぐ効果は低いと言われています。

 

しかし、使い捨てが手に入らない、
または、とってもお値段が高い。

 

本来、使い捨てなのに何度も洗って使い、
ボワボワになってしまったマスクを
使用しておられる方も良くみかけます。

 

そんな状況の中、布マスクでも
十分お役に立てるのでは~と思います。

 

気になった方は、
下記URLの東和商会のHPから、
お問い合わせのバナーをクリック。
http://www.curtain.co.jp/

 

お問い合わせ内容に、
ご希望のマスクの内容、数量など
ご記入の上、ご連絡下さい。

 

では皆様、次回まで、
本当に、ご無事でいられますよう、
心から願っております。

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

色々と世の中は混乱し、
例のアレは、
あらゆるものに影響しております。

 

なんだか憂鬱になっちゃいますが、
いつか終息する日を祈って、

 

お仕事頑張るのみの私です。
(トイレットペーパーもやっと買えたし。)

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

 

神奈川県N様邸

 

百合の紋章のカーテン

 

ふたつ並んだ窓の
「フラットバランス」です♪

 

どちらかというと、
クラシカルなデザインの上飾りですが、

 

ピンクの生地と可愛いトリムが、
ラブリー度をぐっと上げてくれてます♪

 

百合の紋章の生地

 

生地はイギリス、HARDYの
「PRELUDE」

小さな百合の紋章モチーフです。

 

N様邸はマンションのリフォームをされ、
装飾的なカーテンボックスを設置。

 

カーテンボックスが装飾的な場合、
カーテン上飾りは、ボックス内側から、
張り付ける形になります。


カーテンボックス

 

天井に掘りこむ形になった、
カーテンボックスでも同じです。

 

いずれにしてもカーテンボックスは、
上飾り(バランス)を付けるのには
とっても都合が良いのです♪

 

しかしながら、
マンション特有の「梁」の部分がある為、
カーテンの上飾りがどのようになるか、
ご心配なさっていました。

 

でも心配ご無用!

 

このように、
切り欠きした形に縫製しますので、
梁にピタッと合わせることが出来ます。

 

ディズニーランドみたいなカーテン

 

 

カーテンボックスを作ったことにより、
窓の奥行が深くなったので、
一番奥にはウッドブラインドを取付け。

 

白いウッドブラインド

 

 

その手前に、レースカーテン、
そしてドレープカーテンという3重構造。

 

ディズニーランドみたいなカーテン

 

これなら、調光はブラインドだけで行い、
カーテン自体はあまり開け閉めしなくても
良いかもしれませんね♪

 

おしゃれなカーテン

 

お部屋のインテリアのすべてが
とっても素敵なN様邸です♡

 

素敵なカーテン

 

 

同じ大きさの窓が2つ並んでいたら、
かなり見せ場になりますので、
是非是非、上飾りをおすすめします。

 

お城みたいなカーテン

 

 

「フラットバランス」は、
そんなに大げさにならず、
気軽にお取付け出来るスタイルでもあります。


お城のカーテン

 

もともと素敵なお部屋ですが、
カーテンで、またいっそう素敵になり、
大変お喜びいただけました♪

 

このイギリスの生地に決定されるまで、
色々なメーカーショールームも見学され、

 

いくつかの候補生地があったのですが、
悩みに悩んでいただき、
この生地に行きつきました!

 

そう、皆様が多いに悩まれるのは生地。

 

この色と柄で、かなりお部屋の印象が変わるから、
そのお気持ちよ~くわかります。

 

私自身も、自宅のカーテンを作る時って、
本当に生地選び迷いますもの~

 

でも、あれこれ悩む、
それも「楽しい時間」なのは、
間違いありません♡

 

N様、この度は本当にありがとうございました。

 

 

では、みなさま次回をお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

何回にも渡り、お伝えしてきた
フランスでのお話しも今回で最後です。

 

本当は、軽~く、さらりと
お知らせ程度に考えていたのですが、

 

書き始めたら、なんだかどんどん
あれもこれもと、調子に乗っちゃって~

 

でもまあ、復習する感じで、
自分自身の為にもなりました♪

 

さて、今日でパリも最後、という日。
ちょっとだけ観光もしました。

 
まずは「モンマルトル」

モンマルトル

 

有名すぎる「サクレ・クール寺院」

 

サクレクール寺院

(真下すぎて、てっぺんの丸いの写ってない~)

 

モンマルトルの丘と言うだけあって、
確かにパリの街が見おろせます。
(階段上るのにゼハゼハしてしまった)

 

モンマルトルの丘

 

サクレクール寺院

 

モンマルトルと言えば、
「芸術家の街」というイメージ。

多くの画家が住んでいたし、
今もそうなのかもしれません。

 

広場では、
お土産的な絵画もたくさん売っていました。

 

モンマルトルの丘


かの有名な「ムーランルージュ」も、
このモンマルトルにあります。

 

歓楽街でもあるからか、
治安は良くないと聞いていました。

 

モンマルトル

 

でも一度行ってみたかったモンマルトル。

 

それは・・・・

 

生地屋さんに行ってみたかったのです。

 

じゃん。

モンマルトルお丘

 

おっきな生地屋さん!!

 

日本でいえば、
「ユザワヤ」さんみたいな、
または日暮里の、
「トマト」さんみたいな感じでしょうか~

それにしても店デカっ!

 

モンマルトルの生地やさん

 

お~お~、そんな感じね。

 

わわ~、可愛いのもいっぱい。


モンマルトルの生地やさん

 

こーゆー白黒ストライプ、
いつも探しているのに~

 

ああ~、もう買いたいっ。


モンマルトルの生地やさん

 

あくまで手芸用だから、
これでカーテンって訳にはいかないけど、

 

でも、バランス用には使えるな~なんて。

 

スケジュールの関係で、
本当にちょっとだけ、
お店を覗いてみた程度なのですが、

 

それでも満足でした♪

 

 

時間が無いといいながら、
これは食べるん?のアイス。

 

モンマルトルのアイス

 

まるで秋田の「ババヘラアイス」みたいに、
お花のように盛り付けられている!

 

このお店、同じお値段で何種類もの味を
いくつでも選んでいいのです。
ピスタチオ、ヨーグルト、コーヒー・・・etc
(幸せすぎるシステム!)

 

モンマルトルのアイス

 

 
モンマルトルの坂道で、
いかにもフランスっぽい音色に、
聞き入ってしまった。

 

ちゃりん。(お金入れる音)

モンマルトルの丘

 

 
こういう人達がいなくなると、
パリが味気なくなってしまう。

 

それを絶やさない為にも、
彼らの生活の為にも、
お金を渡してあげてほしい。と

 

パリに住んでウン十年という
ガイドさんが言っておられました。

 

 

さてさて、この日の夕方には
飛行機に乗りますので、

 

これから食べる昼食は、
パリでの最後の食事となります。

 

それで、行くことになったのが、
サンジェルマン・デ・プレ界隈にある、
「ル・プロコップ」

 

ル・プロコップ

 

なんとなんと、「パリ最古のカフェ」
320年の歴史あるお店です。

 

ル・プロコップ

 

ナポレオンが通ったお店としても
有名なのだそうです。

ナポレオンの帽子が飾られていました。
(本物!)

 

ナポレオンのレストラン

 

店内の雰囲気はこのとおり。

 

パリのレストラン

 

パリのレストラン

 

パリのレストラン

 

パリのレストラン

 

この雰囲気にテンション上がりまくり。

 

 

やっぱりこれは食べとくか、と
ベタですけど「エスカルゴ」


エスカルゴ

 

その他のお料理も、
メチャ美味しかったです♡

 

そして、不思議なことに、
パリで飲んだビールの中で、
ここのが一番おいしかった~

 

フランスなんだから、ワイン飲め!
って感じですけど、
とにかくビールが好きなの許して。

 

本当に素敵なお店でした~♪

 

ルプロコップ

 

でも、カーテンチェックも忘れてない。
ふむふむ、と縫製まで見たりして。


パリのレストラン

 

やっぱりカーテンも素敵でした♪

 

あとは、バスの中からとか、
ちらっと見た場所、色々です~

凱旋門

凱旋門

 

グランパレ

グラン・パレ

 

ルーブル

ルーブル美術館

 

ノートルダム

ノートルダム寺院

修復工事をしているようでした。

火事になったのが記憶に新しいですが、
実は私、
ちょうど2年前にここを訪れたのです。

行っておいて良かったと、
つくづく思う場所です。

 

マリーアントワネット

 

 
コンコルド広場のこのこの建物の2階に、
マリーアントワネットが、
ピアノのレッスンをしていた部屋があるそうです。

 

この建物の、壁のこの部分が気になり、

 

コンコルド広場

 

ほら、なんか、スワッグみたいな、
そんな感じの彫刻なのか、なんなのか。

 

ほら、これこれ。
気になる~

コンコルド広場

 

さて、中身濃い~4日間。
パリの街ともおわかれです。

 

パリ

 

全6回に渡る、長編ブログ、
お付き合い下さりありがとうございました。

 

パリ

 

画像左下の電動キックボード。
これに乗ってる人、
やたらと多かったです。

キックボード

 

次回から、いつものように、
ステキなカーテンのご紹介に
戻ります~!

 

どうぞお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 

 



あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

令和2年となり、はや9日・・

年が終わるのも早いけど、
年が明けてからも早い。

 
また今年もあっという間に
駆け抜けていく予感です・・

 

皆様どうぞ、今年もご一緒に
駆け抜けていって下さい。笑

 

さて、新年最初にご紹介するのは、

まさに「ゴージャス」
この言葉が似合いすぎるほど似合う、
迫力あるカーテンでございます。

 

横浜市M様邸

 

宮殿のカーテン

 

ここは海外のお城か、宮殿か?

 

いやいや、日本です。
もっと言えば神奈川県です。

 

解放感のある吹き抜けに似合う、
赤いベルベットのスワッグバランス。

 

赤いバランス

 

ベルベットは、
ドイツのブランド「JAB」の生地。

 

極上の手触りが特徴の、
スターベルベット。

 

少しピンク味も感じられる
鮮やかな赤の011番色

 

そしてドレープ生地がまた素晴らしい!

 

イタリアの一流ブランド、
「RUBELLI(ルベリ)」の、
BARBARIGO 13番色

 

この生地の色、
赤とオレンジとピンクが混じったような
微妙な色合いの美しさと、
ゴールド感のあるダマスク柄に、

 

M様は一目惚れされたのでありました。

 

実はこの生地、1mあたりの生地単価が、
半端なお値段ではございません。

 

縫製するこっちの方が、
ドキドキしちゃうお値段・・(汗)

 

お城のカーテン

 

それをこんなにたっぷりと使用して、
いやもう、ホントに豪華なカーテンです。

奥の方に見えるバルーンシェードも、
同じ生地です。

 

イタリアの生地

 

このルベリの生地をメインに、
それに合う上飾りの生地探しが始まりました。

 

数ある海外ブランドのベルベットの中から、

 

一番ピタッときたのが、
JABのスターベルベットでした。

 

お城のカーテン

 

このように中央との段差を付けたバランス、
弊社では「段違いスワッグ」と
呼んでいます。

 

通常はオープンスワッグで作ることが多い
スタイルなのですが、
今回は、M様のご希望でジョージアンに。
(スワッグにも色々名前があるのです。)

 

どんなふうになってるの~という、
興味深々の方の為に、

 

施工の様子もちょっとご覧下さい。

 

お城のカーテン

 

 

中央のレールだけ、その名の通り、
段差を付けるのでした。

 

でもね、段差のあるスワッグバランス、
縫製には、かなり技術がいります。

 

宮殿のカーテン

 

 

経験ある弊社の熟練スタッフだから
こんなに綺麗に仕上がっていると、
自信をもって言えます♪

 

お城みたいなカーテン

 

広々とした吹き抜けに映えますね~♪

 

宮殿みたいなカーテン

 

きゃ~!やっぱり宮殿です。

 

2Fの踊り場はこのようになっていて、

 

おしゃれなカーテン

 

 

こちら側から見ると、

 

ゴージャスなカーテン

 

このように上から見ても、
なんともゴージャスでございます♪

 
このルベリの生地を使って、
ピアノの上に掛けるランナーも
お作りしました。

 

ピアノカバー

 

 

さらりと掛けた感じがとっても素敵です!

全体の形や色、トリム類は、
お任せいただきましたが、
すごーく気に入って下さいました♪

 

 

 

そうそう、M様邸は壁紙も素敵なんです。

 

ほらほら、も~素敵すぎる~♪

素敵な壁紙

 

こっちもカワイイ~♡


すてきな壁紙

 

トイレや洗面所など、
小さなスペースこそ華やかに!

 

 

さて、もうひとつご紹介したいお部屋が。

 

こちらは塔屋になった連窓に、
トワルドジュイの生地でバルーンシェード。

 

トワルドジュイの生地

 

フランス「テヴェノン社」の
人気のシリーズです。

 

コットンの風合いと、
フレンチシックな色と柄。

これまた、メチャクチャ可愛いの♡

 

DSCN0116

 

コットンならでは光の透け感。

これもまた美しいものです。

 

今回は、全体の一部だけ、
ご紹介させていただきましたが、

 

お客様が生地に惚れこみ、

その生地を生かす為に、
考え抜いて決めたデザインのカーテン。

 
これはもう、愛着というコトバでは
足りない。

 

「カーテン愛」そのものです。

 

仕上がりにはとてもご満足いただき、
嬉しいメールを頂戴しました。

 

生地探し、頑張られましたね~という
私からのコメントに対してのお返事です。

 

*******************

 
私の一番の頑張りどころは、横浜から埼玉まで
カーテンを探しに貴社にたどり着いたところです。

打ち合わせから、完成のお品、取付けに至るまで
全てにおいて大満足の一言につきます。

こちらの要望にいつも快よくご対応いただきました。
本当に有り難うございました。
自信を持って、皆様にご紹介したいお店です。

 

********************

 

M様、こちらこそ、
本当にありがとうございました。

お客様にご満足いただけたことが、
私どもにとって、何よりの喜びです。

嬉しい言葉をいただいて、
また今年も頑張れそうです♪

またお目にかかれる日がありますように!

本当にありがとうございました!

 

 

さて、皆様、また今年も一年
たくさ~んのカーテンをご紹介していきますので

 

どうぞお楽しみになさって下さいね~♪

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

ほんとにも~あっという間に12月!

 

えっ、今年もあと1か月切ったってこと?

 

毎度のことながら、早いです。
(このフレーズ、何年言い続けてきたことか。)

 

ぼやぼやしてたら、
ブログもすっかり間が空いてしまいました。
お待たせしました。(汗)

 

 

数日前から、会社の外で
「ミャーミャー」と子猫らしき鳴き声。

 

見ると本当に小さな野良の子猫が、
じーっと社屋の玄関のガラスドアの外から
こちらを見つめております。

 

汚れて痩せてて小さくて、
ほって置いたら死んじゃいそうな。

 

近づくとなぜかとっても人懐っこく、
まとわりついてきて、
「ミャーミャー」鳴くもんですから・・

 

ついに、ほっとけなくなった社長が、
自宅で飼うことになりました。


猫ちゃん

 

動物病院で見てもらい、
体もきれいに洗ったところ、
フワフワのネコちゃんに。

 

 

野良猫

 

まるで小さなトラみたい(笑)
本日、無事に自宅にお持ち帰り♪

 

 

さてさて、今日も素敵なカーテンの
ご紹介です。

 

 

千葉県I様邸

 

お城のカーテン

 

 

おおっ!これは新しい!

 

素敵なカーテン

 

 

箱ヒダバランス、
ボックスプリーツバランスともいいます。

 

箱ヒダバランスそのものが、
弊社の事例の中でも数が少ないのですが、

 

このキータッセルの数!
斬新なデザインです。

 

輸入住宅のカーテン

 

というのも、これはお客様が
似たようなデザインの事例をみつけて、
ご希望されたものなんです。

 

おしゃれなカーテン

 

 

上飾りは、イギリスC&Cのベルベット。
カーテンは、マナの「マルメゾン」
キータッセルはサンゲツの。

 

たくさんのキータッセルの重みを考慮し、
裏地もしっかり付けました。

 

マルメゾン

 

シェードの方には、
フラットバランスで。


素敵なカーテン

 

 

これまた、ちょっと個性的な形。

 

海外のカーテン

 

素敵なお色です♡

 

キータッセル

 

弊社の施工事例は色々あれど、
このデザインは初めてです!

 

I様のお望みだったデザインは、
色々な縫製上のリスクも含め
よ~く話し合い、打合せしながらの
デザイン決定でしたが、

 

仕上がりはとってもお喜びいただけました。

 

 

リビングダイニングにお選びいただいたのは、
スイスのブランド、フィスバの生地。

 

海外のカーテン

 

 

家具もとっても素敵なI様邸。
カーテンのお色味もピッタリ。

 

フィスバの生地

 

 

生地はフィスバの「ロイヤル」
シルク混のリッチな風合い。

 

レールはTOSOラグレス33Gキャップ

 

フィスバのカーテン

 

小窓はプレーンシェード。
裾を曲線的にカットして、
キータッセルも付けるのが
弊社自慢のデザインです。

 

フィスバのロイヤル

 

ところで皆様お気づきでしょうか。
レースカーテンのヒダヒダが美しいことに。

 

3倍ヒダカーテン

 

 

すべての窓のカーテンを、
3倍ヒダでお作りしているのです。

 

3倍ヒダならではの
優美で贅沢なヒダ感です♪

 

3倍ヒダカーテン

 

ダイニングの窓は、
なるべく窓からの出っ張りを少なく、

シェードを窓枠内に収めました。

 

ローマンシェード

 

裾にはボールフリンジを。

 

素敵なカーテン

 

幕をたたみ上げた時にも、
ボールフリンジが隠れてしまわないように
お作りしています。

 

お洒落なカーテン

 

こちらの窓は、
レースはカフェカーテンで。

白い無地のレースでも、
とてもエレガントなものですよ♪

 

3倍ヒダのカーテン

 

 

 

さてお次は可愛いプリーツバランス。

プリーツバランス

 

 

弊社でよくやるのが、
柄物生地と、無地の生地の2枚重ね。

 

実はこの窓、意外に高い位置にある。
ほらほら。

 

ぷりーつばらんす

 

 

んん、これならわかる?

 

お城みたいなカーテン

 

 

カーテン本体は、白い遮光生地です。

 

遮光カーテン


遮光で白い生地って、数が少ない。
だからこれ、とっても人気のある生地なんです。

 

でも、白いだけでは普通なので、
このように、バランスを付けたり、
ビーズやボーダーで差し色をして
デザインするのがおすすめ♪

 

お城系のカーテン

 

同じ生地の組み合わせで、
小窓はプレーンシェードに。

 

姫系のカーテン

 

シェード本体に付ける、
「フラップ」付きのシェード

バランス部分の生地は、
シンコール「アンテス」
手頃ながら、とても雰囲気のある生地です。
(隠れイイ生地だと思ってます!)

 

エレガントなお部屋

 

 

このフラップ付きが、
さりげなくエレガント。

 

お家自体もとっても素敵なI様邸。
こだわりが随所に感じられます。

 

そのお部屋の仕上げは、
やはり素敵なカーテン!だと思うのです。

 

どんなに凝ったお家でも、
窓回りが手抜きだと残念。

 

最終的なお部屋の印象は、
カーテンで決まります♪

 

I様、
この度は本当にありがとうございました。
あれこれ、生地やデザインを考える日々は、
とっても楽しかったですね!

 

こだわりのカーテン、
どうぞ長くご愛用いただけますように♪

 

 

 

では、皆様次回をお楽しみに。

 

東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/