‘お城みたいなカーテン’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

前回に引き続き、
東京都Y様邸のカーテンをご紹介しま~す。

 
ダイニングルームのカーテンです♪

 

ブルーのカーテン

 

目の覚めるような鮮やかなブルー!

 

このブルーの生地がなかなか
見つからなかったのです。

 

ネイビーとか、
ウルトラマリンブルーとか、
「濃いブルー」の生地って、

 

見る角度やお部屋の照明で、
黒っぽく見えることがあります。

 

国内メーカーでも、
いくつか候補があったものの、

 

どれも現場で見るとちょっと暗い。

 

鮮やかさと力強さを保ちつつ、
「品のいいブルー」

 

これ意外に難しい。

 

ブルーのカーテン

 

たどり着いたのは、
イギリスの生地、クラーク&クラークの
「SPECTRUM」

 

光沢があり両面使いも出来る、
軽やかな生地です。

 

この鮮やかなブルーとゴールドを使った
「スワッグバランス」

 

ブルーのカーテン

 

小窓には、フラットバランス付きの
プレーンシェード。

 

青いプレーンシェード

 

裾のキータッセルは、
幕を上げた時にも素敵です♪

 

 

そして迫力あるのが、
こちらの吹き抜け窓

吹き抜けのカーテン

 

 

吹き抜けと言っても、
階段の途中までなのですが、

 

しかしながら、お取付けは、
なかなか大変なものがあります。

 

特に階段途中の場合は、
フラットな床とは違ってなお大変なのです。

このような感じで数人がかり。

 

吹き抜けの窓

 

高所の作業に、
ヘルメット着用は必須です。

 

吹き抜けのカーテン

 

 

ベースとなる生地は、
マナトレーディングの「フォンティーヌ」

でも、テール部分はサンゲツの無地。
このあたりはY様のこだわりデザイン。

 

水色のトリムがアクセント♪

 

画面右側にある小窓について、
実はお悩みの部分で、

 

こういった高い場所のシェード、
またはロールスクリーンや、
ブラインドでもそうですが、

 

吹き抜けの窓

 

 

手動式の場合は、どうしても
長ーいコード、またはチェーンが、
1Fの方まで垂れ下がります。

 

電動タイプにすれば解決ですが、
電源の問題や、お値段も気になります。

 

かと言って、この小さな窓を
カーテンにするのは、
あんまりおすすめでは無いのです。

 

カーテンにすればなお開閉が難しい。

 

う~ん、2Fコンサバトリーの手摺から
手が届きそうで届かない・・

 

吹き抜けのカーテン

 

 

という訳で、この吹き抜け小窓から
垂れ下がるチェーンをどうするか、
皆でずいぶん色々と検証し、

 

結果どうなったか?
ぐふふふふ。

 

知りたい方はご連絡を。笑
(教えないのか~い!)

 

 

 

最後に超ラブリーなカーテン。


カフェカーテン

 

 

淡いピンクパープルのサテンを使った
カフェカーテンです♪

 

ボールフリンジや、リボンタッセルで
メチャクチャ可愛い~♡

 

カフェカーテン

 

ボイルレースと白いサテンと
ピンクパープルのサテンで

3重になった仕様ですが、
1本のつっぱり棒で取り付けられます。

 

カフェカーテン

 

 

このピンク系のお色に、
大変こだわられていたのですが、

 

お取付けして納得!
この壁のお色にすっごく合う~

 

Y様オリジナルと言ってもいい、
このデザインのカフェカーテン、

 

早くもすごい人気で、
同じデザインを希望される方が
たくさんいらしゃるのです。

 

Y様、ありがとうございます!

 

 

さて、2回に渡りご紹介してきた
Y様邸、いかがでしたか?

 

Y様とは、本当に長い間、
たくさんのお打合せを重ねてきました。

 

実は納品は昨年末。

 

パリの報告などで、
すっかりブログアップが遅くなりましたが、

納品時には私共も感慨深く、
喜びもひとしおでした。

 

すべてのカーテンが、
Y様ご夫妻のこだわりがつまったもの。

 

トワルドジュイのシェード

 

プチバルーンシェード

 

かわいいシェード

 

すべてはY様ご夫妻の作品であり、
私どもは、それを形にしただけに過ぎません。

 

でも、それを形にできる縫製工場は、
なかなか無いかも・・・

 

な~んて。エヘエヘ

 

Y様のご依頼はまだ終わっていなくて、
これから、色々なカバー類の製作を
させていただく予定です。

 

ありがとうございます!
そして、引き続き、
どうぞよろしくお願いいたします♪

 
では皆様、次回をお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

少し、春の気配もしてきたこの頃。
同時に花粉も飛び始め、

 

マスク不足のこのおりに、
困ったことになってますね。

 

花粉症でなくても、
マスクしてないとマズイ感じの、
この雰囲気・・・

 

早く平穏な日々が戻ってきますように。

 

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です♪

 

このブログでも、何回登場してきたか
わからないほどよく出てくる、

 

「塔屋の連窓」

 
輸入住宅など、お城っぽいお家には
塔屋の3連窓、5連窓、6連窓・・・
かなりの確率でございます。

 

この窓にどんなカーテンを付けるか?
きっとお悩みの方がおられるはず。

 
弊社でおすすめしたいのは、
バランス付きのプレーンシェードや、
エレガントなバルーンシェード。

 

または、スワッグバランスで
ゴージャスに。

 

いずれにしても、
塔屋の窓は「見せ場」でもあります。

 

シンプルに済ませるのはもったいない!

 

そんな訳で、まずは塔屋の窓から。

 

 

東京都Y様邸。

 

塔屋のカーテン

 

こちらは1Fリビング♪

 

ストライプのフラットバランスに、
トワルドジュイのプレーンシェード。

トワルドジュイ

 

このブログではおなじみの、
フランス「テヴェノン」のトワルドジュイ。

 

お色の種類がたくさんあるのですが、
このミントっぽいブルーも素敵!

 

トワルドジュイ

 

裾にはキータッセルも付けました。

 


トワルドジュイ

 

フラットバランスは独立させて、
バランスレールを使って付けたタイプ。

 

レースがまたカワイイ~♡
今、一番人気の「ケイヒル」のホワイト


3連窓のカーテン

 

とにかく可愛いシェードになりました。

 

続いて2Fの塔屋部分は、
スタイルを変えて、バルーンシェードに。

 

バルーンシェード

 

生地はイギリス「HARDY」のもの。
ラベンダー色が美しいダマスク柄です。

ダマスク柄の生地

 

まだまだ色数はいっぱいあり、
お色の種類の多いのには驚きます。

 

これに限らず、海外の生地の色展開。
日本のメーカーとは比べ物にならないのです。

 

バルーンシェード

 

バルーンシェードの場合は、
裾のトリムがアクセント♪

 

ピンクの大きめフリンジで仕上げました。

 

塔屋の窓のカーテン

 

いかがでしょう?

 

同じ塔屋の3連窓ですが、
プレーンシェードもよし、
バルーンシェードでもよし、

 

小窓それぞれに単独で付けるのが、
窓のデザインを最も生かせると
個人的には思っております♪

 

 

 

このバルーンと同じ生地を使って、
キッチンの窓もお作りしたのですが、

 

これまた、超、超、ラブリーなのですっ!

 

じゃじゃん!

 

プレーンシェード

 

 

素敵すぎ・・・♡

 

ラベンダーの生地

 

 
上部のストライプの生地は「フィスバ」
その下の黒いフリルはマナトレーディング、
前幕は、「HARDY」で、
下のビーズは、五洋インテックス
後幕のレースは川島織物セルコン

メーカーいろいろ大集合です。

 

でも、これが出来るのが、
東和商会のいいところ。

 

弊社ではいろんな材料を、
いろんなメーカーから取り寄せて、
合体させることが出来るんです。

 

これって、メーカー縫製では、
絶対出来ないこと。

 

素敵なカーテン

 

 

特にこのストライプの生地と、
フリルの黒にはY様のこだわりがつまってます。

 

ビーズ付シェード

 

 

レースの雰囲気とピッタリ。

 

黒い刺繍のレース

 

 

実はY様とは長~い打ち合わせ期間があり、
ひとつひとつの窓に、Y様は
本当に妥協なく向き合ってこられました。

 

生地探しの期間も長く、
時にはくじけそうになりながら(私が)

 

でも、Y様ご夫妻の、
生地やデザインへのこだわり、
色へのこだわり、

なんとか全てを叶えたいと、
全力で向き合ってきたのでした。

 

どちらかというと、
保守的になりがちな私と比べて、

 

Y様のセンスの素晴らしいこと!!

 

素敵なカーテン

 

 
出来上がったカーテンはすべて、
Y様ご夫妻の作品といえるものです。

 

ワクワクする、
Y様邸、まだまだ次回に続きます。

 

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

むちゃくちゃ寒いですね。
雪でも降りそうな・・・

 

現在弊社工場では、
色々な上飾りを製作中。

 

どんなのを?

 

はい、ズラズラズラ~っと
こんな感じのを。

 

素敵なカーテン

 

色や形も様々な、
ウキウキするカーテンの数々です♪

 

これらは、今月末までに
すべて、お取付け工事するものです。

 

皆様、その日を楽しみに待って下さってます。

 

 

 

さて、早速本題です。

ついこの間も同じ様なタイトルで
ご紹介させていただきましたが、

 

またもや!なんとなんと、
「輸入住宅スタイルブック」に
弊社のお客様邸が掲載されました!

 

輸入住宅スタイルブック

 
この最新号に載っております。

 

 

東京都のN様邸は、
弊社にとって、伝説的な施工例♪

 

ジェントルマンズハウス

 

建物、内装、家具、照明などなど
すべてにおいて細部にまでこだわりぬいた、
「素晴らしい」のひと言では、
語りつくせないお住まいです。

 

そしてもちろん、カーテンも♪

 

ジェントルマンズハウス

 

 

ブログアップ当時は、
リビングのソファーを海外にオーダー中との
ことだったのですが、

 

現在はチェスターフィールドの、
大きなソファーが入って、
ますますかっこよくなっちゃってる~

 

いや、女性の私でも憧れるくらいなので、
これ、男性にはたまらないお住まいでは
ないでしょうか?

 

ジェントルマンズハウス

 

 

詳しくは弊社の過去のブログに
アップしていますので、是非ご覧下さい。

その名は「ジェントルマンズハウス」第一話

その名は「ジェントルマンズハウス」第二話

 

「輸入住宅スタイルブック」を
買う方も買わない方も、
弊社ブログは是非ご覧下さい。笑

 

ご覧になれば、その名に納得。
「ジェントルマンズハウス」は
男の夢が詰まった、憧れの館。

 

必見の価値ありのお住まいです♪

 

 

さて、話は変わりますが、
昨日、こーゆーのに行ってきました。

 

カルティエ

 

場所は国立新美術館

 

新国立美術館

 

毎回、ほひゃ~っと見上げたり
ほひょ~っと見おろしたりするこの建物。
黒川紀章さん、やっぱり凄すぎます。

 

新国立美術館

 

 

正直、時計にも宝石にも興味ない私。
じゃ、なんで来たのかっ?

 

それはですね、
この展示の中に「川島織物」さんが
からんでいるのでして、

 

それってどーゆーこと?
宝石と織物???ということで、
ぶらぶら六本木まで見にきたんであります。

 

しっかり見とどけてきましたが、
残念ながら、写真はNGな場所でした。

 

いやほんと、すごい。
想像超えてました・・・

 

何が?って、
そこに使うか!ファブリックを、って。

 

正確には、時計とのコラボ。
とでもいうのでしょうかね。

 

でも、それが織物だってことに、
多くの人が気がつかないかも。

 

最後にはメイキングの映像も見れるので、
ひとつの展覧会に、
どれだけの人と時間と情熱が注がれているか、
そんなところも感じられ、

 

そして、知らぬまに、
「カルティエ」の魅力にも
引き込まれておりました。

 

100年以上、いやもっと前から、
日本が戦争とかしている時にも、

 

こんな煌びやかな世界があったとは!

 

「ルイ・カルティエ」さん、
デザインのインスピレーションを求めて
世界中を旅してた。

 

中国、中東、インド、エジプト、
アフリカ、中南米・・などなど。

 

そのスケッチやデッサンの展示が
一番興味深かったという、
(やっぱり宝石じゃないのか~い。)

 

日本の浮世絵や印籠も、
作品に取りこまれておりビックリ!

 

最後に写真OKの展示ブースがあったので、
その中からおひとつどうぞ。

 

カルティエ

 

なぜか幻想的に撮れてました。

 

では、皆様次回をお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

梅雨らしく、毎日ねずみ色の空ですね。

毎朝、カーテンを開ける度、
「今日も雨か~」とガッカリ。

 

工事の日は特に大変です。

 
荷物の搬入さえ終われば、
あとは室内の作業とはいえ、

 

その搬入時に、
ずぶ濡れになってしまうのは、
人間の体も、商品も、避けたいところ。

 

それにお客様のお住まいを、
何かで汚すことがあってはなりません。

 

うぬぬぬぬ~っ!
太陽出てこいっ!!

 
自称「晴れ女」のワタクシ、ですが
さすがに梅雨には勝てない~笑

 

さて、
本日も早速、素敵なカーテンのご紹介です。

 

 

茨城県S様邸

 

お城みたいなカーテン

 

お城感100%な、白いスワッグバランス。

 

掃き出し窓で、
出窓のようになったタイプで、
その手前には、下がり壁がある作り。

 

お城のようなカーテン

 

その為、バランスの取付け位置は、
採寸時に、お客様と一緒に見え加減を検証。

 

少し離れたところからでも、
バランスがしっかり見えるように。

 

お城のカーテン

 

レースはフリル付で、
ボリュームたっぷりのギャザータイプ。
中央の窓は、クロスオーバースタイルで。

 

このフリルカーテン、束ね方ひとつで
素敵さが増します♪
(セッティング中の様子です。)

 

スワッグバランス、
ちょうど良い見え加減です♪

 

同じ空間の中で、
ダイニングスペースの方は、
「フラットバランス」に。

 

海外風のカーテン

 

 

生地は、
すべて五洋インテックス「エリザベス」

 

 

ディズニーランドみたいなカーテン

 

 

ブラウン系のトリム(フリンジ)で、
甘くなりすぎない仕上がりです。

 

 
さて、皆様のお悩みどころとして、
「和室の窓、どーしよっ?」ってことが
ありませんか?

 

よくおすすめする商材として、
「プリーツスクリーン」がありますが、

 

弊社でおすすめしたいのが、
やっぱりファブリックを使った商品。

特に、ウイリアムモリスの生地。

 

イギリスの格式ある伝統的な柄ですが、
その温かみのある雰囲気は、
和室にも、ピッタリ馴染みます。

 

和室のカーテン

 

窓枠の木の感じを生かすのも素敵なので、
すべて窓枠内のシェードに。

 

ウイリアムモリス

 

両サイドに入れたボーダーには理由があり、
1巾の生地を最大限に生かす工夫なのです。

 


ウイリアムモリス

 

この2台のシェードは、
生地1巾から作られており、
製作サイズとして足りない部分を
無地の生地で切り替えています。

 

高価なウイリアムモリスの生地、
なるべくロスを出さずに無駄なく使う工夫です。

 

お客様のお財布にも嬉しいご提案。

 

でも、柄はしっかり揃っているでしょ?
むふふふふ!

 

 

次は、フレンチシックな「トワルドジュイ」

 

トワルドジュイ

 

 

フランス「テヴェノン社」のトワルドジュイ。
とっても人気のシリーズです。

 

トワルドジュイ

 

 

クローゼットの入口にもカーテンを。

アーチになった壁の裏側にレールを付け、
クローゼット側からカーテンを掛けていますが、

 

普通に作ると、お部屋から見た時に、
カーテンの裏面を見ることになりますよね。

特に、
このようなコットンプリントの生地は、
裏面は、白くなっています。

 

そのようにならないように、
「逆フック仕様」と言って、
カーテンの表側を裏面として作ってあります。

 

だから、素敵な柄が楽しめる訳なのです。

 

って、これ、説明むずかしーっ!
とってもややこしい(汗)

 

なので、これについては
是非、お会いしてご説明させて下さいネ♪

なかなか言葉では伝えきれないのが、
「縫製の話」

なので、お会いして話すことは
とっても大事なのですよね~

 

 

 

お子様のお部屋は、イギリスの輸入生地で。

「クラーク&クラーク」の
バラ柄の可愛いコットンプリント。

 

一体型のギャザーバランス付きのカーテン♪

 

薔薇柄の生地

 

この柄、お子様だけでなく、
大人の女性にも大人気の生地です♪

 

バルーンシェード

 

バルーンシェードにしても、
メチャ可愛いです♡

ヒダのところを、ベビーピンクの生地で、
切り替えているのがわかるかな?

 

ちょっとしたところに
オリジナルのデザインを入れて、

「誰かと同じではないもの」が作れます!

 

さて、正直、
何かと後回しにされがちなのが・・・・
「ご主人様」のカーテン。

つまり、ごくシンプルになりがち。

 

ですが、今回は違います。
ご主人様の書斎スペースも素敵に!

 

お城のカーテン

 

赤とゴールドで、ゴージャスに。
カーテンレールも、
アンティークゴールドの装飾レールに。

大変お喜びいただけました!

 

 

さてさて、最後は、この場所のカーテン。
ど~こだ?

 

白いカーテン

 

実は、洗面所の中。
洗濯機の横を仕切る為のカーテンです。

 

 

洗面所のカーテン

 

この場所にカーテンを付けることは、
S様のたってのご希望でありました。

 

洗面所のカーテン

 

確かに、ここに仕切りがあると、
何かと便利ですよね。

 

ただ、
このように天井にレールを付ける場合、
かなりしっかりした下地があることが大事です。

 
ご新築の方は、建築の段階で、
よ~く、ハウスメーカーさんと、
お打合せしておくことが必要です。

 

 

さて、たくさんの生地を使い、
色々なテイストでカーテンをお作りした
S様邸、いかがでしたか?

 
生地やデザインにより、
お部屋の雰囲気もガラリと変化し、
たくさんの表情の窓装飾となり、

 

S様にも大変お喜びいただくことが出来ました。

 

ハウスメーカーの現場監督さんや、
コーディネーターさんも、
カーテンに驚いておられたそうです!

いや~、良かった良かった。
S様、本当にありがとうございました!

 

さて、次回も素敵なカーテンが目白押し。
なかなかブログ更新出来ず忙しかった分、
たくさんの事例がてんこ盛りです。

どうぞお楽しみに!

 

東和商会HP
http://www.curtain.co.jp

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

「梅雨」なんですね。
ぐずぐず、シトシトお天気続いてます。

 

 
なるべく1週間に一度の更新、
心がけておりますが、

 

アッと気がつくと、1週間過ぎてる!

ほんとーに1週間が早いです。

 

今日は「時の記念日」だそーで。

 

時間を大切に過ごさなければ~と
あらためて思うのでした。

 

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

東京都W様邸

 
リビングルームのカーテン掛け替えを
ご依頼いただきました。

 

今回は、ビフォーアフター形式で、
ご紹介致しますよ~

 

 

まずは、カーテン掛け替え前の

Before

 

クラシックなカーテン

 

豪華なシャンデリアが素敵な、
リビングルームなのですが、

 

カーテンの掛け替えで、
さらにゴージャスになります~!

はいっ

After

お城のカーテン

 

ゴージャス♡

 

今回のスワッグバランスは、
いつもとちょっと違う雰囲気。

 

「エンパイアスワッグ」を
たくさんのヒダで作ったタイプです。

 

実は、お客様がお持ちいただいた
ご希望のカーテンの画像があり、
それになるべく忠実にお作りしました。

 

 

小窓がたくさんあるW様邸。
もともとは、プレーンなスタイルの
シェードでしたが・・・

Before

バルーンシェード

 

 
ゴージャスなバルーンシェードに。

After

シルクのカーテン生地

 

ここは、プレーンシェードにするか、
バルーンシェードにするかで、
ずいぶんとお悩みいただいたところ。

 

生地が決まった時点で、
バルーンシェードに決めていただきました。

 

生地は、フィスバの「ROYAL」

 

スイスの生地

 

フィスバと言えば
言わずと知れた、スイスの一流ブランド。

 

素晴らしい生地ばかり~でございますが、
この「ROYAL」がまた素晴らしい。

 

フィスバのカーテン

 

エレガントでクラシカルで、
ゴージャスで、ってもう
たまんない感じの色と柄と素材感。

 

シルクが入ってるゆえの光沢も。

 

それだけに、お値段も・・
かなりの高級品ですが。

 

 

もともと、
とっても素敵なインテリアのW様邸。

 

でもカーテンのマジックで、
ぐっとエレガントな雰囲気に。


スワッグバランス

 

W様ご夫妻が最初にご来店いただいのは、
今年の1月のこと。

 

その後、たくさんの
メーカーショールームを見学され、
とても熱心に生地探しをしていただきました。

 

 

フィスバのカーテン

 

W様邸から埼玉の弊社までは、
かなり距離があるので、
都内のショールームの方が近かったりで、

 

フットワーク軽く、
色々なところでご覧になり、

 

いくつかプランがあったのですが、


お城のカーテン

 

 

最終的に、弊社ショールームにあった
このカーテンサンプルを見て、
この生地に決定していただきました。


フィスバの生地

 

ドレープカーテンは高級生地ですが、
上飾り部分は、かなりのお手頃生地。

 

でもそうは見えないでしょ?

 

弊社の事例の多くは、
上飾り用には、お手頃な生地を使用しています。

 

なぜなら、スワッグバランスには、
思いのほか生地をたくさん使うから。

 

お値段のいい生地ですと、
上飾りのお値段はものすごいことに
なっちゃいます。

 

また、ヒダヒダをたくさん付ける
エンパイアスワッグの場合は、

 

厚みのある生地や、ゴワゴワしたのは
向かないのです。

 

W様邸も、薄手のしなやかな生地で。

 

エンパイアスワッグ

 
上飾りだけでなく、
ドレープカーテンの内側にもトリムを付けて。

 

 

それとは逆にフィスバ「ROYAL」は
シルクコットンのタフタ特有のごわっと感が
持ち味。

 

フィスバの生地

 

バルーンシェードにした場合は、
その「クシュクシュ&ごわっと感」が、
ヨーロッパのお城のようで素敵です。

 

 

レースカーテンは、五洋の「カミュ」
キラキラしたダマスク柄の刺繍レース。

 

とっても人気の生地です。

 

五洋カミュ

 

小窓の方には、裾にビーズトリムを。
さりげなく、上品で可愛くなります♪

 

 

渡辺さん2

W様ご希望どおりに仕上がりました。

 

 

キッチンの入口にも。

これも、ご希望のデザイン画像をいただき、
出来る限り、それに忠実にお作りしました。

 

小さなバランス

 

こういった、窓では無い場所、
いろんな空間の出入口にも、
上飾りは素敵な効果を発揮します♪

 

ご夫妻で、とても時間をかけて
生地選びをしていただき、

ご家族であれこれ悩みながら、
だんだんと形になり、最終的に、
本当にご満足いただく結果になりました。

 

その過程は、ご家族にとって、
面倒なようで、実はとっても
楽しい時間ではないかと思うのです。

 

 

W様から、嬉しいメールを頂戴しました。

********************

 

この度は、大変お世話になりました。

毎日、うっとりとカーテンを眺めています。
家にいることが、幸せで、
こもりがちになっています。
本当に美しい~

それから、打ち合わせに何度もお時間を
割いていただき、ありがとうございました。

お二人と、お話しする時間が
とてもとても楽しかったです。

お二人のカーテンの知識には感動しましたし、

本当にカーテン作りが楽しそうで羨ましです。
私も若ければ、メンバーに入りたい〰

カーテンは何度も注文するものでもないので、
次回お会いするのも何時になるかわかりませんが、
私の回りでカーテンをつけたいという友達がいたら、
間違いなく東和商会さんを推薦します!

東和商会さんと出会うことができて、
本当に良かったと夫婦で思っています。
本当にありがとうございました。

 

*********************

 
わ~ん、W様、私も楽しかったです~!

本当に仲良しで素敵なお人柄のW様ご夫妻。
またいつかお目にかかれたら幸せです。

本当にありがとうございました。

 

では、皆様また次回をお楽しみに。