‘お城みたいなカーテン’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

梅雨らしく、毎日ねずみ色の空ですね。

毎朝、カーテンを開ける度、
「今日も雨か~」とガッカリ。

 

工事の日は特に大変です。

 
荷物の搬入さえ終われば、
あとは室内の作業とはいえ、

 

その搬入時に、
ずぶ濡れになってしまうのは、
人間の体も、商品も、避けたいところ。

 

それにお客様のお住まいを、
何かで汚すことがあってはなりません。

 

うぬぬぬぬ~っ!
太陽出てこいっ!!

 
自称「晴れ女」のワタクシ、ですが
さすがに梅雨には勝てない~笑

 

さて、
本日も早速、素敵なカーテンのご紹介です。

 

 

茨城県S様邸

 

お城みたいなカーテン

 

お城感100%な、白いスワッグバランス。

 

掃き出し窓で、
出窓のようになったタイプで、
その手前には、下がり壁がある作り。

 

お城のようなカーテン

 

その為、バランスの取付け位置は、
採寸時に、お客様と一緒に見え加減を検証。

 

少し離れたところからでも、
バランスがしっかり見えるように。

 

お城のカーテン

 

レースはフリル付で、
ボリュームたっぷりのギャザータイプ。
中央の窓は、クロスオーバースタイルで。

 

このフリルカーテン、束ね方ひとつで
素敵さが増します♪
(セッティング中の様子です。)

 

スワッグバランス、
ちょうど良い見え加減です♪

 

同じ空間の中で、
ダイニングスペースの方は、
「フラットバランス」に。

 

海外風のカーテン

 

 

生地は、
すべて五洋インテックス「エリザベス」

 

 

ディズニーランドみたいなカーテン

 

 

ブラウン系のトリム(フリンジ)で、
甘くなりすぎない仕上がりです。

 

 
さて、皆様のお悩みどころとして、
「和室の窓、どーしよっ?」ってことが
ありませんか?

 

よくおすすめする商材として、
「プリーツスクリーン」がありますが、

 

弊社でおすすめしたいのが、
やっぱりファブリックを使った商品。

特に、ウイリアムモリスの生地。

 

イギリスの格式ある伝統的な柄ですが、
その温かみのある雰囲気は、
和室にも、ピッタリ馴染みます。

 

和室のカーテン

 

窓枠の木の感じを生かすのも素敵なので、
すべて窓枠内のシェードに。

 

ウイリアムモリス

 

両サイドに入れたボーダーには理由があり、
1巾の生地を最大限に生かす工夫なのです。

 


ウイリアムモリス

 

この2台のシェードは、
生地1巾から作られており、
製作サイズとして足りない部分を
無地の生地で切り替えています。

 

高価なウイリアムモリスの生地、
なるべくロスを出さずに無駄なく使う工夫です。

 

お客様のお財布にも嬉しいご提案。

 

でも、柄はしっかり揃っているでしょ?
むふふふふ!

 

 

次は、フレンチシックな「トワルドジュイ」

 

トワルドジュイ

 

 

フランス「テヴェノン社」のトワルドジュイ。
とっても人気のシリーズです。

 

トワルドジュイ

 

 

クローゼットの入口にもカーテンを。

アーチになった壁の裏側にレールを付け、
クローゼット側からカーテンを掛けていますが、

 

普通に作ると、お部屋から見た時に、
カーテンの裏面を見ることになりますよね。

特に、
このようなコットンプリントの生地は、
裏面は、白くなっています。

 

そのようにならないように、
「逆フック仕様」と言って、
カーテンの表側を裏面として作ってあります。

 

だから、素敵な柄が楽しめる訳なのです。

 

って、これ、説明むずかしーっ!
とってもややこしい(汗)

 

なので、これについては
是非、お会いしてご説明させて下さいネ♪

なかなか言葉では伝えきれないのが、
「縫製の話」

なので、お会いして話すことは
とっても大事なのですよね~

 

 

 

お子様のお部屋は、イギリスの輸入生地で。

「クラーク&クラーク」の
バラ柄の可愛いコットンプリント。

 

一体型のギャザーバランス付きのカーテン♪

 

薔薇柄の生地

 

この柄、お子様だけでなく、
大人の女性にも大人気の生地です♪

 

バルーンシェード

 

バルーンシェードにしても、
メチャ可愛いです♡

ヒダのところを、ベビーピンクの生地で、
切り替えているのがわかるかな?

 

ちょっとしたところに
オリジナルのデザインを入れて、

「誰かと同じではないもの」が作れます!

 

さて、正直、
何かと後回しにされがちなのが・・・・
「ご主人様」のカーテン。

つまり、ごくシンプルになりがち。

 

ですが、今回は違います。
ご主人様の書斎スペースも素敵に!

 

お城のカーテン

 

赤とゴールドで、ゴージャスに。
カーテンレールも、
アンティークゴールドの装飾レールに。

大変お喜びいただけました!

 

 

さてさて、最後は、この場所のカーテン。
ど~こだ?

 

白いカーテン

 

実は、洗面所の中。
洗濯機の横を仕切る為のカーテンです。

 

 

洗面所のカーテン

 

この場所にカーテンを付けることは、
S様のたってのご希望でありました。

 

洗面所のカーテン

 

確かに、ここに仕切りがあると、
何かと便利ですよね。

 

ただ、
このように天井にレールを付ける場合、
かなりしっかりした下地があることが大事です。

 
ご新築の方は、建築の段階で、
よ~く、ハウスメーカーさんと、
お打合せしておくことが必要です。

 

 

さて、たくさんの生地を使い、
色々なテイストでカーテンをお作りした
S様邸、いかがでしたか?

 
生地やデザインにより、
お部屋の雰囲気もガラリと変化し、
たくさんの表情の窓装飾となり、

 

S様にも大変お喜びいただくことが出来ました。

 

ハウスメーカーの現場監督さんや、
コーディネーターさんも、
カーテンに驚いておられたそうです!

いや~、良かった良かった。
S様、本当にありがとうございました!

 

さて、次回も素敵なカーテンが目白押し。
なかなかブログ更新出来ず忙しかった分、
たくさんの事例がてんこ盛りです。

どうぞお楽しみに!

 

東和商会HP
http://www.curtain.co.jp

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

「梅雨」なんですね。
ぐずぐず、シトシトお天気続いてます。

 

 
なるべく1週間に一度の更新、
心がけておりますが、

 

アッと気がつくと、1週間過ぎてる!

ほんとーに1週間が早いです。

 

今日は「時の記念日」だそーで。

 

時間を大切に過ごさなければ~と
あらためて思うのでした。

 

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

東京都W様邸

 
リビングルームのカーテン掛け替えを
ご依頼いただきました。

 

今回は、ビフォーアフター形式で、
ご紹介致しますよ~

 

 

まずは、カーテン掛け替え前の

Before

 

クラシックなカーテン

 

豪華なシャンデリアが素敵な、
リビングルームなのですが、

 

カーテンの掛け替えで、
さらにゴージャスになります~!

はいっ

After

お城のカーテン

 

ゴージャス♡

 

今回のスワッグバランスは、
いつもとちょっと違う雰囲気。

 

「エンパイアスワッグ」を
たくさんのヒダで作ったタイプです。

 

実は、お客様がお持ちいただいた
ご希望のカーテンの画像があり、
それになるべく忠実にお作りしました。

 

 

小窓がたくさんあるW様邸。
もともとは、プレーンなスタイルの
シェードでしたが・・・

Before

バルーンシェード

 

 
ゴージャスなバルーンシェードに。

After

シルクのカーテン生地

 

ここは、プレーンシェードにするか、
バルーンシェードにするかで、
ずいぶんとお悩みいただいたところ。

 

生地が決まった時点で、
バルーンシェードに決めていただきました。

 

生地は、フィスバの「ROYAL」

 

スイスの生地

 

フィスバと言えば
言わずと知れた、スイスの一流ブランド。

 

素晴らしい生地ばかり~でございますが、
この「ROYAL」がまた素晴らしい。

 

フィスバのカーテン

 

エレガントでクラシカルで、
ゴージャスで、ってもう
たまんない感じの色と柄と素材感。

 

シルクが入ってるゆえの光沢も。

 

それだけに、お値段も・・
かなりの高級品ですが。

 

 

もともと、
とっても素敵なインテリアのW様邸。

 

でもカーテンのマジックで、
ぐっとエレガントな雰囲気に。


スワッグバランス

 

W様ご夫妻が最初にご来店いただいのは、
今年の1月のこと。

 

その後、たくさんの
メーカーショールームを見学され、
とても熱心に生地探しをしていただきました。

 

 

フィスバのカーテン

 

W様邸から埼玉の弊社までは、
かなり距離があるので、
都内のショールームの方が近かったりで、

 

フットワーク軽く、
色々なところでご覧になり、

 

いくつかプランがあったのですが、


お城のカーテン

 

 

最終的に、弊社ショールームにあった
このカーテンサンプルを見て、
この生地に決定していただきました。


フィスバの生地

 

ドレープカーテンは高級生地ですが、
上飾り部分は、かなりのお手頃生地。

 

でもそうは見えないでしょ?

 

弊社の事例の多くは、
上飾り用には、お手頃な生地を使用しています。

 

なぜなら、スワッグバランスには、
思いのほか生地をたくさん使うから。

 

お値段のいい生地ですと、
上飾りのお値段はものすごいことに
なっちゃいます。

 

また、ヒダヒダをたくさん付ける
エンパイアスワッグの場合は、

 

厚みのある生地や、ゴワゴワしたのは
向かないのです。

 

W様邸も、薄手のしなやかな生地で。

 

エンパイアスワッグ

 
上飾りだけでなく、
ドレープカーテンの内側にもトリムを付けて。

 

 

それとは逆にフィスバ「ROYAL」は
シルクコットンのタフタ特有のごわっと感が
持ち味。

 

フィスバの生地

 

バルーンシェードにした場合は、
その「クシュクシュ&ごわっと感」が、
ヨーロッパのお城のようで素敵です。

 

 

レースカーテンは、五洋の「カミュ」
キラキラしたダマスク柄の刺繍レース。

 

とっても人気の生地です。

 

五洋カミュ

 

小窓の方には、裾にビーズトリムを。
さりげなく、上品で可愛くなります♪

 

 

渡辺さん2

W様ご希望どおりに仕上がりました。

 

 

キッチンの入口にも。

これも、ご希望のデザイン画像をいただき、
出来る限り、それに忠実にお作りしました。

 

小さなバランス

 

こういった、窓では無い場所、
いろんな空間の出入口にも、
上飾りは素敵な効果を発揮します♪

 

ご夫妻で、とても時間をかけて
生地選びをしていただき、

ご家族であれこれ悩みながら、
だんだんと形になり、最終的に、
本当にご満足いただく結果になりました。

 

その過程は、ご家族にとって、
面倒なようで、実はとっても
楽しい時間ではないかと思うのです。

 

 

W様から、嬉しいメールを頂戴しました。

********************

 

この度は、大変お世話になりました。

毎日、うっとりとカーテンを眺めています。
家にいることが、幸せで、
こもりがちになっています。
本当に美しい~

それから、打ち合わせに何度もお時間を
割いていただき、ありがとうございました。

お二人と、お話しする時間が
とてもとても楽しかったです。

お二人のカーテンの知識には感動しましたし、

本当にカーテン作りが楽しそうで羨ましです。
私も若ければ、メンバーに入りたい〰

カーテンは何度も注文するものでもないので、
次回お会いするのも何時になるかわかりませんが、
私の回りでカーテンをつけたいという友達がいたら、
間違いなく東和商会さんを推薦します!

東和商会さんと出会うことができて、
本当に良かったと夫婦で思っています。
本当にありがとうございました。

 

*********************

 
わ~ん、W様、私も楽しかったです~!

本当に仲良しで素敵なお人柄のW様ご夫妻。
またいつかお目にかかれたら幸せです。

本当にありがとうございました。

 

では、皆様また次回をお楽しみに。

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

あっという間に新年度、新学期。
そして何より、

 

「新年号」発表されました。

 

 

平成も、あと少しか~

 

今月末頃になると、きっと
いろんなところで、
「平成最後の~」なんてやたら言いそう。

 

でもなんだか、
確かに4月30日は、ソワソワしそうな・・笑

各種表示が変わるだけで、
実際の生活は何も変わらないですけどね。たぶん。

 

 

さて、前回のブログが予告編みたいになっちゃた、
撮影スタジオの続きです。

 

なかなかの見ごたえですよ!
早速いきま~す。

 

まずは、このカーテン。

 

女王様のカーテン

 

 

これどーなったか?

 

はいこれ~

 

宮殿のカーテン

 

真っ赤なスワッグバランス。

 

ドレープカーテンは、
東リの「リヨン織物美術館」のシリーズ。

 

リヨン織物美術館

 

華やか~♪
黒いレースも同じく、東リの生地。

 

 

真っ赤なカーテン

 

 

元々は、コンクリート打ちっぱなしのビル。
なので、上部の梁を隠す為、
ぐるりとバランスで囲みました。

 

だから、バランスの2段構造。

 

ギャザーバランスとスワッグバランスが
混在した、にぎやかな天井付近。

 

もう、バランスだらけのすごいことに
なっております。

 

 

赤と黒のカーテン
ひゃ~!

この雰囲気たまらないっ!!

 

 

お次はこれ~

さて、どーなったか。

 

バッドマンのカーテン

 

 

じゃじゃん!

 

コウモリのカーテン

 

 

なんとな~く、コウモリっぽいでしょ?
フラットバランスのカットライン。

 

ドレープ生地は、
ウイリアムモリスの「ラーモ」

この柄の、
葡萄のモチーフが気にいられたのです。

 

おお、確かに葡萄の柄だ~!
し、知らなかった。

 

お城のカーテン

 

 

 

そしてそして、一番迫力あるのは、これかも。

 

これがどーなったかというと・・・

 

王様のカーテン

 

 

はいこれバーン!

 

王様のカーテン

 

 

 

絢爛豪華とはこのことでしょうか。
いやもう、とにかく、煌びやか~♪

 

 

玉座のカーテン

 

ドレープ生地は、
サンゲツSC3077 なかなかのゴージャス生地。

 

スワッグ部分は、川島さんの遮光タイプ。
光沢のある起毛した生地で、

ベルベットと見まごうほどの質感が魅力です。
実にいい光り方しますなあ~♡

 

王様感ハンパないっ!!

 

もうひれ伏しちゃうね。
「苦しゅうない、おもてを上げい。」
ははーっ!  みたいな。

 

って、時代劇か。

 

王様のカーテン

 

SC3077も、葡萄の柄が描かれております。

 

内側に付けたフサフサは、川島さんのトリム。
まるで馬のたてがみのようです。

 

 

玉座のカーテン

 

よくご覧下さいませ。

天蓋部分の中は赤。外側は黒と、
ちゃーんと色分けして作っておりますよ~

 

お城のカーテン

 

どーです?
ちょっと座ってみたくなるでしょ~
(もちろん、私も座ってみましたとも!)

 

それから、これもありましたね。

 

これも、かっこいいんです。

 

お城のカーテン

 

 

ハイ、こーなりました~♪

 

お城のカーテン

 

 

オオカミだと思うけど、なんか可愛い♪

 

 

おおかみ

 

 

とかなんとか言いながら、
サクサク紹介しておりますが、

 
今回の素晴らしきカーテンの数々、
ご注文いただいたのは、

 

ヴィジュアル系ロックバンド「D」
ボーカルでもあるASAGI様。

 

所属するGOD CHILD RECORDS
代表でもあるお方でございます。

 

スタジオ「Rosarium」をオープンされるにあたり、
その独特の世界観を形にするお手伝いを
させていただきました。

 

 

スタジオロザリウム

 

この空間は、撮影スタジオとしてだけでなく、
各種パーティ、イベント、展示会、
そして商談にも使えるスペースなのです。

 

これは、1フロアのカーテン。
違う階には、ぜんぜん違う世界が広がります。

 

まだまだ続く、ゴージャスなカーテンたち。
次回も続きます!
お楽しみに!!

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

桜も満開だというのに、
高熱を出して、三日間寝込むことに。

 

しかも、超忙しいさなか・・・

 

 

いやホント、すみません。

たくさんお待たせしちゃって。

 

日頃、健康だけがとりえの私なんですが、
どうやら、疲れのピークだったようで。

 

おかげ様ですっかり元気になり、
ブンブン腕を振り回しながら、

 

「あ~っ!健康ってスバラシイ!!」

 

回復以上の回復。
元気チャージ完了。

 

高熱により、
体内の悪いモンが消毒されたのか、

 

身も心もクリアになって、
戻ってまいりました。

 

 

 

さて、今日はいつもの施工例ではなくて、

 

現在進行中の案件から、
ちょっと面白いものをご紹介致します。

 

 

ご依頼主は、ヴィジュアル系ロックバンドの
ボーカルである、A様。

 

そして、芸能事務所の代表でもあるA様。

 

撮影スタジオをオープンされる予定で、
スタジオ内の、色々なタイプの装飾を承りました。

 

 

 

まずは、真っ赤なスワッグ&テール

 

ご提案のイメージ画がこれ。

 

女王様のカーテン

 

実は、「窓」ではなくて、
空間の中の仕切りや、疑似窓、壁の装飾が主なもの。

 

 

これは、ウイリアムモリスの「ラーモ」を使い、
重厚だけど、ちょっと変わったバランスを。

 

バッドマンのカーテン

 

紫のフラットバランス、
何のイメージだかわかります?

 

形をじーっと見て。
「コウモリ」なのですよ~

 

バットマン的な要素を入れて~とのご依頼で。
(う~面白い♡)

 

 

極め付けはこの玉座まわり。

 

王様のカーテン

 

このキャノピー的部分の下には、
玉座の名にふさわしい、
すんばらしい椅子が入ります。

 

ゴールドと黒を使った、
豪華絢爛なコーナー。

 

とにかく「王様感」出したいとのご希望。

ご希望にお応えして、
「王様感」出しまくりのこのデザイン。

すごいカーテンになりそうです。

 

 

小窓も、メッチャ豪華に。

 

お城のカーテン

 

2F部分は、重厚かつ豪華絢爛なイメージ。

 

 

お城のカーテン

 

これらのイメージ画は2Fの分なのですが、

 

 

3Fは、またガラリと雰囲気の違う、
真っ白なホワイトガーデンのイメージで
作り上げていきます。

 

A様のこだわりもハンパじゃない。
お値段高くなっても、
イメージに合うものを!ということで、

 

素晴らしい生地をお選びいただきました。

 

 

次回は、これらのカーテンが、
実際に取り付けられた様子をご覧いただきますね。

 

これは楽しみだあ~!!

 

皆様どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

寒いっ!!
12月も半ばとなり、当然と言えば当然の
冷え冷えとした空気です。

 

現在、年末のかけ込み的なお仕事で
工場は連日、深夜までの作業が続いています。

 

来週は連日の取付け工事となります。

神奈川県に、群馬県。
東に西に、あちゃこちゃ行きます。

 

12月に入ってから、猛烈に忙しく、
家には寝に帰るのみ的な感じに。

 

まるで、仕事の鬼のオヤジ化しており
もしかしたら、
顔もオヤジ化しているかもしれません。

 

 
すでに来年1月のご予約もたくさんいただいており、
本当にありがとうございます。

 

さて、ここでちょと嬉しいお知らせ。

 

輸入住宅スタイルブック

 

先月末に発売された、
「輸入住宅スタイルブック」の最新号に、

 

弊社のお客様が掲載されました。

 
東京都のY様です♪


輸入住宅のカーテン

 

 
お客様から、掲載のご報告いただいて、
発売を楽しみに待っておりました~!

 

輸入住宅のカーテン

 

本当に素晴らしい輸入住宅のY様邸。
皆様の憧れのハウスメーカー様の施工です。

 

お家の中の、素敵なカーテンは、
是非、こちらのブログでご覧下さい!
「やっぱり素敵♪品格あるダマスク柄のカーテン」

 

素晴らしい家具も入って、
カーテンとの相性もばっちりで、本当にうっとり♡

 

Y様、素敵な事例を作って下さり、
本当にありがとうございました!

 

 

さてさて、今回の「輸入住宅スタイルブック」
実は、他にもお知らせがあるのです。

 

「輸入住宅スタイルブック」様からの
ご依頼をいただき、
ある企画に参加させていただきました。

 

その企画とは、
輸入住宅に憧れるけれど、
金額的に難しい・・という方に向けた、


輸入住宅スタイルブック

 

「100万円代で出来る新築リデザイン」

 

輸入住宅ではないけど、
輸入住宅っぽく、リノベーションしちゃうのです。
(リデザインと言う方が良いのかしらん)

 

舞台となったのは、東京都K様邸。
施工は、「クラフトメイドハウス」様。

こちらもまた、
素晴らしい輸入住宅を作り続けておられる
素敵な会社、素敵な社長様です。

 

弊社は、カーテン担当として、
参加させていただきました。

 

紫のカーテン

 

 

無地のシンプルな遮光生地で、
カーテンと、バルーンシェード。

 

 

紫のカーテン

 

 
ブラックのビーズトリムが、アクセント。

 


バルーンシェード

 

手頃な生地でも、デザインすることで、
とてもゴージャスに見せることが出来ます。

 

これって、この企画に合ってるなあ。うんうん

 

 
ブラインドの窓にも、
やはり何かをプラスしたがる東和商会。

 
輸入住宅のカーテン

 

 

フラットバランス&ウッドブラインド♪

 


フラットバランス

 

 

リビングは、シンプルに、
グレイッシュトーンのウッドブラインドで。

 
窓の素敵なケーシングを生かし、
窓枠内に取付けました。

 

ウッドブラインド

 

 
お家のビフォーアフター、
もっとじくりご覧になりたい方は、

 
是非、「輸入住宅スタイルブックvol.19」を!

本屋へGO!

弊社の広告も載ってます。(きゃは~)

 

豪華なカーテン

 

今回のこの企画に参加させていただき、

やはり一番の感想は、
お家の中の内装で、どのような雰囲気にも
作り変えられる!ということ。

 
建具などの造作、壁紙、モールディング、
家具の力はもちろんのことですが、

 

「窓」の仕様もすっごく大事ですよね。
大きなケーシングの窓はそれだけで、
輸入住宅らしくなりますし、

 

その窓に、どんな装飾をするか、
これも雰囲気作りの大事なとこ。

 

K様、色々と本当にありがとうございました!
いい経験をさせていただきました。

 

さて、次回は、優しくて暖かい雰囲気の
素敵なカーテンのご紹介です。

 

どうぞお楽しみに!