‘クラシック’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

いよいよ、年の瀬。
今年もあと2週間を切りました!

東和商会では、忙しさもピークをむかえ、
縫製のスタッフが連日遅くまで頑張ってます。

 

つい先日まで、

龍村美術織物様からのご依頼で、
国会関係の大きなものを縫製しておりました。

 

「龍村美術織物」
創業明治27年。
日本の名だたる文化財に関わってきた、
絹織物の老舗中の老舗です。

 

やっと終わった~と思ったら、

 

弊社の小売り部門のお客様も、
今週、いっきに施工の日をむかえ、

 

今週は連日の工事の嵐。
こちらの方も、佳境に入りました。

 

 

これは、現在縫製中のカーテンの仕様書。
いつものように、食堂に貼ってみんなで共有。
(私が担当しているお客様の分です。)

 

デザインカーテン

 

 

スワッグ&テールや、フラットバランス。
ギャザーバランスに、切替カーテン、等々。

 

皆様それぞれに、オリジナル感のある
カーテンたちが、次々に納品の日をむかえます。

 

これらの素敵なカーテンは、
年明けのブログでのご紹介となりそうです。

 

 

さて、本日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

神奈川県S様邸

 

高級カーテン

 

S様邸は、以前にもこのブログでご紹介し、
とても反響のあった施工例のお宅です。

 

2016年2月21日のブログ
シックでエレガントな「メイプル」のカーテン

 
同じように~と、おっしゃる方も
とても多かった。

 

嬉しいことに、またまたお声かけいただき、
今度は、リビングダイニングや、サンルーム、
廊下など、掛替のカーテンを、
たくさんご依頼いただきました。

 

まずは、素敵なリビングから。

 

ゴージャスなカーテン

 

前からご使用になっていた、花柄のカーテン。
とてもお気に入りの生地だそうで、

 

それをそのまま生かして、
フラットバランスを付けたいとのご希望でした。

 

PCで作った、
しっかりとしたデザインイメージも、
ご持参いただきました。
(S様すごい!)

 

確かに、とっても素敵な柄のカーテンなので、
まだまだ愛用したいお気持ち納得です。

 

まずは、それまで使用していた、
ウッドタイプの装飾レールを外し、
バランスレールに取替えです。

 
フラットバランスにおすすめしたのは、
上質感のあるドイツのブランド、
「JAB」の「スターベルベット」

 

輸入生地のカーテン

 

この深みのあるブルーが、
とってもよくカーテンに合いました。

 

それと、夢のようになめらかなテクスチャー。
触った時の感想は、
皆様一様に、「気持ちいいっ!」と
おっしゃいます。笑

 

このお花柄は、
いろんなお色が使われているので、

何色を合わせても、似合ってしまう。

 

それだけに、とっても迷います。
グリーン系でも、
オレンジ系でも、
ベージュ系でも、

 

JABの「スターベルベット」なら、
穏やかなトーンのお色が揃っているので、
あれあれ、本当に何色でも似合ってしまう!

 

でもね、お選びいただいた、このブルー、
やっぱり、一番素敵かも。

 

本当にいい組み合わせ♪

 

ブラウンのお色味が多い、
クラシカルで、エレガントなお部屋に、
ブルーが入ることで、華やかさがアップ。

 


ディズニーランドみたいなカーテン

 

腰窓には、裾に上品なマクラメ付きの、
ギャザーカーテンを。
スカラップスタイルで、さらにエレガント。

 


素敵なお部屋とインテリア

 

 

大きな掃き出し窓には、バルーンシェード。
フリルは付けずに、スッキリと。

 

豪華なカーテン

 
掃き出し窓の奥のスペースはサンルーム。
(これは、また後ほどご紹介しますね。)

 

 
それから、こちらは、バルーンシェード。
PASAYAの「レローブル」は、
やっぱり、とっても人気の生地なのです。


お城みたいなカーテン

 

 

これは、どこの窓かというと、

はい、階段の途中の窓でした~!

 

階段の窓

 
遮光効果も欲しい場所だったので、
後幕をレースではなく、遮光生地に!

 

でも、後幕はタタミ上げてしまえば、
このように見えません。

 

なので、必要な時だけ登場する後幕。
機能性としてもステキ♡

 

バルーンシェード

 

どちらかというと、
階段の窓は、簡単にされる方が多い中、
なんとゴージャスで素敵なことか。

 

 

廊下の2窓も、上飾りをプラス!

フラットバランスと、
プレーンシェードの組み合わせです。

 

ダマスク柄のカーテン

 

生地は同じくPASAYAの「グローリー」
このブラウンを始め、素敵なお色が揃ってます。

 

注目してほしいのは、
デコラティブなカットライン。

 

上部のフラットバランスと、


輸入住宅のカーテン

 

 

幕の裾のラインを同じように揃えました。

 

ダマスク柄のシェード

 

こちらの窓は、ドアがすぐ横にあるので、
取付け位置は2台ともドアの高さに揃えて、
スッキリと。

 

フラットバランス

 

こーゆー細かいところ、
実はとっても大事なところ。

 

ステキなお部屋

 

それにしても、S様邸の
よく考えられたお家の作りと、
センスあふれる設えに、
訪れるたびに、感心してしまうのです。

 

あらら~、
ずいぶんと長くなってしまいました。

続きは、次回に致しましょう。

お色直しをした、
白く可愛いサンルームのお話です。

 

どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

まもなくゴールデンウィーク。
皆様、どんなご予定ですか?

 

日頃、土日祭日関係なく動いている小売り部門も、
年末年始と、お盆と、GWだけは、
工場に合わせて、カレンダーどおりに
お休みいただいております。

 

お問い合わせのメールなど、
お返事がお休み明けになりますが、
何卒ご了承下さいませ。

 

さて、前回に引き続き、
「ジェントルマンズハウス」こと、N様邸のご紹介です。

まずは、予告どおり、お待ちかねの寝室でございます。

 

 

ピンクの寝室

 

 

その他のお部屋とは、がらりとお色を変えて。

きゃっは~♡

 

ピンクの寝室

 

可愛いピンクのベルベットは、
イギリス「クラーク&クラーク」のもの。

お色名は、「CANDY」名前からしてカワイイ♪

 

ピンクのフラットバランス

 

 

他のお部屋と同様に、すべてフラットバランスを。

赤いカーテンと、全く同じデザインに見えても、実は
窓の巾や丈に合わせて、微妙にサイズを変えています。

 

ピンクのフラットバランス

 

フラットバランスの丈、アーチのつけかた。

 

 

フラットバランス

 

 

レースに施したサテンの切り替えの分量。

小さな窓の装飾


ベッドヘッド側の、とっても小さな窓も同じ様に。

 

ラブリーなピンクを引き締めているのは、
シックなトーンのパープル系のトリムとタッセル。

 

 

ピンクのベルベット

 

パープルのサテン生地で、フットスローもお作りしました。

そうそう、壁紙はウイリアムモリス。
もちろん、どんぐり柄です♪

 

 

お次は、ランドリールーム

 

ランドリールーム

 

画面中央にある、「アイロン台」
なんとな~く、土台の部分、見覚えある感じしませんか?

 

実は、なんとビックリ、元は床屋さんの椅子なんです!

 

バーバーチェア

 

家の向かいにあった理髪店から、廃棄処分される椅子を
引き取ったそうで、それがさかのぼること35年前。

 

それから、時にはテーブルの脚になったりしながら
N様と時間を共にしてきた愛着の品。

 

アイロン台

 

今回、アイロン台の足に落ちつきました。

 

N様にとって、バーバーチェアへの憧れは、
ジェントルマンへの憧れを象徴するアイテムなのです。

 

それにしても、N様の発想力と実現力がすごい。

 

「ジェントルマンズハウス」は、
おトイレの照明だって、こだわっております~

 

素敵な照明

 

 

どちらも、アンティークの米国製ランプです。
上の画像の方が時代は古く、ゴシック様式。

 

素敵な照明

 

こちらは、アールデコ様式。

そして、トイレのカーテンとは思えない豪華さなのでした。

 

 
3Fの小さなお部屋は、フリースペース。

 

小さなカーテン

 

 

趣味の物が置いてあったりしますが、
酔っぱらった友達が寝るスペースとしても。

 

 

屋根裏部屋


「ジェントルマンズハウス」は、どこまで男の天国なのか!

 

男じゃなくても、こりゃ楽しすぎますっ!

 

さてさて、第一話目でちらりお伝えした、
「テーブルクロス」のおはなし。

 

ダイニングテーブル

 

その前に、素晴らしい彫刻の、
このテーブルについてご説明いたしましょう。

 

1910年の英国製のアンティーク。
材質は、無垢のオーク材(どんぐりの木)。

カイガラムシを乾燥させてアルコールで溶かした、
古代からのニスで仕上げたものだそう。

フレンチポリッシュという、真綿でポンポン、
気が遠くなるほど繰り返す塗り方なんですって~

 

ひゃ~、勉強になります~!

 

この素晴らしいテーブルが、
テーブルクロスで隠れちゃうのは本当にもったない、
のでありますが、

 

これまた、素晴らしいテーブルクロスなのですよ。

まずは生地探しから。

 

ご要望を聞き、ご提案した中で、
N様のハートを射止めた生地はこちら。

 

ギリシャの生地

 

ギリシャの生地、「DEKOMA」のコレクション。
生地名「BABILON」

メリハリの効いた配色の中に、
クラシカルな雰囲気が感じられる生地です。

 

出来上がったのがこちら。

 

テーブルクロス

 

テーブルクロスのデザインは、なかなか凝ったもので、
まわりはぐるりと、箱ヒダを取った仕様。

箱ヒダの裏地には、ゴールドのサテン生地を使用。

 

ゴールドサテン

 

 

これまたぐるりとゴールドのフリンジで囲みました。
すべてN様ご指示のデザインです。

いや~、とにかく豪華!

 

テーブルクロス

 

素晴らしい生地であるとともに、
凝ったデザインなので、なかなかのお値段にはなりました。

でも、妥協を許さないN様には、
本当にご満足いただくことが出来たのでした。

 

素敵なテーブルクロス

 

弊社でも、これだけ豪華なテーブルクロスは今まで例がありません。

ただ、弊社はあくまでカーテンの縫製工場です。
こういった、テーブルクロスや、ベッドカバー、クッションなど、
いわゆるソフトファニシング類の縫製は、
それだけでのご注文は承っておりません。

 

あくまで、カーテンをご注文いただいたお客様への
お礼の気持ちで、お引き受けしております。

 

 

テーブルクロスの他にも、ご注文いただいたのが、
壁を飾る、ファブリックボード的なもの。

 

壁飾り

 

といっても、厚みは無いようにお作りし、
壁にピタッとはめ込んでいただく形。

 

壁飾り

 

 

四角い形や、

 

壁飾り

 

 

丸い形。
きれいに丸く縫っていくのは、実はかなり難しいのですよ。

 

壁飾り

 

 

以下は、N様からのお言葉。

*********************

素晴らしいクォリティーに大変感激しております!!
東和商会さんの技術力に脱帽です!

**********************

 

いや~ホント、
ご満足いただけたことが何よりも嬉しい。

そうそう、「ジェントルマンズハウス」の
斬新な、タッセルの使い方をご紹介しましょう!

 

 

タッセルの使い方

 

 

N様、取付け後のカーテンを眺めては、
色々とスタイリングして楽しんで下さっています。

この画像を送っていただき、

おお!まるで豪華な海賊船のようですね!と申し上げると、
N様も、まさにそんなイメージだったそうなのです。

 

これをやるには、
「ふさかけ」が両サイドに必要な訳ですが、

ドレープカーテンを閉めた時、通常は
タッセルは、お役御免でぶらんとはじっこに待機。

その時間帯、このようにしてタッセルを主役にするのは
目からウロコの斬新なアイデアです!

 

まだまだホントは、ご紹介しきれていないところがいっぱい。

 

見どころ満載の「ジェントルマンズハウス」は、
後々、1冊の本にまとめられるとのこと。
それも納得です。

 

まだまだ、N様の創作意欲はとどまることなく、
色々な発想をめぐらせておられます。

 

N様、この度は、素敵なお住まいの窓装飾に
関わらせていただき、本当に光栄に思っております!
またお会い出来る日を楽しみにしております。

 

本当にありがとうございました。

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

各地で大雪のニュース。
まだまだ寒さ厳しい日々ですね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

現在、春のお引越しに向けて、お打合せ中の
お客様がたくさんおられます。

新しいお家の新しい生活。そのスタートに、
素敵なカーテンがあることで、
毎日が、より楽しくなったら・・・

そんな気持ちで日々、カーテンをお作りしています。

 

さて、皆様、ディズニーの世界はお好きですか?
弊社のお客様は、ディズニー好きの方がとっても多いのですが、

なんとも羨ましいディズニーマニアのお住まいをご紹介致します。
浦安市K様邸

 

高層マンションから見おろす、この景色。

浦安の海

 

左方向には、海が広がり

 

右方向には、そーです、ディズニーランド&シー
わわ~っ!

ディズニーランド

 

毎晩花火もお家から見れるんだ~♪きゃっは~!!
そんな素晴らしいロケーションのK様邸。

もちろん、ディズニー大好きファミリーだからこそ、
のお住まいであります。

ディズニーリゾートを間近に見おろしながらの、
広々としたリビングルームに、

それに似合うような、素敵なカーテンをご希望され、
遠く越谷までお越しいただきました。

 

 

弊社のショールームで、まず一番に気に入っていただいたのが、
スペインのブランド「ガンセド」です。

 

スペインの生地

 

 

ブルーのグラデーションの中に、ゴージャスなダマスク柄。
この感じ、ありそうでなかなか無い。

 

ガンセドのブルー

 

海外の生地らしい、重厚な素材感。
そしてそれに似合う上飾りを。

スワッグ&テール?それともフラットバランス?
それとも、もっと凝ったデザインが良いかしら?

 

デザイン、生地について、

昨年9月に初めてご来店いただいてから、
数か月、じっくりと、じっくりと時間をかけて
進めさせていただきました。

 

「ガンセド」の特徴として、
常に在庫は少なめで、その時の在庫状況によっては
かなりお待ちいただくことになります。

その為、この生地だけは、昨年の11月には発注し、
入荷した生地を温めながらの、お打合せとなりました。

 

そして、そして、出来上がったのがこれなんです~♪

 

エンパイアスワッグ

 

窓巾5.5mのエンパイアスワッグ♪

 

エンパイアスワッグ

 

スワッグ部分は、フジエテキスタイル「ウスライ」
見る方向で色味の変わる、魅惑的な輝きの無地です。

 

ウスライ

 

テールの裏地や、タイの裏地には、
ガンセドの中のブルーに合わせたシャンタン素材を。

 

スワッグバランス

 

なめらか~なヒダ感が美しい生地。

 

 

ウスライ

 

レースは、ご存じ、弊社イチバン人気の「トンベ」。

影も美しいのです♪

 

トンベ

 

実は上飾り用の生地は、なかなかピタッとくるものがなく、
ずいぶん色々とご検討いただいたのですが、

 

たまたま、ジャパンテックス用に作ったスワッグ見本の生地が
この「ウスライ」で、

 

その見本を使って、スワッグのご説明していたところ、
K様の目にとまり、
これ、ガンセドのブルーとすごく合うんじゃない?と。

あらら・・ほんとーだっ!!

 

ガンセドブルー

 

いや~目からウロコ。
これだから、ファブリックの色合わせは面白い。

 

 

タッセル

 

ガンセドのボリューム感に合わせると、
タッセルも、かなり大ぶりなものでもマッチ致します。

お色もピッタリな、イタリア製タッセルを合わせて。

 

装飾タッセル

 

ゴージャス感、さらにアップ♪

 

ベランダからの眺望は、青い空と輝く海!
この、ガンセドの「ブルー」が、素晴らしく似合っております。

 

ガンセドブルー

 

 

お部屋の内装も、ディズニーファンならではのもの。

レンガ調の素敵な壁紙も、

 

プーさん壁紙

 

実は、プーさん柄なのだ~♪

 

プーさん壁紙

 

 

その他、かくれミッキーがたくさ~ん!!

 

隠れミッキー壁紙

 

よ~く見るとミッキーが。

 

かくれミッキー壁紙

 

 

とにかくディズニー大好きのK様ファミリー。
家族全員、年間パスポートをお持ちです♪

 

カーテンの仕上がりには、イメージどおり、
いやそれ以上と、大変お喜びいただくことが出来ました!
「やっぱり東和商会さんに、頼んで良かった!」と
言って下さったのがなによりも嬉しい♪

 

ガンセドのカーテン

 

光沢感、ボリューム感、
本当に、ディズニーランドみたいなテイストです♪

 

エンパイアスワッグ

 

K様は、近々、新しい事業を始められる為
また、そちらもお願いしたいとの嬉しいお言葉いただきました。
本当にありがとうございます!!

 

K様、長い打合せ期間中、
色々と本当にお世話になりました!

いつもいつも、素晴らしいお人柄に助けられて、
心からお礼申し上げます。

 

素敵なK様ご夫妻に、
また、お会い出来ることを楽しみにしております!

 



皆様、こんにちは。東和商会の伊賀です。

「お盆」終わりましたね~
もう、あっという間に。

お盆前の、なんと慌ただしかったことでしょう。
まるで、年の暮れのようなバタバタ感でございました。

 

お休み前の、終業時にホッと一息、社内でちょっとしたお食事会♪

お食事会

 

手前の「きゅうりのお新香」は、
弊社縫製スタッフの漬物名人「木村さんちのお漬物」です。
うん、いつも美味しい♪

 

 

さて、今日は、
素敵な、「ウイリアムモリス」のカーテンをご紹介いたします♪

 

草加市I様邸

バルーンシェード

 

ベランダに大きくせり出した「開放感」いっぱいの
居心地の良い、ダイニングスペース。

全面ガラスで、窓からの景色と、風通しの良さと、

天井はゆるやかに傾斜していて、
それがまた、不思議な「解放感」。

 

「開放感」と「解放感」・・・(意味の違いは調べてみましょ~)

 

住み慣れたお住まいのカーテンの掛け変えに、
I様ご夫妻がお選びになったのは、

ウイリアムモリスの「いちご泥棒」。
数あるウイリアムモリスのコレクションの中でも、
いちばんファンの多い柄かもしれません。

ウイリアムモリス

お~!圧巻です~♪

 

多角形のカーテンボックスに沿ってお作りした、
フラットバランスは、
イギリスの輸入生地、HARDYの、モアレ柄。

いちご泥棒

 

深い紺色モアレ生地の色名、その名も「Night」
合わせた、ブルーグリーンのトリムが鮮やかに引き立てます。

レースは、たっぷりとボリュームをつけた、バルーンシェードで。

バルーンシェード

 

ウイリアムモリス&バルーンシェードで、ゴージャス~

バルーンシェード

ウイリアムモリスのファブリックは、

もともとは、イギリスの伝統的な綿プリントのファブリックで、
現在は、英国サンダーソン社の生地として
日本では、「マナトレーディング」さんがお取扱いされておりますが、

これは、川島織物セルコンの、「織物」としてのウイリアムモリス。
また、ちょっと違う魅力のある「いちご泥棒」なのです。

さすが、日本が誇る「川島織物」の技術とイギリスの伝統美の合体!!

織物だからこそ表現できる豊かな色彩♪
今、弊社では、この川島さんの「モリス」の方が人気なんですよ。

 

いちご泥棒

 

贅沢に、たっぷりと「ウイリアムモリス」にひたる空間。

ウッディなレールとの相性も良いのです。

ウイリアムモリス

わわ~、本当に贅沢~♪

ウイリアムモリスは19世紀の英国を代表する芸術家。
「近代デザインの父」とも呼ばれ、偉大な思想家、詩人でもありました。

豊かな英国の自然をモチーフに創作された、
壁紙やテキスタイルのデザインは、100年以上たった今でも
多くの人に愛され、とても人気があります。

いちご泥棒

 

 

とっても素敵なお人柄のI様ご夫妻。
訪れる度に、楽しい会話でついつい長居をしちゃいます。

バルーンシェード

久々の、カーテンの作り変えだったそうなのですが
そのお手伝いが出来て、光栄でした♪

素晴らしい存在感の、ウイリアムモリスのカーテン、
きっと末永くご愛用いただけることと思います。

I様、本当にありがとうございました。



皆様こんにちは。 東和商会の伊賀です。

すっかり夏の暑さは影をひそめ、朝晩の肌寒さを感じる頃となりました。
これから、どんどん秋が深まり、街の景色の色合いも、
深みのあるカラーになってゆくのですね。

今日は、数日前にお取付けをした、
とっても、クラシックで深みのあるスワッグ&テールをご紹介。

 

東京都のT様邸です。

グリーンのスワッグ

ここは、何かの記念館?歴史的な建造物?と
見紛うほどの、重厚で、豪華なインテリア。

いえいえ、一般のお住まいなのですよ、これが。

グリーンのクッション

いかがでしょう?深いグリーンのスワッグバランス。

お部屋の壁紙、家具にも、本当によく似合っています。

T様は、とっても仲良しなお母様と、大学生のお嬢様で、
ずっと、こんな色味のグリーンを探していたのだそうです。
確かに、ありそうでないこのグリーン。

スミノエ、「モードS」にありました。

レースは、たっぷりのフリル付。クロスオーバーにして
エレガント&ゴージャスに。

テール部分には、共生地で作ったコサージュを付けて。

レース編みのテーブルクロスは、なんと60年前におばあ様が編まれたものだそうです!
大切に使ってこられたことが、とっても素敵に思えます。

こちらは、お母様のお部屋のオーストアリアンシェード。

オーストリアンシェード

通常は、レース生地で作ることの多い、オーストアリアンシェードですが、
これはドレープ生地で作ったもの。

生地は、五洋のエリザベスのアイボリー色。

この光の透け感がまた何とも言えない雰囲気です。

アンティークの家具

長年愛用されたロッキングチェアーと、
おばあ様の代からのライティングデスク。

薔薇の壁紙が、なんてエレガント。洋書の1ページの様です。

 

お手洗い前の、小さな小窓には、
弊社お得意のプチバルーンシェード。

こちらは、エリザベスの淡いピンクの生地でお作りして
裾には、マナトレーディングの「チェリーフリンジ」でラブリーに。
(写真ではちょっとわかりにくいかも。)
プチバルーン

まあ、とにかく、どのお部屋も素晴らしく、素敵なのです。

ただでさえ、素敵なお部屋が、こだわりのウインドートリートメントで
なおいっそう、素敵になる・・

そんな施工例の見本のようなT様邸です。

ご新築の新しい建物の中に、
長く、大切にお使いになってきた物が息づいており
それらが、このカーテンを歓迎してくれている。

そんな感じのT様邸。

T様は、大学生のお嬢様が中心となり、何度も打ち合わせを重ねてきました。

それだけに、お取り付けの日は、お客様も、私どもも、感動ひとしお(涙)

T様、本当にありがとうございました。
とても、素敵なT様ファミリーが、いつまでも仲良く幸せでありますよう
心から、願っております。