‘デザインカーテン’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

もう、なんだか6月末にめちゃくちゃ
予定が集中してしまい、
てんてこ舞いしております。

 

お天気もジワジワと夏っぽく、
暑くなってきましたね~

 

新築現場での採寸は、暑さも覚悟なので、
せいぜい、水分とって頑張りますっ!

 

熱中症になりかけた経験のあるワタクシ、
もう、それだけは怖くてしょうがない。

 

 

さて、弊社ショールームのカーテンに、
新しいのが加わりましたので、
お披露目です♪

 

花柄ベルベット

 

前にもチラリ紹介しました、
イギリス「クラーク&クラーク」の
ベルベット生地。

 

花柄ベルベット

 

「デジタルプリント」による、鮮やかな花柄。

素材感は・・・きゃ~すべっすべ!

 
このなめらかな手触り!
贅沢な気分になります。

 

花柄ベルベット

 

色違いでクッションも作りました♪
この色と柄の雰囲気、お好きな方も
多いのではないでしょうか。

 

 

さて、今日のタイトル「塔屋」ですが、

それなんだっけ?という方の為に説明。

 

輸入住宅などに多いお家のデザインで、
丸く塔のようになっていて、
とんがりお屋根で、小窓が並んでいて、

そうそう、お城みたいな。

 

弊社のお客様、
そのタイプのお家率がメチャ高い。
(半分以上はそのタイプかも・・)

 

それで、その塔屋の窓をどーするか、
ってゆーと、

 

これまた圧倒的に「バルーンシェード」
なのであります。

 

 

千葉県H様邸

 

お城みたいなカーテン

 

塔屋に小窓が並ぶ時、
その窓のデザインを生かすのは、

やっぱり、1窓1窓をそれぞれに
装うことかな~と思うのですが、

 

バルーンシェードだと、
いっそうエレガントなイメージです。

 

お城みたいなカーテン

 

生地は、フジエテキスタイルの「サバイ」
ヒダのところを、アイボリーの生地で切り替え。

 

そして
今回の主役は、この柄生地。

 

チューダー

 

五洋インテックスの「チューダー」です。

 

このクラシカルな色と柄が新鮮!
とても気に入っていただきました。

 

お城のようなカーテン

 

フラットバランスは、
先ほどの「サバイ」で。

 

すべての窓を同じ生地にするのではなくて、
柄生地と、無地でバランス良く配分♪

 

輸入住宅のカーテン

 

 

柄生地のバルーンシェードも、
ヒダの部分は無地の切替え。

 

無地のネイビーが、アクセントに♪

 

バルーンシェード

 

トリムも、濃紺のフリンジタイプ。

 

部分的に木を使った、
温もりのあるお部屋のテイストに、

 

雰囲気のあるシャンデリア。

 

お部屋にすご~く、似合っておりました♪

 

輸入住宅のカーテン

 

キッチンの小窓は、
なるべく出っ張り抑えたいところ。

 

火を使うところでもありますし、
収納庫にも干渉しないよう、

 

おしゃれなカーテン

 

このキッチンの窓のみ、
枠内にプレーンシェードとして
スッキリと収めました。

 

小窓にシェード


弊社おなじみの、
上部にフラットバランス付きの
プレーンシェードです。

 

レースはすべての窓に
カフェカーテンとしてお取付け♪

 

お城風カーテン

 
すべての窓を柄物にすると、
ちょっと圧迫感あるかな~という時に、

 

無地の生地もミックスすることで、
「抜け感」が出て、
全体がマイルドになります♪

 

輸入住宅のカーテン

 

クラシカルな柄と、深い紺色の
素敵な窓装飾となりました。

 

輸入住宅のカーテン

 

 

H様は、昨年12月にご来店いただき、
じっくりと、
時間をかけて生地やデザインの
ご検討いただきました。

 
色々なプランがあった中、
この「チューダー」を使うことに
最終決定していただいたところ、

 
いよいよ生地発注という段階にきて、
肝心の「チューダー」の欠品!
お引越し前の納品が危ぶまれるという事態に。

 

しかし、土壇場にて、
生地の入荷が突然早まり、

 

やっほ~間に合う良かった~♪

 

さすが持ってるね~
いや、私でなくH様がです。笑

 

無事に予定どおり、施工日に間に合い
仕上がりも大変お喜びいただけました。

 

 

H様ファミリーの新生活に、
弊社のカーテンがあること、
一緒に歴史を刻めることがとても光栄です。

どうぞ毎日がお幸せでありますように!
またいつかお役に立てたら幸せです。

 

H様、
この度は本当にありがとうございました!

 

 

*********************

 

さて、本日は、まだまだ続きます。

 

先日、日光に本社をおく、
ファブリック専門代理店、
「株式会社ユザワ」様にて、
カーテン上飾りのセミナーを行いました。

 

日光金谷ホテルの窓装飾も、
手がけられているユザワ様なのですが、

 

日光金谷ホテル

 

湯沢社長様のおはからいで、
金谷ホテルの担当者様から、

特別に、館内の色々なお部屋を
見学させていただきました。

 

 

その中でいくつかご紹介です。

日光金谷ホテル

 

伝統を感じる、落ち着いた客室。
窓からの景色もホント素晴らしい。
大きなシェードの生地は、
川島織物セルコンが誇る「Sumiko Honda」

って、それだけじゃーないの、

なんと、
アインシュタインが泊まった部屋。
アインシュタインですよ!

 

 

さすが、日本最古の西洋式ホテル。
登録有形文化財!

 

日光金谷ホテル

趣きのあるレストラン。
日光東照宮を思わせる柱の、
「彫りの装飾」が素晴らしいのです。

 

しかしカーテン屋として気になるのが、
やっぱりこれ。

 

日光金谷ホテル


これまた年代物。
明治時代のカーテンレールなのだ!

 

 

昼間は入れない、バーも、
中を見たくてしょうがない私の
念力が通じたのか、中を見せて下さり、

 

日光金谷ホテル


あらら~ん、素敵♡

てな感じでまだまだ本当はたくさん、
歴史を感じるお部屋の数々を見せて
いただいたのですが、

 

またの機会に、
日本の歴史と伝統シリーズって感じで、
ご紹介出来ればと思います。

湯沢社長様、金谷ホテル様、
本当にありがとうございました!

 

東和商会HPはこちら
http://www.curtain.co.jp

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

梅雨明けしてますよね?きっと。
いやまだ梅雨明け宣言前だけど。

 

これ、真夏の日差しだよ~
もう、言っちゃおうよ、梅雨明けしましたよって。

 

そんな感じのジリジリ暑い日々ですが、
3連休、皆様いかがお過ごしでしたか?

 

私は、連日のお打合せでした。

 

只今お打ち合わせ中の、どのお客様も、
素敵なカーテンになりそうです。
お取付けがとっても楽しみ!!

 

さて、今日はいつもとちょっと違う、ご紹介内容です。

お客様ではなく、
「東和商会」の中にあるカーテン。

 

ショールームの様子は、ある程度ホームページでも見れますが、
今までご紹介してなかった部分、

つまり、東和商会の中の中の方~まで、お見せしますね。

 

 

手始めに、これは最近やってきたばかりのソファー。

 

ソファーの椅子張り

 

可愛い一人掛けの椅子ですが、
素敵なフランス製の生地で椅子張りをお願いして、
出来上がってきたばかり。

 

トワルドジュイのソファー

 

生地は今とても人気のある、「トワルドジュイ」です。

 

でもタネ明かしをすると、
実はこのソファーの本体、IKEAで1万円以下で買ってきたもの。

 

可愛いソファー

 

生地だけフランスから取り寄せ、
専門の業者さんに椅子張りだけをお願いしたのです。

 

椅子張り費用は、それなりにかかりますが、それでも、
世界にひとつだけの、オリジナル感。
好きなファブリックのソファーが出来る楽しさが味わえます♪

 

ソファーの椅子張り

 

左側ににかかっている、スワッグバランスや、
グレーのカーテン(フィスバ)とも、
不思議にマッチしております。

 

 

さて、ショールームを出て、社屋に入っていきますよ~
まずは、正面入り口にあるカーテン。

 

はいこれが、弊社のイチバン人気でもる、
「リボンスワッグ」です。

 

リボンスワッグ

 

生地は、やはり一番人気の五洋「エリザベス」で。
このお姫様系のデザイン、ご希望も多く、
同じデザインのたくさんの施工例がブログにも登場してます。

 

お見積り依頼をいただき、
「まずは、弊社で人気の生地でお見積りしてみますか?」
という場合、この生地でのお見積りになります。

 

ずんずん進み~、次はオフィス内の窓~♪

 

オフィスのカーテン

 

わわわ~、なんだか雑然としてて、お恥ずかしいですが、
ま、窓、窓の方を見てください~(汗)

 
オフィスのカーテン

 

はい、窓よ、窓の方を見て下さい~
何かが積み上がっているのは気にせずに~(汗)

 

オープンスワッグ

 

ピンクのスワッグは、「オープンスワッグ」と言って、
上部が空いていますので、後側にフラットバランスを合わせ。

 

 

白いバルーンシェード


「タイ」または、「ジャボ」と呼んでいる、
ぶら下がる部分とコサージュがアクセント。

窓の枠の中には、白いバルーンシェード。
フリル付のラブリーなタイプです。

この窓は、五洋インテックスとリリカラさんの生地で出来てます。

 

 

ストライプのバルーンシェード

 

こちらは、同じバルーンシェードでも、
かなりカジュアル感。

カラフルなストライプの生地はフランス「テヴェノン社」のもの。

スリット部分の生地を鮮やかなピンクで切替。
結ぶタイプのリボンをつけて。

バルーンシェードも生地とデザインで
かなり違うものになることがわかると思います。

 

 

プレーンシェード

 

こちらは、シンプルなプレーンシェード。
五洋インテックスの新しいコレクションから、生地を選んでみました。

上部には、フラットバランス付き。

 

ビーズ付きデザイン

 

でも、ビーズトリムは「フジエテキスタイル」の商品。

こうやって、いろんなメーカーの資材を組み合わせて
製作可能なのが、弊社が選ばれる理由かな~と思います。

 

 

箱ヒダバランス

 

 

これはちょっと珍しい。
プレーンシェードと、箱ヒダバランス
(ボックスプリーツバランス)

バランスの方は、無地との切替をして、
チラ見せしてるのが良いでしょ?

 

トワルドジュイのシェード

 

生地は、先ほどからやたら登場している、
フランス「テヴェノン社」のトワルドジュイ。

裾の仕上げを曲線的にカットして、フリンジなどを付けるのが、
弊社のお得意なデザインです。

 

は~い、次は工場の中に入りま~す。

 

工場のカーテン

 

工場の窓という窓には、すべてデザインカーテンがついています。

 

 

キングストンスワッグ

 

 

これは、キングストンスワッグ。

 

そしてこちらは、ジョージアンスワッグの、
ちょっと真ん中が変わったデザイン。
細かいところに、ギンガムチェックを使って
凝ったデザインです。

 

ジョージアンスワッグ

 

ちっちゃなところにも、あちらもこちらも、
なんかしら付いてます。

 

ゴブレットプリーツ

 

これは、ゴブレットプリーツバランス。
丸い筒の様な部分には、詰め物がしてあります。

 

 

スモックギャザー

 
スモックギャザーのバランス。
これはめちゃくちゃ大変な手作業!
あまりにも手間のかかる縫製なので、
もはや芸術品とも言えるかも~

 

工場内はかなり広いので、このくらいにしまして、

 

次は、スタッフが休憩時間をすごす食堂に突入~!!

 

北欧調のカーテン

 

窓じゃないけど、カーテン付けちゃった~!
北欧調の、楽しい生地を使った「フラットバランス」

 

 

北欧調の生地

 

スウェーデンの生地、シナマークの「CAPRI」と、
マナトレーディングのギンガムチェックの合体!

 
北欧調のカーテン

 

それをつなぐ、トリムは、
マナの「ミリーポンポン」

 
みんなが食事をするところだから、
楽しくなるようなデザインと明るい色使いにしてみました。

 
フラットバランス

 

ふたつ並んだ腰窓の方は、グリーンのチェックで。
デザインもちょっと変えて♪

中のレースカーテンは、マナトレーディングの
「リュリュ」

 

北欧調のバランス

 

カーテンのおかげか、室内がパッと明るくなり、
みんなの会話も弾んでいるみたいです。

 

さて、色々ご紹介してきました、社内のカーテン、
いかがでしたか~?

 

オーダーカーテン、とひとくくりにしてしまうと、
なんだかゴージャスなもの。な、イメージですが、
(エレガントだったり、重厚な感じだったり)

 

実は、生地とデザインで、どのようなテイストにも
作ることが出来るのです。

是非、自由な発想でカーテンを楽しんでもらいたい、と
思う東和商会でした。

さて次回は、女子の憧れ、お城のようなカーテンをご紹介の予定です。
どうぞお楽しみに~♪