‘バランスカーテン’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

台風です!
現在、こちら埼玉の越谷は大荒れです。

 

それでも、
本日2件の取付け工事を済ませてきました。

 

ちょうど午前10時頃から、午後3時くらいまで、
ウソのように雨がやみ、

 

その間に終わらせることが出来たのです。
(これ間違いなく晴れ女パワー 笑)

 

さて先日、日本ファブリックス協会(通称NIF)が、
「窓装飾プランナー」を対象とした企画の
見学会に行ってまいりました。

 

場所は、「富岡製糸場」と、
「黒沢レース」さんです。

 

富岡製糸場は、皆様ご存じの世界遺産。

 

富岡製糸場

 

この「トラス構造」の屋根も見どころのひとつ。
140m300釜の自動繰糸機は圧巻です。

 

 

黒沢レースさんは、色んなメーカーのレース生地を
専門に作っておられる企業さんです。
(HPをご覧になると、工場内の様子が見れますよ~)

 

黒沢レース

 

黒沢レースさんは、
大ヒットしたドラマ「陸王」のロケ地でもあるのです。
(生地工場のシーン、何度かありましたよね。)

 

生地の出来るまでの工程を見学すると、
ひとつの生地を作るのがどんなに大変か、

どれだけの人の手間と時間がかかっているか。

 

もっともっと生地を大切に扱いたい。
という気になります。

 

ものすご~く暑い日だったのですが、
色々な方と出会えた、有意義な日となりました。
さてさて、前置きが長くなりましたが、

 

本日のタイトル、
吹き抜けの素敵なおうちのご紹介です♪

 

 

神奈川県川崎市H様邸

 

吹き抜けのカーテン

 

 

じゃじゃ~ん!!

 

吹き抜けのカーテン

 

 

下から見上げてみる~

すご~い迫力~♪

 

 

ディズニーランド風カーテン

 

大きく、そしてスッキリとシンプルに仕上げた
「スワッグ&テール」

 

ライトグレーの生地が、とってもシック。

 

お城みたいなカーテン

 

H様は、お家の建築が始まる前から
カーテンのご相談をいただき、

 

吹き抜けの窓に、「スワッグ&テール」を
お取付けするという確固たるご希望のもと、

 

カーテンボックスをどのように作るべきか、など
たくさんのやり取りをさせていただきました。

 

かれこれ、2年以上前のこと。

 

吹き抜けのカーテン

 

この窓を、どんなふうに装うのか、
本当に長い間、検討に検討を重ねていただきました。

 

ホテルみたいなカーテン

 

 

一番にこだわられたのは、生地のお色。
エレガントでグレイッシュなトーンをご希望でした。

 

トリムは、マナトレーディングの
「ヴィヴァルディボールフリンジ」

 

このあたりは、ゆずれない、お好きなテイスト♪

 

五洋インテックスカミュ

 

そしてレース生地。

 

吹き抜けのように、丈が5m以上あるカーテンの場合、
生地の選択肢は、かなり制限がでてきます。

 

刺繍などでデザインされた、
いわゆる「横使い」タイプの生地は、
生地巾の問題から、吹き抜けには使用できません。

 

でも、H様がどうしても使いたかったのが、
五洋インテックス「カミュ」
(思いっきり代表的「横使い」の人気レース)

 

使いたい、使えない、そのモヤモヤは、
きっと、ずーっとH様の心を悩ませてきたに
違いありません。

 

そして、最終決断。

 

なんと、横使いの生地をつなぎ合わせることに!!

 

ディズニーランドみたいなカーテン

 

えーっ!!ホントに?

H様からそうご指示いただき、
いやホント、ビックリしたのなんの。

 

H様、これはなかなかのチャレンジですよ~
果たして、そんなことが出来るのか?

 

なんとっても、刺繍のダマスク柄ですから、
縦に繋げるなんて想定にない生地なのす。

 

柄合わせがうまくいくか、
ヒダがちゃんとキレイに出るか・・・

 

その縫製により、考えられるデメリットも
良くご説明させていただきましたが、

 

でも、そんな事例が他にもあるとのことで、
これまたビックリなのでした。

 

しかし、やるからには、
弊社の技術の粋を集めて、
おかしくないものを、作らなければ。ってことで

 

 

吹き抜けのカーテン

 

その結果・・・・
ご覧下さいませ。違和感ありません。

 

ほ~、これはすごいんじゃないですか?
綺麗ですっ!

 

縫製スタッフの技術力にも感謝。
H様もほっと一安心。お喜びいただきました。

 

でも、これ、同じことやりますと、
なかなかのチャレンジャーになるので、
色々覚悟の上で、ということになります。(汗)

 

今回綺麗に出来たことは、ミラクル~なことで。

 

そして、レースカーテンは実は2枚掛かっています。
この刺繍のレースの後に、無地のボイルレース。

 

「カミュ」だけでは、透け感があり過ぎるので、
その対策に、ボイルの無地を重ねた訳なのです。

 

 

刺繍のレースカーテン

 

 

そしてドレープ用のレールは、「紐引きレール」
手動で、紐を引いて開閉するレールです。

 

 

吹き抜けのカーテン

 

 

「紐引きレール」は、
このように、端っこに長いコードが下がります。

 

つまり、この窓、
カーテンボックス内には3本のレールが付いています。

 

お城みたいなカーテン

 

 

シンメトリーに位置する小窓は、
人気のアイアン調レール、「クラスト19」で。

 

シンメトリーな窓

 

 

カーテン丈は、床までの長さに。

 

 

シンメトリーな窓

 

 

ダイニングルームにも、同じように
「スワッグ&テール」

 

お姫様みたいなカーテン

 

う~ん、エレガント!
白&ライトグレー 素敵です♪

 

こちらの窓は、巾に合わせて
スワッグ3個のデザイン。

 

弊社では、一番オーソドックスなスタイルですが、
一番シンプルで美しいとも言えます。

 

豪華なカーテン

 

スワッグ(丸い部分)が、
生地をバイアス状にして作れる大きさというのが
肝心なのです。

 

生地を45度の角度で製作したスワッグは、
なめらかで美しいヒダとなります。

 

ホテルライクなカーテン

 

 

さて、素敵なH様邸は、次回に続きます。

 

可愛い、バルーンシェードと、
クラシカルなプレーンシェード、
どうぞお楽しみに!!