‘バラ柄のカーテン’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

いきなり涼しい!
台風の影響だそうですが、

 

それにしても、

連日の猛暑に疲れてしまったので、
この涼しさにちょっとホッとしたりして。

 

いよいよ今週末からは、
弊社も「お盆休み」に入ります。

 

 

さて、今日は前回からの続きで、

 

川崎市H様邸のご紹介 第2弾でございます!

 

輸入住宅の魅力のひとつ、
塔屋になった連窓がありますね。

 

弊社では、なんといっても
「バルーンシェード」が人気です♪

 

バルーンシェード

 

特にこの大きさのものを
弊社では「プチバルーン」と呼んでいます。

 

メルヘンチックなカーテン

 

バルーンシェードはお高いのでは?っていうのが
常識みたいになってますが、

 

弊社の場合は、
プレーンもバルーンも同じ値段!!

 

え~っ!って驚いていただけました?

 

外国みたいなカーテン

 

ただし、生地1巾で作れる大きさが
条件なのですけどね。

 

なぜそれが可能なのか、
それはまた今度ご説明しましょう~

 

輸入住宅のカーテン

 

人気のバラ柄です。
ピンクのトリムをつけて、可愛く♡

 

 

 

こちらは、ご主人様の書斎。

 

書斎のカーテン

 

赤いダマスク柄、クラシカルで素敵です。

 

輸入生地PASAYAの「ベートーベン」
とても人気があったのに廃番になってしまい、

 

赤いダマスク柄のカーテン

 

 
でもH様のご希望で、
ダメもとでメーカーに聞いたところ、
なんと少し在庫がありました!ラッキー♪
(聞いてみるもんですね~。)

 

アーチ窓のカーテン

 

カーテンレールを付けるにあたり、
アーチ窓を出すか、隠すか、
いろんな場合がありますが、

 

H様は、アーチを生かす形でのスタイルで。
アイアン調のレールがお似合いです。

 

クラシックなカーテン

 

カーテン内側に小さめのトリムを付けて。

 

さりげなく、ゴールドの差し色になり、
高級感アップ!

 

赤とゴールドって、永遠にかっこいい♪

 

 

輸入住宅のカーテン

 

シェードの方は、上部にフラップ付。
キータッセルも付けて、いっそうクラシカルに。

 

 

それから、こちらのお部屋は、
レースカーテンだけを、ご依頼いただきました。

 

クロスオーバーカーテン

 

上飾りは、後々付けるご予定で、
バランスレールだけを先にお取付けしました。

 

シンプルなボイルレースでお仕立てした、
「クロスオーバースタイル」のフリル付カーテン。

 

たっぷりと、ボリューム感を出してセットすると、
エレガントで、とっても可愛いです。

 

 

さて、2回に渡り、ご紹介してきたH様邸。

 

 

前回のを見てない方の為に、もういちど、
リビングダイニングのご紹介。

 

お城みたいなカーテン

 

じゃ~ん、迫力の

「スワッグ&テール」なのです。

 

吹き抜けのカーテン

 

おお、やっぱり素敵!

 

輸入住宅のカーテン

 

建築段階から2年以上にわたり、
お打合せをしてきたH様。

 

検討に検討を重ねて、
迷ったり、悩んだりしながらの長い期間があるから

 

完成したカーテンに、
いっそうの喜びがあると思います。

 

ホテルライクなカーテン

 

 

******************

(H様からいただいたメールの中の一部分です。)

吹き抜けやダイニングの美しいスワッグテールをみて、
これが家なんだ!とまだ驚いてしまいます(笑)
そして、お客さんが家に来ると吹き抜けのカーテンは
特に驚かれます。
ほんとに長いこと迷っていましたが、
無事色も決まって形になり、家のインテリアに
なじんでよかったと思います。

 

********************

とってもご満足いただいたご様子です♡

 

実はまだ継続して、お打合せ中の窓があり、
これは、じっくりと楽しみながら
決めていただきたいな~と思っております。

 

長いお打合せ期間となりましたが
その甲斐あって、とっても素敵に仕上がり、

 

私どもも、お取付けの際には、感慨ひとしおでした。

 

H様、本当にありがとうございました。
弊社にとっても、自慢の施工例となりました。

 

そして引き続き、
どうぞよろしくお願い致します♪

 

 



 

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

 

薔薇

 

白い薔薇じゃないんか~い!

というツッコミが聞こえてきます・・・

 

あ、いやゴメンなさい。
会社敷地内の片隅に、ひっそり咲いてるところを発見。

タイトルが、薔薇なもので、ついつい。

 

白い薔薇の方はこれからご紹介です♪

 
埼玉県K様邸

 
薔薇柄レース

 
ご存じ、「エリザベス」のバルーンシェード。
合わせたレースは、白い薔薇の刺繍が可愛い「カイラ」です。

 

 

バラ柄レース

 

 

大きすぎず、小さすぎない、ちょうど良い大きさで
可愛く薔薇の刺繍が並びます。

 

 

白い薔薇

 

 

このレース生地、すごく可愛い!!と、人気急上昇~

 

 

バルーンシェード

 

エリザベスと白いトリムの組み合わせ♪

 

 

エリザベスのバルーンシェード

 

 

 

掃出し窓には、フラットバランスを。

 

フラットバランス

 

 
薔薇のモチーフが大好きな奥様。
家具や小物にも、薔薇がいっぱ~い♪

 

 

フラットバランス

 

 

フラットバランスも、生地はすべて「エリザベス」
白いトリムで統一、お部屋の雰囲気に合って、
とっても上品な仕上がりです。

 

 

エリザベスのカーテン

 

 

可愛い~♪

 
エリザベスと何色のトリムを合わせるか、
これは皆様の悩みどころなんです。

 

なぜかと言うと、エリザベスって、何色でも合ってしまうから。

 

エリザベスのこの色自体は、何色でもうまく調和し素敵に仕上がるので、

 
お部屋の壁紙や床材、家具調度品のテイストに合わせる訳ですが、
K様邸には、本当に白が良くお似合いでした。

 

 

こちらは同じバルーンシェードでも、
生地は遮光タイプです。

 

遮光のバルーンシェード

 

シンプルな無地の遮光のドレープですが、
これも弊社で「遮光生地ランキング一位」の生地!

 

しっかり遮光しながらも、しなやかさがあり、
カーテンの場合は、ヒダ落ち感もバッチリ!

 

その中でもイチバン人気は、この淡いピンクです。

 

このレースも、すごーく素敵でしょ~?

 

素敵なレース

 

 

じわじわ、人気が出ております♪

 

 
プチバルーン

 

小さな窓には、「プチバルーン」
遮光生地でも、可愛く作れますよ。

 

 

掃き出し窓のカーテンは、フロントレーススタイルで。

 

フロントレース

 

 

フロントレースにするのにピッタリなプリントレースです。

フロントレースの楽しみは、このようなアレンジも出来ること。

 

フロントレーススタイル

 

 

まさにエレガント可愛いスタイルになりました。

 

淡いピンクと白でまとめられた、K様邸。
極め付けは、階段途中にある小窓の装飾です♪

 

小窓バランス

 

淡いピンクのレース生地で作った、スワッグ&テール。
窓の中には同生地で作ったカフェカーテンを入れて。

 

玄関の方からも見える場所にあり、
スワッグ&テールのデザインは、アシンメトリーに。

薔薇のようなコサージュがアクセント。

 

レースのスワッグ&テール

 

レース生地で作る、スワッグはとっても柔らかで
ふんわりとした可愛らしさがあります。

 

はい、下から見上げるとこんな感じ~

 

小窓飾り

 

さりげないけど、ハッとさせられますよね。

 

こういった小窓も大切になさると、
住む方だけでなく、お客様からの印象も、かなり違います。

 
とっても可愛い白とピンクのK様邸。
いかがでしたでしょうか~

 
当日、お立合い下さった奥様には、とってもお喜びいただき、
その日、お仕事だったご主人様からは、
翌日、とーっても嬉しいメールを頂戴しましたよ~

 

*******************************

 

この度は本当にお世話になりました。
カーテンの出来映えにただただ感動しております。

私は北海道出張のため、実際に見ていないので帰るのが楽しみです。
妻から写真を見せてもらいエレガントなカーテンに仕上がりあまりにも素敵で我が家じゃないようです。
色々とカーテン屋さんを周りましたが、希望以上に仕上げて下さった東和さんに本当に感謝しています。私達には御社のカーテンは敷居が高いと感じておりましたが妥協せず、お話を伺い理想以上のカーテンに出会え、
本当に良かったです。
カーテンの生地やカーテン技術についても丁寧に教えて頂きとても勉強になりました。
素敵なカーテンと共に生活を送る上で私達自身もカーテンに見合う人として素敵でありたいと思いました。

 

*******************************

 

なんてなんて嬉しいお言葉!!(涙)
本当に、お仕事冥利につきます。

 

K様、この度はこちらこそ、本当にお世話になりました。
いつもいつも、超レスポンスのいいメールのご返信に、
何度も助けられておりました。

 

そして、追加のご注文もいただき、誠にありがとうございます!
今後とも、長いお付き合いをしていただけたら幸せです。

 

ご新居での暮らしの中に、東和商会のカーテンがあり、
K様ファミリーと一緒に、その歴史を刻めることがとても光栄です。

 

どうぞ長く、ご愛用いただけますように。

この度は本当にありがとうございました。

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

すこし前にここにも書かせていただいた、那須塩原からお越しいただいたお客様。
先日、そのお宅の取り付け工事をしてまいりました。

とにかく素敵なU様のお宅。採寸に訪れた時から、早くご紹介したくて
この日を楽しみにしておりました~

さ~て、どこからご紹介いたしましょうか~♪

やっぱり、やっぱり、ここからでしょう。
バラの花に囲まれた、この広々としたリビングルーム。

5連窓のバルーンシェード、とってもラブリーです。

バルーンシェード

実は、U様が弊社にお越しになったきっかけは、このバルーンシェード。
弊社ブログで紹介していた、同じく5連窓についたバルーンシェードの施工例を見て
遥々、那須塩原から来て下さったのでした。

使用した生地は、イギリスの輸入生地、クラーク&クラーク。
まさにイングリッシュローズといったバラ柄の生地は
コットン100%の風合いが、持ち味。
バルーンシェードにした時の、自然なクシュクシュ感は、たまりません!

バルーンシェード

しかしながら、最初、一度はこれを諦めかけたこともありました。
な、なぜに?

ボウウインドウ状になった5連窓は、最近とっても多いデザインですが
ひとつひとつの窓の面は直線的、つまり5角形になっています。

しかし、U様邸の場合、
よくあるそれと違い、壁面は完全な曲線なのであります。
ゆるやかな美しいアールのついた壁面に対して、
カーブレールを取り付け、カーテンにすることは可能なことですが、

バルーンシェードのメカのような直線的なものをどう付けるか!?
ちょっと難しいことと判断し、
最初は、窓枠内の天井付けをおすすめしましたが・・・

それでは、奥様の思い描いていたものとは、大きさ、雰囲気、ぜんぜん
違うものになってしまう。

ものすご~く、がっかりされた奥様。
そりゃそうでしょう。だって、それがご希望だったからこそ、
遠くからお越しになったのですから。

う~ん、なんとかしたい。なんとかしてご希望どおりのものをお作りできないか?

そこで、チャレンジしてみたのが、スペーサーに角度を付け、ブラケットに挟み込む方法です。
2個のスペーサーを左右対称に角度をつけてみたらどうかと。

グランダーで、丁寧に削り、ちょうど良い角度に合わせ・・・・
スペーサーを、下の画像のような形に。

スペーサー

それと、ブラケットを重ね、メカを壁に合わせてみたところ、
あらら、い~じゃないですか。ぴたーっと壁にみっちゃ~く!!

これ、社長のアイデアです。
よそでは無理と言われることをやってみせる。
不可能を可能にして、喜んでいただく。これがいつも社長の信条。
(もちろん、絶対ムリ~なこともありますが。)
ご主人様とも相談し、その方法でやってみることに。

 

スペーサーの準備をしてくれたのは、川名工場長。
微妙な角度を揃えなければ、壁に密着しない為、慎重に削ります。
本職のミシンと違い、勝手の違う作業。

バルーンシェードの台数分×2個づつ、合計10個を削ること半日。
工場長、ありがとーっ!さっすが丁寧な仕事してくれます♪

初めての試みだけに、少し心配していたのですが、
その日の工事担当者もまた凄腕の職人なので、まったく問題なく
私の心配など、要らぬことだった訳ですね。

スタッフ協力のもと、奥様のご希望どおりに施工することが出来て
大変お喜びいただけました!

curtain

いかがですか~?
まるで、バラの香りがしてきそうな、華やかなカーテン、シェードに囲まれた
リビングルームです。

バルーンシェード

それにしても、どうですか、この素敵な間取り。

5連窓の前の仕切りのような壁は、その上の天井から
ホームシアターのスクリーンが降りてくるようになっています。

カーテン以前に、お家が素敵すぎ♪
ご主人様、奥様の構想1年。たくさんの「素敵」がつまったU様邸。
さてさて、続きはまた次回にたっぷりと。