‘ベルベット’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

世の中は、新学期、新年度、色々と初々しい季節ですね!

 

私にも、うん十年前、初々しい季節がありました。
時は昭和のバブル時代。

 
あ、歳が完全にバレますね~ 笑

 

でも、そんな若い時代より、
ありがたいことに今の方がずっと楽しい私です。

 

この仕事でなければ出会うことのなかった、
たくさんの方々が、
新鮮な毎日と、感謝と、感動を与えてくれます。

 

人生というのは面白いもんですね。
(なんかの歌詞みたい?)

 

さて、本日は皆様に驚いてもらいます~!

ご紹介しますのは、その名も
「ジェントルマンズハウス」

 

え~?それは何~?お家なの?
気になるでしょ~

 

画像をご覧になれば、このネーミングに納得ですよ。

 

ジェントルマンズハウス

 

煉瓦作りの素敵な建物。

東京都杉並区「ジェントルマンズハウス」は
N様邸でもあります。

 

表札にある、「DONGURI」(どんぐり)は、
このお家の主、N様(男性)のお好きなモチーフなのです。

 

ジェントルマンズハウス

 

玄関のドアを開けると、まずリビング的な空間に。

 

しかし、これはリビング、と言い切るにはちょっと違う。
N様は、このお部屋を仲間が集う社交場としての利用を
お考えなのでした。

 

赤いカーテン

 

広がる空間は、くつろぎのスペース。

 

現在、チェスターフィールドのソファーをイギリスに
オーダー中で、6月頃に搬入されるのだそうです♪

 

 

海外スタイル

 

靴は脱がないスタイルの「ジェントルマンズハウス」

 

 

ダイニングキッチンもこのとおり。

 

 

ジェントルマンズハウス

 

なーんて、さらりと紹介しておりますが、
もう、この時点で、かなりすごい。

 

ここから、さらに、すごくなる。
何がすごいって、何もかもなんですが、

 

私、伊賀の素直な感想をまず言わせてっ。

 

すーっ(息吸い込む)

「ここは、男の城なのだ~っ!!」

(ゼハーゼハー)

 

 

ひとまず、素晴らしいお部屋の数々をご紹介してから、
カーテンの話しにしましょうか。

 

素敵なキッチン

 

もう。カッコ良すぎでしょ。

 

まずは、この色使いにやられてしまった。
N様も、ドライウォールの壁のお色は吟味に吟味を重ね、
決定されたそうな。

 

ダイニングテーブル

 

 

ダイニングテーブルは、
1910年頃の英国アンティークのドローリーフテーブル。

素敵なテーブルクロスもお作りしたので、
これについては、また後ほど。

 

 

かっこいい書斎

 

書斎。

椅子はチェスターフィールドのタイプですが、
キャプテンチェアと呼ばれるものだそう。

 

デスク用は、1950年代に作られた
「リボルビングチェア」と言う、角度が変えられる椅子で、
購入後、かなりのメンテナンスを施し蘇った椅子なんですって~

 

 

赤い階段

 

 

歴史的建築物を思わせる、重厚な雰囲気の階段を上がります~

 

 

階段

 

 

大きな鏡は、1800年代の「オーバーマントルピースミラー」
その名の通り、暖炉の上に置かれていた鏡です。

 

 

アンティークの鏡

 

N様曰く、
フランスのボロボロなブロカントを購入し、リフィニッシュしました。
とのこと。
この年代の家具は、俗にナポレオンⅢ様式と呼ばれるのだそうです。

 

 

どんぐりの照明

 

この照明の形、なんだかわかりますか?
なんと、「どんぐり」なのです。
可愛い!

 

1920年代のアメリカ製のアンティークだそうで、
現在、大小セットで入手することは、とても難しく、
「どんぐり」を愛するN様にとって運命を感じる逸品とか。

 

 

パウダールーム

 

 

ここからが、私一番の感動ポイントでございます。

 

それっ!

 

パウダールーム

 

2台並んだ、重厚な雰囲気の洗面台

 

そこから続く、WIC

 

クローゼット

 

これって、映画とかで出てくるやつですね。
ざざざ~っと、スーツが並んでて、
さささ~って、服選ぶ、あれ。

 

N様こだわりの服と靴。
ずらずらっと並んでおりました。

 

「ジェントルマンズハウス」は、
男性でなくとも憧れる、N様こだわりの宝庫なのです。

 

 

といったところで、そろそろカーテンの話。

 

ほとんどの窓に、赤のベルベットを使用していますが、
実は、お部屋により、すこ~しずつ色が違います。

 

赤いベルベットのカーテン

 

素晴らしい窓のケーシングを生かす為には
枠内のお取付けになりますが、

 

もちろんN様もそれを希望されていて、
すべての窓に、枠内のフラットバランスをとのご要望でした。

 

このフラットバランスのアーチ型のカットも、
このラインに行きつくまでには、道のりがありました。

 

フラットバランス

 

 

N様のご要望を最大限に取り入れながらも、
縫製の立場からの意見もお伝えし、

 

 

赤いフラットバランス

 

最終的に、ご納得いただく形になるまでには、
たくさんの打合せを重ねたのでした。

 
施工に関しても、

窓枠内の有効奥行は6センチほどしかない為、
バランス、ドレープ、レース、と3つのアイテムを入れるには、
ちょっと工夫が必要です。

 

素敵な窓

 

まず、バランスレールは、枠ギリギリのところに天付け。

ここにドレープ&レースのダブルレールを入れるのは、
すでに厳しい状態なので、、、

 

ドレープ用に、細めのレール「ウィンピア」を。
その後側に、「グレイス11」を使用してカフェカーテンに。

 

赤いベルベット

 

ひとつひとつのカーテンは、小さいサイズですが、
生地の切り替えやトリムなど、とっても贅沢な仕様です。

窓の数は、合わせて24窓。
そのすべてに、ゴージャスなカーテンをお取付け♪

 

 

赤いカーテン

 

 

「ジェントルマンズハウス」は、
N様のお住まいであると同時に、大人の社交場でもあります。

 

すべてにこだわり抜いたインテリアは、
現在も、あちこち手をかけ、さらに素敵に進化中!

 

書斎のカーテン

 
こだわり方が半端じゃない!
見どころだらけの「ジェントルマンズハウス」
1回だけでは紹介しきれません。

 

次回は、その他のお部屋をご紹介致しますね。

ガラリと色を変えた寝室や、
素敵なテーブルクロスもね!

 

どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

今年も残すところ、あと数日!
あ~、2017年も、あっという間に過ぎていきました。

 

個人的に色々目標があったんですが、
達成出来なかったことばかり・・・

来年こそは~!!

 

 

さて、前回、前々回と、お届けしてきました、
東京都M様邸の、素晴らしきカーテン。

 

今回は、最終章となります。

 

これまでの流れをご覧いただいている方には、
もう、すっかりおなじみになった、

 

M様流、「重ねの芸術」とも言える、
ゴージャスなカーテンは、このお部屋にも。

 

 

マナトレーディング

 

深い青の生地は、「フィスバ」のベルベット。

 

手前の柄生地は、
マナトレーディング「オペラ」の青。

 

前回登場した、「オペラ」のピンクと同様に、
圧倒的な重厚感です。


ブルーのベルベット

 

その「オペラ」と、ブルーのベルベットの間には、
メタリックなシルバーの生地。

 

もちろん、すべての生地に、たっぷりとトリム付!
ベルベットの輝きが、全体をいっそう、ゴージャスに。

 

 

同じく「オペラ」を使った、
プレーンシェードがこちらです♪

 

プレーンシェード

 

素晴らしい柄なので、プレーンなシェードも、
十分に素敵になります♪

 

しかも、フラットバランス付きですから
小さな窓も、貫禄十分!!

ボールフリンジは、マナトレーディングの
「ルチェッロ」のゴールドで。

 

マナトレーディング

 

ツインシェードの後幕は、ダマスク柄のレースで。
キータッセルがアクセント。

 

それからそれから、

問題。この縦長の、なんでしょ~か?


オペラ

ご主人様のズボンプレッサーのカバーなのでした♪

 

シンプルにお作りしたものですが、
無機質な家電製品が、見事に変身!!素敵。

そして、クッションにしても、すごく豪華な「オペラ」です。

 

さて、3回にわたってお届けしてきました、
M様邸の素晴らしきカーテンの数々、
お楽しみいただけましたでしょうか?

 

つい先日、追加でまたご注文をいただきました。
今度は、お仕立てしたカーテンをお送りして、

なんとM様(女性)ご自身で
カーテンをお取付けされました。

 
それがこれ!

 

赤いカーテン


おお~!!な、な、なんてスゴイ。

いや、ホント、素敵!バッチリとお取付けされてます。

 

赤いベルベットのスワッグバランスとカーテン。
中には、オーストリアンシェード!


ベルベットのスワッグ


実は、カーテンレールではなく、天板となる木の板を
壁に取付けて、装着されているのですが、

いや、参りました、M様お見事っ!
とてもとても、一般の女性で、ここまでやれる方はいません。

 

その他に、色々とご自分で製作され、
そのお写真もいただきました。

ピンクのベルベット生地で作ったテーブルクロスや、
(このカーテンは、ち、違いますからね。)


手作りカーテン

 

ベルベットで作ったカーテン。などなど。

 

紫のカーテン

M様ご自身も、ソーイングが大好きなのでした。

 

弊社にご来店下さるお客様は、
どなたも共通して、カーテンにこだわりを持っておられます。

 

日々、そういったお客様と向き合っている弊社ですが、

 

M様は、その中でも一番とも言える、
深いこだわりと、希望を持っておられたお客様です。

 

共に、作り上げたという、大きな達成感を、
私どもに与えていただきました。

 

ゴージャスカーテン

特に、このリビングのカーテンは、
東和商会の「レジェンド」です。

M様、長きに渡り、本当にありがとうございました!
心から、お礼申し上げます。

 
素晴らしいお部屋で向かえる新年が、
最高の年になりますよう、お祈りしております。

 

**********************

2017年、今年も本当にたくさんのお客様に恵まれ、
素晴らしい方々との出会いがありました。

ご来店いただいた皆様に、心から感謝しております。

皆様にとって、素晴らしい新年となりますように!

**********************

*明日29日~1月4日までお休みとなります。

また、来年お会いしましょう!

 

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

ひゃ~、ずいぶんと間が空いてしまい、

 
東和商会は、営業しているのか?
紹介する事例、無くなったのか?
はたまた、伊賀は消えたのか?

 

な~んて、ご心配いただいていたことと思います。

 

本当に、ブログ書く時間がまったく取れないほど、
正真正銘、てんてこ舞いの日々でした。(汗)

 

本日も、あるお宅の採寸で、
その話になり、やはり、いつも楽しみにブログをご覧いただいて
いるそうで、

最近、更新されてないな~と思っておられたとのこと。(汗)

 

きゃ~!嬉しいやら、慌てるやらで、

 

まずは、少しだけでもアップしようかと、
たくさんあるうちの少しではありますが、ご紹介致しますね!

 

 

W様邸で~す♪

 

ブルーのカーテン

 

一体お住まいの地は?とのツッコミが聞こえてきそうですが、
それについては、後ほど。

 

これは、「趣味室」のカーテン。

ピアノや、ドラムなど、音楽好きなW様ファミリーの
まさにご趣味の為のお部屋です。

 

スワッグ&テール

 
スカイブルーのベルベット生地で作った、
スワッグ&テールと、バルーンシェード。

 

アクセントカラーにゴールドを効かせたところが
ゴージャス感をアップさせております♪

 

バルーンシェード

 

リボンの飾りもゴールドで。

 

バルーンシェード

 

幕を降ろすと、こんな感じ。
やわらかい、ベルベット生地なので、トロンとした落ち感。

 
一番下まで降ろしても、こんな風に、丸くキープするのが
弊社のおすすめ、「スタイル丈」の仕様。

 

ブルーのベルベット

 

ブルーとゴールド。こんなにも合うのですね!
それもそのはず、

 

実は、W様から理想のカーテンとしていただいた画像が
コレ!

 
午睡の間

 

ベルサイユ宮殿「午睡の間」です。
このようなお色使いを求めておられたW様でした。

 

デザインや、お色味については、
もちろん、微妙に違ってはいますが、

 

きれいなブルーとゴールドの組み合わせとして、
とっても素敵に仕上がりました♪

 

ブルーのカーテン

 

 

このピアノのあるお部屋、
素敵なカーテンにしたのには、実はもうひとつ
大切な理由がありまして、

 

「子供達が、ピアノの練習を楽しんでくれるように。」

という、お母様のねらいどおり、

 

ピアノとカーテン

 

お子様達は、カーテンをすっごく気に入ってくれて、
このとおり、ピアノのレッスンを自主的にされるように!

 

 

スワッグバランス

 

この「スワッグバランス」、真ん中のリボンが象徴的な為、
弊社では、「リボンスワッグ」と呼んでいます。

リボンは独立しており、ピンで着脱可能です。

 

今回、このリボンを、ブルーとゴールドでそれぞれ
お作りしたのでしたが、

その利用のしかたが面白い。

 

ゴールドのリボン

 

普段は、ブルーのリボンがついていて、
何か特別な日だけ、ゴールドに付け替えるのです!!
それはお子様達へのご褒美みたいな感覚で、
(例えば、テストで100点だったとか。)

 

お嬢様もそのご褒美に、ノリノリです。(笑)

 

さて、W様邸、所在地はかなり遠く、
通常はお引き受けが難しい地域であります。

 

今回も、W様邸の地域でのカーテンショップを
色々とご紹介させていただいたのですが、

どうしても、弊社に依頼したいとの、強いご希望で
1泊2日で、弊社に打合せに来られたこと、

 

弊社が採寸や工事におうかがいする為の
移動や宿泊にかかる、すべての費用を負担してでも。という

 
W様の、強い強~い、理想のカーテンへの情熱を、
弊社が受け止めました~!!という感じなのです。

 
そして、時期的に弊社のスケジュールも調整出来た。
という、良い条件が重なったことで、
実現出来た、ことでした。

 

ゴージャスカーテン

 

さ~て、まだまだ続く、W様邸のカーテン。

次回をお楽しみに♪

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

寒のもどりとゆーのですか、この寒さ!
「寒っ!」なお天気ですが、そろそろ桜も芽吹くのでは・・と

運転中も、桜の木が気になって、仕方ないのでした。
一昨年、お花見の様子をブログアップして、あれから2年?
早いものですね~

「桜の満開」もテンション上がるのですが、

「ゴールド」も、テンション上がる物の、ひとつですよね。
とても縁起の良いお色でもあります。

さて今日は、皆様にゴールドパワーのお裾分け。
ゴールド感たっぷりの輝くお部屋のご紹介です。

 

神奈川県O様邸

ゴールドのカーテン

 

ベルベットのスワッグは7個!
それだけでも、かなりのゴージャス感♪

ドレープカーテンは、ゴールドのクラシックボーダー、
ベルベット生地とお色を合わせて。

ベルベットのカーテン

 

レースは、人気の「トンベ」
う~ん、いつもいい仕事をしてくれます♪

7つのスワッグは、丈を微妙に変えています。
長いのと、短いのを交互に重ねた、豪華なデザイン♪

スワッグ6テール

 

マンションの高層階にある、O様邸からの眺望は、
なんとも贅沢な、素晴らしいものでした。

ゴールドのカーテン

 

ゴールド感あふれるお部屋のインテリア♪
折上げ天井の素晴らしい装飾!

おりあげ天井

 

こちらのお部屋は、少しラブリーなデザイン♪
中央のコサージュがアクセント。

コサージュ付きバランス

 

生地は同じですが、
バランスのデザインで、かなり印象が変わりますネ♪

スワッグ&テール

 

 

O様ご夫妻は、お好きなテイストがはっきりしておられ、
とてもスピーディーに、生地の決定をしていただきました。

仕上がりには、とてもお喜びいただけました♪

O様、施工時には、色々とお気遣いいただき、
本当にありがとうございました!

ご夫妻の末永いお幸せを、お祈りしております。



あけましておめでとうございます。東和商会の伊賀です。
今年も、どうぞよろしくお願い致します!

 

弊社は、本日から仕事初めとなりました。
皆様、どんなお正月をお過ごしでしたか?

私は、日頃忙しすぎて、後回しになっている事、
休みになったらやろうと思っている事、

いざ、たっぷり時間があると、なかなか重い腰が上がらず・・・
結局、時間の問題ではなさそうと痛感した伊賀でした。(反省)

さて、今回は、新年を飾るにふさわしい、
豪華な赤とゴールドのスワッグ&テール♪

神奈川県T様邸のご紹介から。

赤いカーテン

 

ご覧下さいませ。このゴージャス感!ボリューム感!
弊社の数ある事例の中でも、これほどの上飾りは無いかもしれません。

T様よりいただいた、ご希望のデザインは、下の画像!!
海外の事例の画像で、豪華絢爛な生地とデザイン。

同じ様に作るには、色々と難しい部分も。

海外のデザイン

これが、いただいた画像です。

たくさんのパーツを重ねたデザイン。
まずこれが、1本のバランスレールでは難しい!
設置する場所の、高さも必要になります。

何層にもなったパーツを、少し減らしていただき、
でもなるべくイメージが変わらない様なデザインをご提案しました。

それでも結果的にバランスレールは3本使用することに。

フラットバランス

まず、一番下には、個性的な形のフラットバランス。

 

オープンスワッグ

その上にはオープンスワッグ。

フラットバランス

そしていちばん上部には細いフラットバランスで全体をひとまとめに。
両サイドのテール部分は、ダマスク柄の上から、ベルベットを重ねての
2重になったデザイン!(社長、今年初登場!)

 

バランスレール

レールはこのようになっています♪

生地の厚みを考慮しながら、少しずつずらして付けたバランスレール。

お仕立てした飾りをうまく、3本のレールにピッタリ合わせるのは
実はなかなか大変な作業でした(汗)

 

スワッグ&テール

ダマスク柄の生地は、PASAYAの「グローリー」、そしてベルベットも赤!
コードや、キータッセルをゴールド系にし、
フリンジのトリムはブラウンで、全体を落ち着かせる効果♪

 

ゴージャスカーテン

おお~、なんというゴージャス感!!

スワッグ&テール

エアコンの位置の関係で、どうしてもこの高さからの設置になったのでしたが
不思議とそれも気になりません。

 

赤いカーテン

重厚でクラシカルなテイストの家具とも、良く合っていますよね♪

 

バルーンシェード

小窓の方は、おなじみのバルーンシェードで。

 

赤いバルーンシェード

赤いダマスク、格式あるイメージです。

ゴールドのブラケット

 

 

かわりまして、こちらはお嬢様のお部屋♪

ピンクのインテリア

ピンクで統一したとっても可愛いインテリア。

 

バルーンシェード

やはり、バルーンシェードが良く似合います!

 

アエリザベスピンク

生地はエリザベスのピンクで。
逆箱ヒダ部分に生地の切替をしたタイプです。

「スタイル丈」と、弊社では呼んでいる、
いちばん下まで幕を下ろしても、丸く形をキープするデザインです。

輸入住宅には、とても多い、このように塔屋になった連窓には、
バルーンシェードが本当に良く似合います。

お部屋はますますラブリーになって、
お嬢様も、お母様も一緒になって「わ~カワイイ!」と
大変喜んで下さいました♪

 

 

赤いスワッグ&テール

リビングダイニングのスワッグ&テールも、
ご希望のイメージに限りなく近く仕上がり、とてもお喜びいただけました。

それと共に、弊社の貴重な事例にもなり、
縫製したスタッフ、施工に関わったスタッフの自信にもつながりました。

豪華なカーテン

T様、心からお礼申しあげます。
本当にありがとうございました。

可愛すぎる、恥ずかしがりやのネコちゃんとともに、
T様ファミリーが末永く幸せでありますよう祈っております!