‘マリーアントワネット’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

わああ~っ!!
あっという間にこんなに間空いちゃった。

 

週イチペースで更新を目標としている
このブログですが、

 

ぜんぜん、ブログに手が出せないほど、
メチャ忙しい~!!
(ありがたや~)

 

と言ったって、
弊社があまりにも少人数なもので、
それでいっぱいいっぱいになるだけですが・・・

 

あんまり更新しないので、
ついに伊賀は死んだか?辞めたか?

 

そう思われてやしないかと心配で。
(誰も気にしてないか・・・)

 

1月頃にお打合せをスタートしたお客様が、
来週からはそれが形となって、
お取付け工事が続きます。
 

北に南に大移動しております。笑

 

それに皆様にご紹介したい施工事例も
たっくさん、たまっておりまして・・・・

 

それも、これからどんどんアップしていきますね!

 

さて、そんな中ではありますが、
情報収集も大事なのであります。

 

それと、今お打合せ中のお客様が、
ご希望されてることもあり、
素敵なフランスの生地を探しに行ってきました。

 

前々からお知り合いだった、
「D&T FRANCE」のオレーユ由季恵さん。

 

そのご主人であり、
代表のオレーユダビットさんは、
フランス親善大使でもあります。

 

フランスの生地、壁紙、家具、
ラグ、タペストリーなど、
フランスの国宝企業と呼ばれる
一流品をお取扱いされています。

 

弊社のお客様の多くが、
「フランス好き」なことは、
もう、本当にまぎれもない事実でして。

 

かく言う私も、
「ベルサイユ宮殿」の室内装飾に、
に心ときめかされる一人であります。

 

そんなフランス好きのお客様に、
ぜひともご紹介したいっ!と
今日は生地のオンパレード。

 

しばし、素敵な生地をご堪能下さいませ。

 

 

まずはこれから、

なな、なんと、

マリーアントワネット

 

マリーアントワネットの生地!
(きゃい~ん♡)

 

「Edmond Petit エドモン・プティ」が
今も作り続けている生地です。

 

アントワネットの時代から、
変わらぬ柄で作られているのです。

 

シルクのタイプもあるそうですが、
これはコットンプリント。

 

だけどお値段はかなりのものです・・・

 

これもアントワネットの柄モチーフ。


アントワネットの柄

 

 

アントワネットの柄

 

どのお色もメチャ可愛い。

マリーアントワネット好きの皆様には
たまらないかも~

 

アントワネット続きでいくと、
この素敵な椅子。

 

映画「マリーアントワネット」で、
実際に使われた椅子なんです!

テンション上がる!

 

マリーアントワネット

 

あ、この床の間っていうのがよいでしょ?
D&T FRANCEさんのショールームは、
メチャシブい、日本家屋なのですよ。

 

フランスと和の組み合わせ。
素敵です♪

 

アントワネット

 

実際、フランスの生地のモチーフの中には、
日本的な柄との共通点が多いかも。

 

たとえば、こんな感じ。
花とリボンで構成されているけれど、

 

なんとなく、懐かしい感じしませんか?


フランスの生地

 

着物や帯をイメージさせる生地は、
海外の高級生地の中にはとても多いのです。

 

こちらの素敵なイケメンさんが、
代表のオレーユダビットさん。

 

IMG_0961

 

オレーユさんのマスクの生地はこれ。
これまた素敵な柄ですね~♪


フランスの生地

 

 

こっちはちょっとシノワズリでもあるけど、
和な感じもあるなあ~


フランスの生地

 

ルイ王朝から続く歴史の中で、

日本にヨーロッパの柄が入ってきたり、
また逆に日本的な柄があちらに伝わったり、

いったりきたりしたのだろうなあ~と、
しみじみ思ってしまいます。

 

マリーアントワネットは、
日本の「漆器」をコレクションしていたと
いいますよね。

 

お母さんであるマリアテレジアから
続くものとして。

 

 

シノワズリな生地もたくさんありました。

これはモアレ地にプリントされた、
珍しいタイプ

 

シノワズリ

 

これまた、長い歴史のある生地たち。

 

シノワズリ

 

色使いもなんだか可愛いです。

 

シノワズリ

 

 

 

そして皆様が大好きな
「トワルドジュイ」

 
IMG_0953

 

こちらでお取扱いのあるトワルドジュイは、
「Charles Burger  シャール・ブルジェ」のもの。

 

フランスの老舗生地メーカーです。

 
トワルドジュイ風の生地は数々あれど、
正真正銘のトワルドジュイと言えるものです。

 

トワルドジュイ

 

 

トワルドジュイ

 

 

トワルドジュイは、
マリーアントワネットが最も愛したと
言われています。

今もとても人気がありますよね!

 

IMG_0973

 

こういった天使の柄は、
ルイ16世の頃から出てきたんだそうです。

 

ベルばら好きならご存知のことでしょうが、
ルイ16世はマリーアントワネットの旦那さんネ!
(ベルばら好きじゃなくても知ってるか・・)

 

それまでは、天使柄っていうのは
無かったんですってよ~ん。
意外です。

 

IMG_0974

 

天使の顔がちょいと
ぶちゃいくなのが本物感。

 

さて、忘れちゃいけない「ダマスク柄」も
少しご紹介しますね。

 

IMG_0952

 

うほほほほ~!たまりませんっ!
これこれ、こーゆーのが東和商会の大好物。

 

なんと、これ、
現在のエリザベス女王の寝室の壁に
使用されているんだそうです!

 

ひゃあ~、なんて豪華な壁なんだあ~
そりゃ女王様ですからね。
これくらいど派手じゃなきゃね。

 

この赤いのがいい~っ!!
こーゆーのも素敵です。

赤いダマスク


オペラ座とか、壁はこんなイメージ。

ベルサイユ宮殿の壁やカーテンにも、
似た感じのが使われたお部屋ありますよね。

 

オペラ座と言えば、この椅子は、
実際にオペラ座で使われているものなのです。

これまたテンション上がる!

 

IMG_0991

 

肘掛が片方にしか付いていないのは、
女性のドレスの為なのですって。

 

両方に肘掛があると
ドレスが収まらないから。
(なるほど~!)

 

オペラ座の椅子

 

椅子の裏に、オペラ座のロゴが。
確かにオペラ座専用の証。

この椅子も、購入可能です。
す、す、す、すご~い。

 

IMG_2298

 

黒いのもカッコイイ。

 

IMG_1008

ブルーも素敵すぎます♡

 

トワルドジュイ

もう、「城感」がすごい。

IMG_2261

 

これこれ、
このお色が素敵だった~♡

グレーと黄色って、なんてカワイイの。

IMG_1028

 

 

まさに花籠リボンのモチーフで。

 

こちらはプロヴァンスなイメージ。

プロバンス

 
などなど、まだまだたくさん
いっぱい見せていただいたのですが、
全部載せきれない~

 
足早にご紹介してきましたが、
本当は、それぞれの生地が歴史のある
素晴らしいエピソードがあるものなのです。

 

わたくし伊賀の脳ミソが覚えきれなかっただけ。
(ごめんなさい!!)

 

由緒正しき、王室ゆかりの生地だけあって、
お値段も張るものが多いですが、

 

カーテンまでは作れなくても、
額に入れて飾りたいくらいと思うものが
たくさんありました。

 

フランスの歴史にもとずく、美しい生地のお話し、
たくさん聞かせていただき、大満足の時間でした。

 

オレーユご夫妻様、
本当にありがとうございました!

 

ご紹介した生地は、
D&T FRANCE」様のホームページやインスタで
じっくり見ることが出来ますよ。

 

由緒正しきフランスの一流品に、
ご興味のある方は、必見です♪

 

今日は素敵な生地のご紹介でした。

 

次回もどうぞお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

先日から、フランスのあれこれを
ご報告させていただいております。

 

今回は、「リヨン」です。

 

パリからTGV(フランスの高速鉄道)で
約2時間。

 

 

列車の中には「バー」の車両があり、
車窓を眺めながら楽しめます。
(やっぱり飲むよね~)

フランスTGV

 

おしゃべりしているうちに、
間もなく到着しそう。

 

 

リヨンに到着です。

 

リヨン

 

 

駅からしばらく歩くと見えてくるのが、
「リヨン織物博物館」

リヨン織物博物館

 

様々な絹織物の展示があり、
絹織物の歴史を学べるところです。

 

「東リ」さんのカーテン見本帳には、
このリヨンシリーズがあり、
それで、この博物館の存在を知ったのでした。

 

「リヨン織物美術館」とも呼びます。

館内はこんな雰囲気で歴史を感じますが、


リヨン

 

ちょうど「イヴサンローラン展」を
やっていて、それも見学。

 

イブサンローラン

 
こちらの展示は、さらりと見て、
本命の絹織物の方に参ります。

 

館内は撮影OKの為、
撮った画像の数の多いこと・・・

 

とにかくいっぱいなので、
ここは省略し、

どんな形で展示してあるかだけ、
いくつかご覧下さいませ。

 

リヨン

 

うは、うは~

こーゆーのが東和商会の大好物♡

 

リヨンの絹織物

 

うは~うは~!
そうそう、こーゆーのがたまらない。

 

中でも一番テンション上がるのは、
これ!

マリーアントワネットの為の柄。

 

うは~うは~うは~
(呼吸が粗くなってます)

 

マリーアントワネット

 

貴族の衣装もたくさん。

 

ドレスの背中の仕様により、
イギリス式とか、フランス式とか
あるのですって~

 

昔の貴族

 

とにかく、
「織物博物館」なのでありまして、

そりゃもう、織物、織物、織物!
日本の着物も展示されていました。

 

実はリヨンと日本は絹を通じて
深~い、繋がりがあるのです。
(それはまた、いつの日か書きますね。)

 

 

 

頭が織物漬けになったあとで、
近場のビストロでランチ。

 

フランスでの食事は、どこもあまり
美味しくないのが続いていたのですが、

 

さすが「美食の街」と言われるリヨン。
このビストロのランチが美味しかった~♪

 

ビストロ

 

華やかなパリとちょっと違う、
落ち着いた雰囲気のリヨンです。

 


ソーヌ川

 
ソーヌ川沿いの風景。美しい~♡
これから、この橋を渡って、
この丘の上まで行きます。

 

 

旧市街に入ると
雰囲気のある石畳の小道が続きます。

 

リヨンの街

 

 

歩いているだけで楽しくなる
可愛くて趣きのある石畳の坂道。

リヨンの街

 

 

街の中には、今も織物製品の工房があり
実際に織るところも見せていただきました。

 

リヨンの絹織物

 

リヨンの絹織物

 

リヨンの絹織物

 

 
使いこまれた道具の数々。

 

 


フルヴィエールの丘

 

さて、いよいよケーブルカーに乗って、
「フルヴィエールの丘」まで登ります。

 

リヨンのケーブルカー

 

ルルルン♪
すぐ到着しちゃう。

 

 

 

さ~あ、この景色をご覧下さい!

 

フルヴィエールの丘

 
素晴らしい眺望!

そして、この丘にあるのが、
「フルヴェールのノートルダム大聖堂」

 

「ノートルダム」と言えば、
この間、火事になった
パリのノートルダムが有名ですが、

 

このフルヴィエールの教会も
「ノートルダム」

 

フルヴィエールの丘

「ノートルダム」とは、私達の貴婦人、
つまりマリア様を意味するそうです。

 

それほど大きくはない建物ですが、
中は本当に素晴らしい。

 

ノートルダム教会

 

これがリヨン市民の寄付によって
立てられたとは!!!

そりゃもうすごいことです。


リヨンの教会

 

 

再びケーブルカーで下まで降りて、
今度はリヨン駅の方向に向かいます。

ソーヌ川

 

橋からみる建物。いい眺め。
なんだか、のーんびり気分なんだけど、、

先を急ぎます。

 

ソーヌ川

 

すこーんと晴れていい天気。

 

リヨンの街

 

美しい街並み。

 

土地柄、曇りの日が多く、
こんなに晴れるの珍しいって、
リヨンの街を案内してくれた方が
言ってました。

 

フフ私、晴れ女なんです。

 

フランスでもそのパワー
発揮しちゃったよ。
(もうホント、たまたまだから・・)

 

 

リヨンには、
インテリアショップもたくさんあるのです。

 

リヨンのインテリアショップ

 

インテリアショップ

 

インテリアショップ

 

リヨンの街

 

気球柄、時々あるけど、
これは特別カワイイなあ~♡

 

気球柄の生地

 

カーテンの縫製としてのデザインも素敵。

 

ステキなカーテン

 

 
気になったのが、このカーテン。

リヨンのカーテン屋さん

 

グレーだけで、ほんの少しの明度差。
コントラストを付けない2色。
これもアリか・・・

 

それにしても、トリムが素敵だ。

 

 

これは、上部をまるーく仕立てたカーテン。


リヨンのカーテン

このカーテンの縫製に
メンバーの皆さんが注目でした。

 

でも、東和商会では時々これ、
作っていますよ~

なんて、自慢しちゃったりして。

 

 

まだまだ、たくさん
お伝えしたいことはありますが、

 

リヨン駅

 

ここらでリヨンの話はおしまいです。

 

そうそう、最後にリヨン名物。
「クッサンドリヨン」

「緑のクッション」と呼ばれるお菓子。

緑のクッション

 

昔の言い伝えから生まれた
クッションを模した形。

あまりにたくさん売っていたので、
物は試しと買ってみました。

 

お味の方は、、、、
「まずっ・・」でした。
ごめんなさいっ!!

でも、色からして
うすうすわかってたよね。笑

 

ではでは皆様、また次回をお楽しみに。

なが~い、ブログ、お付き合い下さり、
ありがとうございました。

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/