‘メゾンエオブジェ’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

今日はいよいよ、「デコオフ2020」のご報告!

 

カーテン業界以外の方の為にご説明しますと、
DECO OFF(デコオフ)とは、

 
前々回からお伝えしている、
世界的な展示会、「メゾン・エ・オブジェ」の中で
元々は出店していたファブリックのブランドが、

 
そこから飛び出して、
パリ市内の右岸、左岸のふたつのエリアで
ファブリックのブランドだけで集中して
街中で展示会を行っているスタイルなのです。

 

デコオフ

 

デコオフ名物。
そのエリア中でプラプラしてる。
日本で言えば提灯みたいな物かな?

コラコラ、提灯と一緒にするナ!と
誰かに言われちゃうかしらん。
(下にブランド名が入ってます。)

 

デコオフ

 

とにかくたくさん写真を撮ったものの、

肝心なところを撮っていなかったり、
店内に入ってなくて外観だけだったり、

本当にバラバラなんですが、
まずは、雰囲気だけでもどーぞ。

 

デザイナーズギルド

 

デザイナーズギルドでは、
なんかデザイナーっぽい女性がいたので、

 

も、もしや、トリシアギルドさんでは~!!と
思ったら、違うとのことでした。

残念!

 

っていうか良く見たらぜんぜん違う。笑

でもその素敵な女性、
親切にたくさん説明してくれました。
(内容はよくわからないけど。笑)

 

 

「テヴェノン」は弊社でもよく使っていて、
なじみ深いのです。

手頃な価格のトワルドジュイといえば、
このブランド。

テヴェノン

トワルドジュイだけではなくて、
動物柄も多いのですが、
奇抜ではないから使いやすい感じ。

 

テヴェノン

 

 

テヴェノン

 

 

こーんな感じでお店は続いております。

デコオフ2020

 

 

はい、こちらは「ウレス」
タッセルやトリムのブランドです。

 

ウレス

 

このあたりは、弊社ではなくてはならない
カーテンアクセサリーであります。

お値段もなかなか良いですが、
「ウレス」をお選びになるお客様も
いらっしゃる訳でして。

 

ウレス

 
こんなにボリュームたっぷりに
付けたら素敵ですね~!

タッセルがずらり。
さすがに素晴らしいものばかり♪

 

フランスのタッセル

 

ここでは、東和商会の施工例を
しっかりアピールしてきちゃいました。

 
帰国後、メールを頂戴しました!
(みんなに送っているのでしょうが・・・)

 

 

この素敵な建物で開催していたのは、
「サコ」

サコ

 
ここでは日本人の方が対応して下さり、
ほ、ほっとした~

 
日本で「サコ」の輸入をされている、
エージェントさんのようです。

それにしても、この建物の内装が
素晴らしいこと。(天井が)

 

サコ

 
通常は多目的に使われているホールを
展示会の時だけ借りるんだそうです。
ステキ~

 

色々とおすすめのファブリックを
見せていただきましたが、

 

私がときめいたのはコレでした♡

サコ

 
ゴージャス!!

 

さて、街中には、あちこちに、
楽しい物が置いてあります♪

デコオフ

ファブリックを張ったスキーやリフト。

 

それから、ソファーも。

デコオフ

 

もう、あちらこちらに
このソファーが置いてあり、

 

そこに座って記念撮影が、
お約束な感じでした。

 

デコオフ

 

でも、このソファーの座面が高っ・・
私だと、よじ登る感じになるのです。

 

ソファーの前でもがく姿を想像し、
写真撮るのあきらめた。笑

 

デコオフ

 

これ、「ケンゾー」の
ホーム&ライフスタイルの
新ブランドらしい。

ケンゾー

 

デコオフと同じ場所で、
「デコホーム」というのも
開催されていまして、

 

ホーム関係のお店もたくさん参加。

 

ジアン

 

このお店では、
可愛いお皿にもう釘づけ。

迷いに迷って、お土産購入です。

 

はしゃぎまくる私達をあったかく
待ってくれたお店のレジの女性、
いい人だった~♪

 

デコオフ

 

個人的にメチャ気に入った、
ステキなファブリック。

素朴で可愛い柄と素材。

 

デコオフ

 

日本ではこのブランドは、
どこで扱っていますか?

 

身振り手振りで頑張って聞いてみた。
(ポケトークも使ったかな。)

 

ん?「イセタン」って・・
今いいました?

あ、そーですか。

 

うむむ、はたしてそうなのか、
どうかは不明です。

 

デコオフ

 

さて、トイレ行きたい。

そこらへんにいっぱいトイレのある
日本はいい。

 

パリではそーはいかないのだ・・
お店に入らなくては。

 

カフェに入る。

 

クロワッサン

 

クロワッサンとコーヒーという、
朝ご飯みたいな昼ご飯。
(そもそもご飯ではない。)

 

すごく美味しかったです♡

 

 

パリのデコオフ


外にカーテン!すご。

 

デコオフ

 

お店の外観うまく撮っていなかったりで、
ブランド不明のお店が多々あり。

 

本当に反省でございます。

 

デコオフ

 

このトリムが素敵すぎて、
色々お聞きしたのですが、
うまく伝わらず・・・・

 

ああ~!フランス語、または英語が
ペラペラだったらどんなにスムーズか!

 

しかし、こんなトリムが
日本のメーカーにあったらなら、
どんなに良かろうかと思う。

 

デコオフ

 

さて、まだまだデコオフは終わらない。

またまた、次回に続きます。

 

デコオフ

 

 

次回をお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

さて、前回に引き続き、フランスでの
「メゾン・エ・オブジェ」の第二弾!

 

メゾンエオブジェ

 

広い広い見本市の中は、
基本的には撮影OKなんだけど、

 

 

たま~に、写真撮ってると
「ノノノノ~ッ!ノン!フォト」
と怒られることも。

世界中からいろんな職業の人が来てるから、

 

デザインを真似されることを
恐れてのことなのか、
何なのかはわかりませんが、

 

いーじゃんいーじゃん、撮らせてよん。
日本でこの商品宣伝するからさ~という気持ち。
(その力が無い気はするが・・)

 

そういうとこでも、みんな撮ってましたが、
ビビりの私は撮らない。笑

 

だって強面の黒人さんだったりするんだもん。
怖っ・・

 

メゾンエオブジェ

 

 
グスン。
あ、スプーンだ・・・
スプーンで出来てますよ。グスン。

 

 


メゾンエ」オブジェ

 

 

顔のクッション

 

 

お、やっとファブリックも出てきたぞ。
鮮やか~

 

メゾンエオブジェ

 

 

ラグジュアリーなベッドリネン♪

 

メゾンエオブジェ

 

アニマルと、クラシカルな柄とを
ひとつに融合させてるのがすごい。

 

メゾンエオブジェ

 

ああ~ステキだわん。

とかなんとか言いながら、
先に進みます~♪

 

私だけでは完全に迷子になるの確実な、
とっても広すぎる会場。

 

来場者は、赤いトートバックを
もらえます。
(この男の人が肩から下げてるコレね~)

 

メゾンエオブジェ


そこにもらった資料なんかを
どんどん突っ込み、
これが重たくなっていく・・・

だから、あえて貰わなかったりする私。
(こら~っ!)

 

 

これはコルクで出来た椅子。

コルク椅子

 

 

こちらはロープで編んだ椅子。


ロープ椅子

 
ロープ自体は固いけど、
座り心地は意外と柔らかいのが不思議。

 

 

メゾンエオブジェ

 

 

こういったお花(造花)の展示も多かった。
手触りまで本物みたいで、
造花といってもクオリティ高い!

 

これが全部、造花だなんて!
香りがしてきそうなほど生々しいのに。

 

精工な造花

 

 

それにしても、
本当に色がきれいなんですよ。
配色として。
(これは椅子です。)

 

メゾンエオブジェ

 

 

グリーンとピンクとか、
日本人があんまりやらない組み合わせ。

フランスらしいというか。
でもめちゃくちゃ可愛い色!

 

 

このようなオレンジがかったピンクも、
薄いのから濃いのまで、
ものすごく多く使われていました。


メゾンエオブジェ

 

グリーンとピンク

 

 

こういうディープなグリーンも、
とても多かった気がします。

メゾンエオブジェ

 

このピーコックグリーンと、
黒の組み合わせがもうたまらないっ!
カッコイイ!!


メゾンエオブジェ

 

 

濃い強い色の中に、
黒が入るのって、あ~もう!ステキ

 

メゾンエオブジェ

 

鮮やかなブルーに、このピンク。
これまたたまりませんっ!

 

メゾンエオブジェ

 

色の話ばかりでスミマセン~

 

でも、
カフェスペースも素敵な色使い。


メゾンエオブジェ

 

 

でも、これくらいの色味だと、
気軽に取り入れやすいかな。

メゾンエオブジェ

 

 

「目」のモチーフも
とってもよく見かけました~

 

メゾンエオブジェ

目玉怖いのは私だけでしょうか?

 

目のモチーフ

 

 

まだまだ、い~っぱい写真撮ったのだけど、
今、このブログを書く私の気力が
限界にきてしまいました・・・・

 

ここらで「メゾン・エ・オブジェ」は
おしまい。

 

次回は、リヨンの街のご紹介です。

 

どうぞお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 

 


関連キーワード: