‘海外の生地’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

さて、前回に引き続き、フランスでの
「メゾン・エ・オブジェ」の第二弾!

 

メゾンエオブジェ

 

広い広い見本市の中は、
基本的には撮影OKなんだけど、

 

 

たま~に、写真撮ってると
「ノノノノ~ッ!ノン!フォト」
と怒られることも。

世界中からいろんな職業の人が来てるから、

 

デザインを真似されることを
恐れてのことなのか、
何なのかはわかりませんが、

 

いーじゃんいーじゃん、撮らせてよん。
日本でこの商品宣伝するからさ~という気持ち。
(その力が無い気はするが・・)

 

そういうとこでも、みんな撮ってましたが、
ビビりの私は撮らない。笑

 

だって強面の黒人さんだったりするんだもん。
怖っ・・

 

メゾンエオブジェ

 

 
グスン。
あ、スプーンだ・・・
スプーンで出来てますよ。グスン。

 

 


メゾンエ」オブジェ

 

 

顔のクッション

 

 

お、やっとファブリックも出てきたぞ。
鮮やか~

 

メゾンエオブジェ

 

 

ラグジュアリーなベッドリネン♪

 

メゾンエオブジェ

 

アニマルと、クラシカルな柄とを
ひとつに融合させてるのがすごい。

 

メゾンエオブジェ

 

ああ~ステキだわん。

とかなんとか言いながら、
先に進みます~♪

 

私だけでは完全に迷子になるの確実な、
とっても広すぎる会場。

 

来場者は、赤いトートバックを
もらえます。
(この男の人が肩から下げてるコレね~)

 

メゾンエオブジェ


そこにもらった資料なんかを
どんどん突っ込み、
これが重たくなっていく・・・

だから、あえて貰わなかったりする私。
(こら~っ!)

 

 

これはコルクで出来た椅子。

コルク椅子

 

 

こちらはロープで編んだ椅子。


ロープ椅子

 
ロープ自体は固いけど、
座り心地は意外と柔らかいのが不思議。

 

 

メゾンエオブジェ

 

 

こういったお花(造花)の展示も多かった。
手触りまで本物みたいで、
造花といってもクオリティ高い!

 

これが全部、造花だなんて!
香りがしてきそうなほど生々しいのに。

 

精工な造花

 

 

それにしても、
本当に色がきれいなんですよ。
配色として。
(これは椅子です。)

 

メゾンエオブジェ

 

 

グリーンとピンクとか、
日本人があんまりやらない組み合わせ。

フランスらしいというか。
でもめちゃくちゃ可愛い色!

 

 

このようなオレンジがかったピンクも、
薄いのから濃いのまで、
ものすごく多く使われていました。


メゾンエオブジェ

 

グリーンとピンク

 

 

こういうディープなグリーンも、
とても多かった気がします。

メゾンエオブジェ

 

このピーコックグリーンと、
黒の組み合わせがもうたまらないっ!
カッコイイ!!


メゾンエオブジェ

 

 

濃い強い色の中に、
黒が入るのって、あ~もう!ステキ

 

メゾンエオブジェ

 

鮮やかなブルーに、このピンク。
これまたたまりませんっ!

 

メゾンエオブジェ

 

色の話ばかりでスミマセン~

 

でも、
カフェスペースも素敵な色使い。


メゾンエオブジェ

 

 

でも、これくらいの色味だと、
気軽に取り入れやすいかな。

メゾンエオブジェ

 

 

「目」のモチーフも
とってもよく見かけました~

 

メゾンエオブジェ

目玉怖いのは私だけでしょうか?

 

目のモチーフ

 

 

まだまだ、い~っぱい写真撮ったのだけど、
今、このブログを書く私の気力が
限界にきてしまいました・・・・

 

ここらで「メゾン・エ・オブジェ」は
おしまい。

 

次回は、リヨンの街のご紹介です。

 

どうぞお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 

 


関連キーワード: