‘赤の壁紙’ カテゴリーのアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

6月に入りました。
いよいよ間もなく、梅雨に突入しそうな予報です。

 

何かと雨にたたられそうな、憂鬱な季節ですが、
自他共に認める「晴れ女」の私。

 

今まで、工事や採寸などで、大雨に遭遇したのは、
ほんとに数えるくらいしかありません。

 

朝曇っていても、だんだん晴れて、
肝心な時には、ぱっか~ん晴れる。

 

曇り空に光が差してくると、
「おお、晴れ女パワ~!すごー。」
なんて言われながら、
「ぬわははは!見たかこの晴れパワ~を。」

 

いやいやいや、

実はたまたまだってこと、わかってますって。笑

 

 

さて、早速今日の素敵なカーテンのご紹介です。

 

埼玉県川口市I様邸

 

バルーンシェード

 

 

まずは、リビングルームのゴージャスなバルーンシェードから。

 

 

パサヤレローブル

 

 

生地は、タイのブランド「PASAYA」のレローブル。
この生地、人気はずっと続いていて、

I様も一目で気に入って下さり、
早くもこの生地に決定。

 

 

PASAYA

 

 

お色の種類はこれだけあり、
シルバーや、ゴールドの柄が煌びやか。

 

 

ダマスク柄の生地

 

 

大ぶりのフリンジで、クラシカルな雰囲気に。

 

 

お次は、がらりと雰囲気の違う、赤いの壁のお部屋。
ゴージャスな布壁での設えです。

 

 

いちご泥棒のカーテン

 

 

わ~素敵!

 

大きく間取りを変えた、リノベーションにより生まれた
素敵なお部屋なのです。

こだわりの輸入住宅を手掛ける、
クラフトメイドハウス様による施工です。
http://www.kraftmade.jp/works/

 

たくさ~んの素敵なお家、お部屋を作ってきた、
素晴らしいハウスメーカーさんです。

 

 

カーテンボックスの位置は
天井から少し下がった位置になっていましたので、

 

 

カーテンボックス

 

 

フラットバランスの丈は、短めにして、

 

白い素敵なカーテンボックスは、もちろん生かす形で
内側から取り付けます。

 

 

豪華なカーテン

 

 

生地はウイリアムモリスの「いちご泥棒」
言わずと知れた、有名すぎるウイリアムモリス。

その歴史と伝統の、温かみのあるファブリックは、
ファンが多く、カーテンに限らず、

 

壁紙、クッション、ベッドリネン、などなど
色々な形になって販売されていますよね。

 

素敵なクッションもお作りしました。

 

いちご泥棒

 

 

今回、I様に選んでいただいたのは、
コットンプリントのタイプではなく、
川島織物セルコンの「織物」として仕上げたシリーズです。

 

 

ウイリアムモリス

 

その中でもやはり、一番人気の「いちご泥棒」
織物のシリーズでのお色の種類は4色。

 

お部屋の雰囲気に一番ピッタリ合ったのは、
右から2番目のお色でした。

 

 

カーテンの上飾り

 

 

壁側のカーテンボックスの板の厚みに合わせて、
フラットバランスを切り欠きしているのがわかりますでしょうか?

 

ここ、結構こだわってる部分で、
バランスの両サイドが、壁にピタッとつくよう作ります。

 

フラットバランスのゴールド感に合わせて、
タッセルもゴールド系で♪

 

 

装飾タッセル

 

 

それにしても赤い壁が素敵です。

 

 

パリ、オペラ座の個室客席も赤い壁でした。

 

 

オペラガル二エ

 

 

重厚感のある布壁。

 

 

赤い壁

 

 

同じ柄の赤いカーテンも。

 

 

オペラ座

 
赤い壁って、華やかなだけでなく、格式も感じられます。

 

それと、ダマスク柄が特徴的な、
こちらはヴェルサイユ宮殿。

 

 

ヴェルサイユ宮殿

 

 

赤とゴールドの組み合わせ、昨年から弊社では人気なんです。

 

最初にご希望されたお客様は、やはりこのヴェルサイユ宮殿の
「アポロンの間」からイメージされたのでした。
「理想のカーテンを求めて。パート2」
http://curtain.co.jp/blog/archives/6587

 
赤い壁

 
弊社のお客様のほとんどが、ダマスク柄がお好きなのですが、
あらためて、こういった柄の魅力を再確認してます。

 

何気ない、通りがかりのパリの家具屋さん。
赤い生地にハッとしてパチリ。

 

 

ダマスク柄

 

 

「レローブル」も、かなり近い雰囲気だなあ~
ほらほら~♪

 

レローブル

 

 

ちなみに、弊社のバルーンシェードは、
スリット切替えをすることで、このようにきちっと柄を
合わせることが出来ます。

 

 

ダマスク柄のシェード

 

 

ダマスク柄の魅力と、

 

 

ウイリアムモリス

 

 

赤い壁とウイリアムモリス。

 

素敵なものばかりで作った窓装飾になりました!

 

ちなみに、I様邸、窓ガラスに特殊なシートが貼ってあり、
外からは、まったくお部屋の中が見えないのです。

 

でも、素敵なレースカーテンも、似合いそう♪

 

I様から嬉しいメールも頂戴しました!

 

****************************

 

本日は私には勿体ない程の素晴らしいデザインの
カーテンを取付けて頂きまして有難うございました。

素晴らし過ぎて、なんだか自分の家の様な気がしません。
映画のシーンに出て来る様なカーテンにとても感動しています。
本当にお世話になりました。

社長様、デザイン、生地選びをお手伝いして下さった伊賀さん、
縫って頂いた方々、取付けに来て頂いた若い方達にも心より感謝致します。

暫くはこのままで使用して、
レースのカーテンを付ける時には又お力添えをお願いしたいです。
その時には宜しくお願い致します。
****************************

 

I様、こちらこそ本当にありがとうございます。

お喜びいただけて何よりでした!
お伺いする度に、いつも色々とありがとうございました。

また、お会い出来る日を楽しみにお待ちしております♪

 

 

今回カーテンをお作りしたのは、I様ご夫妻のセカンドハウス。
老後のお住まいとしてご用意されたもの。

だから、まだまだお引越しはされず、今はお部屋作りを
楽しんでおられる段階です。

 

なんとも羨ましいことなのですが、
最近、そういうお客様、増えてる気がします。

 

年齢を重ねたあとの自由。
本当に、自分の好きなものに囲まれる暮らし。
壁紙、カーテン、家具、大好きなテイストで。

 
いつか、私にもその余裕が生まれますよ~に!
(年齢的にはそーゆー歳なんだけど・・・)

 

では皆様、次回をお楽しみに!