2020年1月 のアーカイブ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

さて、前回に引き続き、フランスでの
「メゾン・エ・オブジェ」の第二弾!

 

メゾンエオブジェ

 

広い広い見本市の中は、
基本的には撮影OKなんだけど、

 

 

たま~に、写真撮ってると
「ノノノノ~ッ!ノン!フォト」
と怒られることも。

世界中からいろんな職業の人が来てるから、

 

デザインを真似されることを
恐れてのことなのか、
何なのかはわかりませんが、

 

いーじゃんいーじゃん、撮らせてよん。
日本でこの商品宣伝するからさ~という気持ち。
(その力が無い気はするが・・)

 

そういうとこでも、みんな撮ってましたが、
ビビりの私は撮らない。笑

 

だって強面の黒人さんだったりするんだもん。
怖っ・・

 

メゾンエオブジェ

 

 
グスン。
あ、スプーンだ・・・
スプーンで出来てますよ。グスン。

 

 


メゾンエ」オブジェ

 

 

顔のクッション

 

 

お、やっとファブリックも出てきたぞ。
鮮やか~

 

メゾンエオブジェ

 

 

ラグジュアリーなベッドリネン♪

 

メゾンエオブジェ

 

アニマルと、クラシカルな柄とを
ひとつに融合させてるのがすごい。

 

メゾンエオブジェ

 

ああ~ステキだわん。

とかなんとか言いながら、
先に進みます~♪

 

私だけでは完全に迷子になるの確実な、
とっても広すぎる会場。

 

来場者は、赤いトートバックを
もらえます。
(この男の人が肩から下げてるコレね~)

 

メゾンエオブジェ


そこにもらった資料なんかを
どんどん突っ込み、
これが重たくなっていく・・・

だから、あえて貰わなかったりする私。
(こら~っ!)

 

 

これはコルクで出来た椅子。

コルク椅子

 

 

こちらはロープで編んだ椅子。


ロープ椅子

 
ロープ自体は固いけど、
座り心地は意外と柔らかいのが不思議。

 

 

メゾンエオブジェ

 

 

こういったお花(造花)の展示も多かった。
手触りまで本物みたいで、
造花といってもクオリティ高い!

 

これが全部、造花だなんて!
香りがしてきそうなほど生々しいのに。

 

精工な造花

 

 

それにしても、
本当に色がきれいなんですよ。
配色として。
(これは椅子です。)

 

メゾンエオブジェ

 

 

グリーンとピンクとか、
日本人があんまりやらない組み合わせ。

フランスらしいというか。
でもめちゃくちゃ可愛い色!

 

 

このようなオレンジがかったピンクも、
薄いのから濃いのまで、
ものすごく多く使われていました。


メゾンエオブジェ

 

グリーンとピンク

 

 

こういうディープなグリーンも、
とても多かった気がします。

メゾンエオブジェ

 

このピーコックグリーンと、
黒の組み合わせがもうたまらないっ!
カッコイイ!!


メゾンエオブジェ

 

 

濃い強い色の中に、
黒が入るのって、あ~もう!ステキ

 

メゾンエオブジェ

 

鮮やかなブルーに、このピンク。
これまたたまりませんっ!

 

メゾンエオブジェ

 

色の話ばかりでスミマセン~

 

でも、
カフェスペースも素敵な色使い。


メゾンエオブジェ

 

 

でも、これくらいの色味だと、
気軽に取り入れやすいかな。

メゾンエオブジェ

 

 

「目」のモチーフも
とってもよく見かけました~

 

メゾンエオブジェ

目玉怖いのは私だけでしょうか?

 

目のモチーフ

 

 

まだまだ、い~っぱい写真撮ったのだけど、
今、このブログを書く私の気力が
限界にきてしまいました・・・・

 

ここらで「メゾン・エ・オブジェ」は
おしまい。

 

次回は、リヨンの街のご紹介です。

 

どうぞお楽しみに!

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 

 

 


関連キーワード:


皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

今年、1回更新したきりで、
ずーっとそのままのブログ。

 

きっと、一体どーした?と
思っておられたことでしょう。

 

実は、フランスに行ってました。
約1週間程度なのですが、

そのせいで、その前後が忙しなくなり、
なかなか更新できず・・

 

やっとブログ書く時間が取れました。

 

今日はフランスで何してたか、
ご報告させていただきますね~♪

 

まずは、最初に
「メゾン・エ・オブジェ」のことから。

 

「メゾン・エ・オブジェ」は、
フランスで開催されるインテリアの大きな見本市。
世界中から人が集まります。

 

パリの地下鉄は長いストライキが続いており、
その為、道路は車の渋滞がひどい。
バスに乗って、1時間半ほどかかりました。

 

 

やっと会場に到着しました~!

 

メゾンエオブジェ

 

建物に入るまでも長い~

 

メゾンエオブジェ

 

とにかく広い会場。

セキュリティがゆる~い感じで、
荷物チェックを受け、

メゾンエオブジェ

 

 

この先にクロークコーナーもあり、
荷物や上着を預けることが出来ます。
(料金かかりますけどね。)

 

メゾンエオブジェ

 

いざ出陣!
しかし、めちゃくちゃ広い。
ワクワク♪


メゾンエオブジェ

 

撮って来た写真の数があまりに多すぎ、
その中のほんの一部をご紹介しますね~

 

さかさまお部屋


画像逆さまじゃ~ん!と思ったあなた、
これ天井にくっついているのですよ~

 

メゾンエオブジェ

カーテン?っと思ったら、
これ絨毯なのです。おもしろい形!

 

 

メゾンエオブジェ

 
これは木の年輪?と思ったら・・・

ひゃ~、編んでる。編んでるね~

メゾンエオブジェ

 

どーやって作ったんだろ?

 

なんていう、面白いものも
時々、遭遇しながら先に進みます~

 

メゾンエオブジェ

 

食器のメーカーも数多く出展しています。

 

メゾンエオブジェ

こんな可愛い照明から、

なんだか未来的な照明まで、

 

メゾンエオブジェ

 

実に様々な物が見れます。

 

メゾンエオブジェ

 

メゾンエオブジェ

 

メゾンエオブジェ

 

素材感や、トレンドカラーの傾向を

感じることが出来ます。

 

メゾンエオブジェ

 

 
この形のシェル型?ソファー、
ものすごくたくさん見かけました。

 

これこれ、これね。

シェル型ソファー

 

このようにカゴ風に編んだ素材の照明も
とにかく多かった。

 

メゾンエオブジェ

 

そうそう、「和テイスト」な物も、
すごく多かったんです。

 

メゾンエオブジェ

 

メゾンエオブジェ

 

これ、けん玉だよね~?

 

けん玉

 

 

しかし広い、
まだまだ始まったばかりなのに・・

 

メゾンエオブジェ

 

とてつもなく広いのだ・・・

 

メゾンエオブジェ

 

いくつものセクターに分かれているので、
その出入りには、首から下げたチケットの
バーコードをピッってしてもらいます。

 

2人くらいの係の人が立ってます。
(ピッてする人ね。)

 

 

さて、日本の企業さんにも遭遇しました。
こちらは有田焼の食器
(有田焼とは思えない雰囲気!)

 

メゾンエオブジェ

 

 

 

琉球びんがたの壁紙。

メゾンエオブジェ

 

 

まだまだあったのだけど、
とりあえず先を急ぎます・・・

 

動物モチーフもとても多かったです。

メゾンエオブジェ

 

 

これはちょっと怖いくらい。
ほ、本物かな・・・

 

メゾンエオブジェ

 

メゾンエオブジェ


ぎゃ~!

 

動物モチーフ

 

やたら多かった「ゴリラ」の置物。

 

ゴリラ

 

 

あっちもこっちもゴリラ、ゴリラ。

 

うえ~ん、これは怖いよお~


メゾンエオブジェ

 

そんな中、大注目だったのがコレ!

 

メゾンエオブジェ

 

 

ソファーなんですが、
ぬいぐるみで出来てる♪

 

メゾンエオブジェ

 

うま~いこと重なって、
形作ってあるのがすごい!

 

他にも色々な動物で作ってあり、
このブースは一番人が多かったかも。

 

メゾンエオブジェ

 
動物大集合。かわいい。

 

メゾンエオブジェ

 
これはコアラ。

 

動物ソファー

 

テナガザル。

 

動物ソファー

 
これはクマかな?

 

動物ソファー

 

まだまだ、
他にもいろんな動物で作ってありました。

 

座り心地は?ですけどね。笑

 

さて、だんだんお腹も空いてきました。

 

とりあえず、かわいいピンクの色にひかれて
フォションに。

 

フォション

 

 

これは、イベント事の
お祭り価格なのでしょうか?

サンドイッチが10ユーロ
サラダが15ユーロ

簡単な物にしては高い・・


フォション

 

コーヒーだけは安くて美味しかった♪

 

 

もうひとつ、
よく目についたのが「魚」です。

メゾンエオブジェ

 

いろいろな場所に「魚」がいました。

 

メゾンエオブジェ

 

これはガラスで出来た魚たち。

 

メゾンエオブジェ

 

 

まだまだ続く、メゾン・エ・オブジェ

 

メゾンエオブジェ

 

とりあえず、1回目はここらへんで。

 

またすぐ続きを書きますね~♪

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/

 

 



あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

令和2年となり、はや9日・・

年が終わるのも早いけど、
年が明けてからも早い。

 
また今年もあっという間に
駆け抜けていく予感です・・

 

皆様どうぞ、今年もご一緒に
駆け抜けていって下さい。笑

 

さて、新年最初にご紹介するのは、

まさに「ゴージャス」
この言葉が似合いすぎるほど似合う、
迫力あるカーテンでございます。

 

横浜市M様邸

 

宮殿のカーテン

 

ここは海外のお城か、宮殿か?

 

いやいや、日本です。
もっと言えば神奈川県です。

 

解放感のある吹き抜けに似合う、
赤いベルベットのスワッグバランス。

 

赤いバランス

 

ベルベットは、
ドイツのブランド「JAB」の生地。

 

極上の手触りが特徴の、
スターベルベット。

 

少しピンク味も感じられる
鮮やかな赤の011番色

 

そしてドレープ生地がまた素晴らしい!

 

イタリアの一流ブランド、
「RUBELLI(ルベリ)」の、
BARBARIGO 13番色

 

この生地の色、
赤とオレンジとピンクが混じったような
微妙な色合いの美しさと、
ゴールド感のあるダマスク柄に、

 

M様は一目惚れされたのでありました。

 

実はこの生地、1mあたりの生地単価が、
半端なお値段ではございません。

 

縫製するこっちの方が、
ドキドキしちゃうお値段・・(汗)

 

お城のカーテン

 

それをこんなにたっぷりと使用して、
いやもう、ホントに豪華なカーテンです。

奥の方に見えるバルーンシェードも、
同じ生地です。

 

イタリアの生地

 

このルベリの生地をメインに、
それに合う上飾りの生地探しが始まりました。

 

数ある海外ブランドのベルベットの中から、

 

一番ピタッときたのが、
JABのスターベルベットでした。

 

お城のカーテン

 

このように中央との段差を付けたバランス、
弊社では「段違いスワッグ」と
呼んでいます。

 

通常はオープンスワッグで作ることが多い
スタイルなのですが、
今回は、M様のご希望でジョージアンに。
(スワッグにも色々名前があるのです。)

 

どんなふうになってるの~という、
興味深々の方の為に、

 

施工の様子もちょっとご覧下さい。

 

お城のカーテン

 

 

中央のレールだけ、その名の通り、
段差を付けるのでした。

 

でもね、段差のあるスワッグバランス、
縫製には、かなり技術がいります。

 

宮殿のカーテン

 

 

経験ある弊社の熟練スタッフだから
こんなに綺麗に仕上がっていると、
自信をもって言えます♪

 

お城みたいなカーテン

 

広々とした吹き抜けに映えますね~♪

 

宮殿みたいなカーテン

 

きゃ~!やっぱり宮殿です。

 

2Fの踊り場はこのようになっていて、

 

おしゃれなカーテン

 

 

こちら側から見ると、

 

ゴージャスなカーテン

 

このように上から見ても、
なんともゴージャスでございます♪

 
このルベリの生地を使って、
ピアノの上に掛けるランナーも
お作りしました。

 

ピアノカバー

 

 

さらりと掛けた感じがとっても素敵です!

全体の形や色、トリム類は、
お任せいただきましたが、
すごーく気に入って下さいました♪

 

 

 

そうそう、M様邸は壁紙も素敵なんです。

 

ほらほら、も~素敵すぎる~♪

素敵な壁紙

 

こっちもカワイイ~♡


すてきな壁紙

 

トイレや洗面所など、
小さなスペースこそ華やかに!

 

 

さて、もうひとつご紹介したいお部屋が。

 

こちらは塔屋になった連窓に、
トワルドジュイの生地でバルーンシェード。

 

トワルドジュイの生地

 

フランス「テヴェノン社」の
人気のシリーズです。

 

コットンの風合いと、
フレンチシックな色と柄。

これまた、メチャクチャ可愛いの♡

 

DSCN0116

 

コットンならでは光の透け感。

これもまた美しいものです。

 

今回は、全体の一部だけ、
ご紹介させていただきましたが、

 

お客様が生地に惚れこみ、

その生地を生かす為に、
考え抜いて決めたデザインのカーテン。

 
これはもう、愛着というコトバでは
足りない。

 

「カーテン愛」そのものです。

 

仕上がりにはとてもご満足いただき、
嬉しいメールを頂戴しました。

 

生地探し、頑張られましたね~という
私からのコメントに対してのお返事です。

 

*******************

 
私の一番の頑張りどころは、横浜から埼玉まで
カーテンを探しに貴社にたどり着いたところです。

打ち合わせから、完成のお品、取付けに至るまで
全てにおいて大満足の一言につきます。

こちらの要望にいつも快よくご対応いただきました。
本当に有り難うございました。
自信を持って、皆様にご紹介したいお店です。

 

********************

 

M様、こちらこそ、
本当にありがとうございました。

お客様にご満足いただけたことが、
私どもにとって、何よりの喜びです。

嬉しい言葉をいただいて、
また今年も頑張れそうです♪

またお目にかかれる日がありますように!

本当にありがとうございました!

 

 

さて、皆様、また今年も一年
たくさ~んのカーテンをご紹介していきますので

 

どうぞお楽しみになさって下さいね~♪

 

ドレーパリー東和商会HP
http://www.curtain.co.jp/