他にも素敵なカーテンの施工例がいっぱい見れますよ!
東和商会のホームページはこちらをクリック→ http://www.curtain.co.jp

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ

皆様、あけましておめでとうございます。

 

2019年、本日から営業しております。

 

お正月、いかがお過ごしでしたか?

 

私は、日頃なかなか会えないお友達と、
ここぞとばかりに、ランチ、飲み会、
飲んだり食べたり。
(ああ、今年も痩せるのは難しい・・)

 

読めてなかった本をじっくり読んだり、
家の中の、見て見ぬふりをしてきたところを
ついに片づけたり、

 

そして何より、たっぷり寝て。

元気のチャージも出来た、充実したお休みでした。

 

新しい年も、楽しいカーテンのあれこれを
お伝えしていきますので、

どうぞ宜しくお願い致します♪

 

さて、新年最初のブログは、
ビタミンカラーの元気なカーテンから。

 

埼玉県K様邸

ギャザーバランス

 

 

小窓にちょっと変わった
「ギャザーバランス」

 

 

オレンジのカーテン

 

 

ななめに交差するような形。
オレンジとイエローで、
明るく元気の出るデザイン。

 

 

ビタミンカラーのカーテン

 

生地もデザインも、K様のご希望によるもの。
オレンジの生地をご希望でしたが、
お家にお邪魔して、納得。

 

ダイニングチェアの張地のお色と
ピッタリなのでした。

 

植物柄の生地

 

ボタニカル柄のレースはカフェカーテンに。

 

この柄が、実はK様一番のこだわり生地。

 

「お花」というよりも「植物」を感じさせて、
野の花的な雰囲気でありながら、華やかさも。

 

たぶん、ご希望はそういうテイスト。
(私の勝手な解釈ですが。)

 

けっこう探しましたよ~♪
国内メーカー限定ですが、

 

たくさんありそうな柄なのに、
なんか、ちょっと、う~ん、違うかな、

 

う~ん、こんなじゃなくて、
もう少しナチュラルで、、などと選びに選び、

 

これは、と思うもの3~4点に絞りこみ、
決定したのが、川島セルコンの「ME2538」

 
ボタニカル柄のレース

 

さりげなく、優しく可愛い柄♪

 

その生地を使って、
ドレープカーテンもちょっと変わったデザインに。

 

 

切替デザインカーテン

 

先ほどのオレンジの生地を右端のみ、切替え。

 

両開きカーテンの場合、
左右対称の切替えはよくやりますが、

 

片方だけのアクセント切替がオリジナル感!
しかもしかも、これだけじゃーないのです。

 

 

2枚重ねカーテン

 

 

なんとなんと、裏側には、ドレープ生地を一体化。

 

とうのも、そもそも、
植物柄のレースを、無地のドレープ生地に
重ねて1つのカーテンにしたい!

 

というのが、K様のご希望で。

 

その後に、オレンジの差し色が加わったのでした。

 

 

オリジナルカーテン

 

この仕様、作ってみて感じたのは、
なかなかの優れものということ。

 

このように、ドレープとレースが
上部で一体化しているということは、

 

ボタニカル柄のカーテン

 

このように、手前のレースを束ねて、
アレンジすることも出来ますし、

 

 

ボタニカル柄カーテン

 

 

裏側のドレープ生地を束ねて、
レースの柔らかな透け感を楽しむことも出来る。

 

 

オレンジのタッセル

 
この場合、共布タッセルは、
やっぱりオレンジが素敵ですよね~♪

 
ドレープカーテンとしての案だった、
この2枚重ねのカーテン。

 

レースカーテンは、また後々に、という
予定だったのですが・・・

 

2枚重ねカーテン

 

いや、これ、この1枚で事足りるのでは???

 

お客様共々、
そんな気持ちになってしまったのでした。

 

素敵な発想力をお持ちのK様。

 

実はなかなか気にいるカーテンが見つからず、
半年もの間、
カーテンを作れずにいたそうなのです。

 

弊社と出会えて良かった~と、
お喜びいただきました。

 

K様のように、カーテンに色々な思いを
持っておられる方は多いと感じます。

 

せっかくのオーダーカーテンですもの、
夢や理想をたっぷり詰め込んで、
素敵なカーテン作りたい!と、

 

その夢、東和商会が叶えます!
なんちゃって。

 

K様、素敵な事例、ありがとうございます!
長く、ご愛用いただけたら嬉しいです♪

 

さて、今年も皆様にとって、
素敵な一年になりますように!

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

残すところ、今年もあと数日。

 

平成最後の年末とか、その他いろいろ、

「平成最後の・・・」と付くと
なんだか急にソワソワしてしまう。

 

 
年号が変わっても、
何かが大きくは変わらないのですが、

 

あ~そうか~、そうなのね~、
とシミジミしちゃうのは、私だけでしょうか。

 

そんな訳で今日は、
「平成最後の、クリスマスイブ」です!

 

 

前回に引き続き、
神奈川県S様邸のご紹介です。

 

「ウインターガーデン」

冬の庭?それとも歌のタイトル?

 

実はサンルームのスタイルのひとつ。

 

 

S様邸のリビングから続く、サンルームには、
このように、ベージュの天幕が張られておりました。

 

ウインターガーデン

 

この天幕のお取替えをご希望されており、

そして窓には、天幕と同じ生地の
ロールスクリーンが付いていたのですが・・・

 

 

天幕の方は、
ひとつ外してみて、お預かりし、
同じ様にお仕立てするだけなので、
弊社の得意とするところ。

 

 

生地は、このようなベージュでした。


ウインターガーデン

 

その天幕やロールスクリーンの生地を新しくして、
お色直しをするのがご希望なのでしたが、

 

 

とにかく、このロールスクリーンが外れない。


サンルーム

 

 

ロールスクリーンは、
弊社では製造してないので、

 

メーカーさんに依頼することにはなりますが。

 
しか~し、

 

これって、構造上、
どうにかして外れるものでは無さそう(汗)

 

これは、この「ウィンターガーデン」の
建築物としての構造なので、

 

どうやら、そちらの方の業者さんじゃないと、
外すの無理っぽい・・・

 

でもね、そのメーカーさんには、
気に入る生地が無かったそうなんです。

 

 

そんな訳で、お客様とも思案の結果、
ロールスクリーンはそのままにし、

 

それとは別に、プレーンシェードを
新たにお取付けすることになりました。

 

弊社で製作する物ならデザインも自由自在。

そうとなれば、素敵なシェードを!
張りきっちゃうもんね~♪

 

白いモアレ生地

 

お選びいただいた生地は、
イギリス「クラーク&クラーク」の
白いモアレ生地。

 

裾は曲線的にカットして、キータッセルを。

 

幕は、一番下まで降ろさずに、
少し上げた状態でお使いになるとのことで、
このデザインに。

 

ただ、猫ちゃんの標的にならないか、
心配したのですが、それも大丈夫とのこと。

 

 

S様のイメージにピッタリだったモアレ生地。

 

ウインターガーデン

 

 
天幕の方も、もちろん同じ白いモアレ。

今まで着いていた幕と、
すっかり同じ仕様にお仕立てし、
こうやって骨を差し込んで、

 

はい、こんな感じに~

 

サンルームのあるお家

 

 

幕をたたむと、こんなふうに。

 

 

輸入生地で作るカーテン

 

ちゃんとスムーズに動きます~♪

 

シェードの方も、きれいに収まり、
素敵な白い空間になりました~

 

白いモアレ生地

 

既存のロールスクリーンのメカ部分も、
すっかり隠れてしまうので、
思いのほか、気になりませんでした。

 

今までは、両サイドの面には、
何も付いていなかったサンルームですが、

 

今回、新たに、レースカーテンを追加。

 

サンルームのカーテン

 

エレガントな刺繍のレースに、
白い無地のボイルを重ねた、ギャザーカーテン。

 

上部のギャザーバランス部分は、
すこ~し、いつものと違う作り方で、
ふんわり感をアップさせております。

 

ギャザーカーテン

 

お取付け当日は、
すっかり外が暗くなってしまったのですが、

 

 

後日、S様から素敵な画像をいただきました。

 

暖炉とカーテン

 

 

クリスマスの飾り付けが可愛い~♡

 

 

クリスマスツリー

 

 
光の透け感の美しいこと!

 


クリスマスとカーテン

 

ファブリックを通した柔らかな光は、
とても美しいものです。

 

こういった「透け感」も、
カーテンの楽しみのひとつであると感じます。

 

S様、素敵なお写真を、ありがとうございました!

 

弊社のリピーター様でもあるS様。
嬉しいメールを頂戴しました♪

 

**********************

 

今日はやわらかな陽がさしこみ
仕立てて頂きましたカーテンが一層美しく見えます。

先日は、ありがとうございました。
構造上、もしかしたらつけられないかも…と
心配したサンルームにも思い描いていた通りの
素敵なシェード&カーテンに仕上げて頂きました。

エレガントな優しさが
カーテンから伝わって参ります。
数々の我儘もすべて受け入れて聴いてくださり
悩ませてしまいましたが、
いつもお優しく最善をご提案いただきましたことを
本当に感謝しております。

お二人のお人柄に、ぞっこん惚れ込み…
またお願いしたいと仕立てをお願いいたしましたが、
この度もカーテンひとつひとつに
愛情が織り込まれているように思えてなりません。

最初のお打合せの時に、楽しみだね、と
伊賀さまにおっしゃった社長様のお言葉は
本当に暖かく、
私共にも真心が伝わって参りました。

皆様の高度な技が芸術を生み出し
我が家を彩ってくださいました。
心からの感謝を申し上げます。

*******************

 

S様、本当にありがとうございます!
(泣きそう!)

 

弊社のカーテンに対する思い、
お客様に対する思い、

それを感じ取って下さることが、
何よりも嬉しい。

 

高級カーテン

 

センスあふれるお洒落なお住まいと、
素敵なお人柄のS様ご夫妻は、
私の憧れでもあります。

また、お目にかかれる日を、
楽しみにしております!

 

 
さて、今年のブログは、これが最終となります。

 

2018年、今年もたくさんの、
素晴らしいお客様との出会いがありました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、ブログ読んでくださっている方、
本当にありがたいです。

 

たくさんの方に、ブログ読んでます~と
言っていただけた年でした。

 

本当に、本当に、ありがとうございました!
来年も、どうぞよろしくお願い致します。

 

新しい年が、皆様にとって、
良い年でありますように!

 

*12月29日~1月6日までお休み致します。

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

いよいよ、年の瀬。
今年もあと2週間を切りました!

東和商会では、忙しさもピークをむかえ、
縫製のスタッフが連日遅くまで頑張ってます。

 

つい先日まで、

龍村美術織物様からのご依頼で、
国会関係の大きなものを縫製しておりました。

 

「龍村美術織物」
創業明治27年。
日本の名だたる文化財に関わってきた、
絹織物の老舗中の老舗です。

 

やっと終わった~と思ったら、

 

弊社の小売り部門のお客様も、
今週、いっきに施工の日をむかえ、

 

今週は連日の工事の嵐。
こちらの方も、佳境に入りました。

 

 

これは、現在縫製中のカーテンの仕様書。
いつものように、食堂に貼ってみんなで共有。
(私が担当しているお客様の分です。)

 

デザインカーテン

 

 

スワッグ&テールや、フラットバランス。
ギャザーバランスに、切替カーテン、等々。

 

皆様それぞれに、オリジナル感のある
カーテンたちが、次々に納品の日をむかえます。

 

これらの素敵なカーテンは、
年明けのブログでのご紹介となりそうです。

 

 

さて、本日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

神奈川県S様邸

 

高級カーテン

 

S様邸は、以前にもこのブログでご紹介し、
とても反響のあった施工例のお宅です。

 

2016年2月21日のブログ
シックでエレガントな「メイプル」のカーテン

 
同じように~と、おっしゃる方も
とても多かった。

 

嬉しいことに、またまたお声かけいただき、
今度は、リビングダイニングや、サンルーム、
廊下など、掛替のカーテンを、
たくさんご依頼いただきました。

 

まずは、素敵なリビングから。

 

ゴージャスなカーテン

 

前からご使用になっていた、花柄のカーテン。
とてもお気に入りの生地だそうで、

 

それをそのまま生かして、
フラットバランスを付けたいとのご希望でした。

 

PCで作った、
しっかりとしたデザインイメージも、
ご持参いただきました。
(S様すごい!)

 

確かに、とっても素敵な柄のカーテンなので、
まだまだ愛用したいお気持ち納得です。

 

まずは、それまで使用していた、
ウッドタイプの装飾レールを外し、
バランスレールに取替えです。

 
フラットバランスにおすすめしたのは、
上質感のあるドイツのブランド、
「JAB」の「スターベルベット」

 

輸入生地のカーテン

 

この深みのあるブルーが、
とってもよくカーテンに合いました。

 

それと、夢のようになめらかなテクスチャー。
触った時の感想は、
皆様一様に、「気持ちいいっ!」と
おっしゃいます。笑

 

このお花柄は、
いろんなお色が使われているので、

何色を合わせても、似合ってしまう。

 

それだけに、とっても迷います。
グリーン系でも、
オレンジ系でも、
ベージュ系でも、

 

JABの「スターベルベット」なら、
穏やかなトーンのお色が揃っているので、
あれあれ、本当に何色でも似合ってしまう!

 

でもね、お選びいただいた、このブルー、
やっぱり、一番素敵かも。

 

本当にいい組み合わせ♪

 

ブラウンのお色味が多い、
クラシカルで、エレガントなお部屋に、
ブルーが入ることで、華やかさがアップ。

 


ディズニーランドみたいなカーテン

 

腰窓には、裾に上品なマクラメ付きの、
ギャザーカーテンを。
スカラップスタイルで、さらにエレガント。

 


素敵なお部屋とインテリア

 

 

大きな掃き出し窓には、バルーンシェード。
フリルは付けずに、スッキリと。

 

豪華なカーテン

 
掃き出し窓の奥のスペースはサンルーム。
(これは、また後ほどご紹介しますね。)

 

 
それから、こちらは、バルーンシェード。
PASAYAの「レローブル」は、
やっぱり、とっても人気の生地なのです。


お城みたいなカーテン

 

 

これは、どこの窓かというと、

はい、階段の途中の窓でした~!

 

階段の窓

 
遮光効果も欲しい場所だったので、
後幕をレースではなく、遮光生地に!

 

でも、後幕はタタミ上げてしまえば、
このように見えません。

 

なので、必要な時だけ登場する後幕。
機能性としてもステキ♡

 

バルーンシェード

 

どちらかというと、
階段の窓は、簡単にされる方が多い中、
なんとゴージャスで素敵なことか。

 

 

廊下の2窓も、上飾りをプラス!

フラットバランスと、
プレーンシェードの組み合わせです。

 

ダマスク柄のカーテン

 

生地は同じくPASAYAの「グローリー」
このブラウンを始め、素敵なお色が揃ってます。

 

注目してほしいのは、
デコラティブなカットライン。

 

上部のフラットバランスと、


輸入住宅のカーテン

 

 

幕の裾のラインを同じように揃えました。

 

ダマスク柄のシェード

 

こちらの窓は、ドアがすぐ横にあるので、
取付け位置は2台ともドアの高さに揃えて、
スッキリと。

 

フラットバランス

 

こーゆー細かいところ、
実はとっても大事なところ。

 

ステキなお部屋

 

それにしても、S様邸の
よく考えられたお家の作りと、
センスあふれる設えに、
訪れるたびに、感心してしまうのです。

 

あらら~、
ずいぶんと長くなってしまいました。

続きは、次回に致しましょう。

お色直しをした、
白く可愛いサンルームのお話です。

 

どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

寒いっ!!
12月も半ばとなり、当然と言えば当然の
冷え冷えとした空気です。

 

現在、年末のかけ込み的なお仕事で
工場は連日、深夜までの作業が続いています。

 

来週は連日の取付け工事となります。

神奈川県に、群馬県。
東に西に、あちゃこちゃ行きます。

 

12月に入ってから、猛烈に忙しく、
家には寝に帰るのみ的な感じに。

 

まるで、仕事の鬼のオヤジ化しており
もしかしたら、
顔もオヤジ化しているかもしれません。

 

 
すでに来年1月のご予約もたくさんいただいており、
本当にありがとうございます。

 

さて、ここでちょと嬉しいお知らせ。

 

輸入住宅スタイルブック

 

先月末に発売された、
「輸入住宅スタイルブック」の最新号に、

 

弊社のお客様が掲載されました。

 
東京都のY様です♪


輸入住宅のカーテン

 

 
お客様から、掲載のご報告いただいて、
発売を楽しみに待っておりました~!

 

輸入住宅のカーテン

 

本当に素晴らしい輸入住宅のY様邸。
皆様の憧れのハウスメーカー様の施工です。

 

お家の中の、素敵なカーテンは、
是非、こちらのブログでご覧下さい!
「やっぱり素敵♪品格あるダマスク柄のカーテン」

 

素晴らしい家具も入って、
カーテンとの相性もばっちりで、本当にうっとり♡

 

Y様、素敵な事例を作って下さり、
本当にありがとうございました!

 

 

さてさて、今回の「輸入住宅スタイルブック」
実は、他にもお知らせがあるのです。

 

「輸入住宅スタイルブック」様からの
ご依頼をいただき、
ある企画に参加させていただきました。

 

その企画とは、
輸入住宅に憧れるけれど、
金額的に難しい・・という方に向けた、


輸入住宅スタイルブック

 

「100万円代で出来る新築リデザイン」

 

輸入住宅ではないけど、
輸入住宅っぽく、リノベーションしちゃうのです。
(リデザインと言う方が良いのかしらん)

 

舞台となったのは、東京都K様邸。
施工は、「クラフトメイドハウス」様。

こちらもまた、
素晴らしい輸入住宅を作り続けておられる
素敵な会社、素敵な社長様です。

 

弊社は、カーテン担当として、
参加させていただきました。

 

紫のカーテン

 

 

無地のシンプルな遮光生地で、
カーテンと、バルーンシェード。

 

 

紫のカーテン

 

 
ブラックのビーズトリムが、アクセント。

 


バルーンシェード

 

手頃な生地でも、デザインすることで、
とてもゴージャスに見せることが出来ます。

 

これって、この企画に合ってるなあ。うんうん

 

 
ブラインドの窓にも、
やはり何かをプラスしたがる東和商会。

 
輸入住宅のカーテン

 

 

フラットバランス&ウッドブラインド♪

 


フラットバランス

 

 

リビングは、シンプルに、
グレイッシュトーンのウッドブラインドで。

 
窓の素敵なケーシングを生かし、
窓枠内に取付けました。

 

ウッドブラインド

 

 
お家のビフォーアフター、
もっとじくりご覧になりたい方は、

 
是非、「輸入住宅スタイルブックvol.19」を!

本屋へGO!

弊社の広告も載ってます。(きゃは~)

 

豪華なカーテン

 

今回のこの企画に参加させていただき、

やはり一番の感想は、
お家の中の内装で、どのような雰囲気にも
作り変えられる!ということ。

 
建具などの造作、壁紙、モールディング、
家具の力はもちろんのことですが、

 

「窓」の仕様もすっごく大事ですよね。
大きなケーシングの窓はそれだけで、
輸入住宅らしくなりますし、

 

その窓に、どんな装飾をするか、
これも雰囲気作りの大事なとこ。

 

K様、色々と本当にありがとうございました!
いい経験をさせていただきました。

 

さて、次回は、優しくて暖かい雰囲気の
素敵なカーテンのご紹介です。

 

どうぞお楽しみに!

 



皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

は~、今年も3日間の
「ジャパンテックス」が終わりました。

 

って、いつのことよ。
(そーゆーつっこみが聞こえてくる。)

 
もう1週間以上も経ってしまいましたが、
そのこともお伝えしたく、書かせて下さいな。

 

 

「ジャパンテックス」は、
年に一度の、大きな展示会。
国内外のメーカーさんが出展されてます。

 

 

ちょっと素敵な海外の見本帳を物色したり、
お客様に頼まれていた生地を探してみたり、

 

各メーカーさんを回って、
サンプル作る為の生地を決めてきたり。

 

メカ物の新商品を見学するフリをしてみたり。笑

 

あちこちでやってるセミナーを聞いたり。

 

日本各地から集まる、同業者のお仲間と、
ばったり会っては、

 

「あら~、こんにちは!」
「お久しぶりです~!」とか。

 

 

最終日の22日は、
私、伊賀もトークショーに
ちょこっと参加させていただきました~。

 

 

なんやらかんやらの3日間。

 

会場には、
カーテンの展示もたくさんあるのですが、
その中で、度肝を抜いたのが、これ!

 

森田由紀子さんデザイン

 

ジーンズのカーテン

 

 

どーなってるかわかります?これ。

ジーンズ風の生地をざくざくザクザク。
いや、ジョキジョキ、ジョキジョキか?

 

そう!切ってあるのですよ。

 

ジーンズのカーテン

 

しかも、上部についたフラットバランス。

安全ピン!

ひゃ~っ、す、すごい数。

 

これでも足りないくらいだったそうで、
いやも~、ビックリです。

 
わ、ワイルド~!
この発想力が、とにかくすごい!

 

 

森田さんは、お洒落カーテンの通販サイト
「スピルトピンク」の代表です。

 

その他、面白い工夫がいっぱいの
超楽しい、森田さんの展示ブースでした。

 

 

さてさて、
今日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

 

埼玉県E様邸

 

白いカーテン

 

 

いきなり素敵な1枚。
これは、
お客様が送って下さった画像なのです♪

 

ステキなお部屋!

そして、白いカーテン、
ちょっと珍しいデザイン。

 

 

白いカーテン

 

 

一見して、バルーンシェードのようにも
見えますが・・・

 

実は、カーテン!

 

白いカーテン

 

カーテンボックスの中には普通にレールを2本。

 

手前のトロンとした素材感の白いカーテンは、
川島織物さんの新しいレース生地。
「ローグレア」のタイプです。

 

つまり、レースの2枚掛け。

 

こちらのレース生地は、
いつもの、無地ボイルレースなのですが、

 

お城みたいなカーテン

 

たっぷりと、ゴージャスにヒダを付けた、
ボリューム感のあるデザイン。

 

正式な名前が無いので、弊社では、
「タックアップカーテン」と名づけました。

 

 

実は、お客様から、
下のような画像をいただきまして、

むむ、、奥のレース、
これは、シェードなのか、カーテンなのか?

 

白いカーテン

 

シェードのようでもあるけど、
裾をデザインしたカーテンのようでもある。

 
でも、素敵なデザインを生かす為には、
レースは閉めっぱなしになりそう。

 

ならば、ここはカーテンが良いかと、
カーテンとして作ることをご提案しました。

 

 

出来る限り、いただいた画像に忠実に。

 

白いカーテン

 
タッセルをぶら下げるところまで、
再現してみました♪

 


白いカーテン

 

 

プレーンなシェードも白いサテン生地で。
上部には、ゴージャス感のある飾りつき。

 


輸入住宅のカーテン

 

 

 
それからもうひとつ、
いただいた画像がこれ!


海外のカーテン

 

あらステキ!
なんだか、かっこいいカーテンです!
でも、何かお店のような感じですね。

 

しかし、そーとーなヒダのボリューム。
何倍ヒダなのでしょう。

 

そんな訳で、まずは3倍ヒダで作ることに。
それで、お作りしたのがこのカーテン。

 

ゴージャスカーテン

 

レース、ドレープ共に3倍ヒダです。

 

E様邸は、一般住宅ですので、
外からの見えも気になるところ。

 

さすがにレースの束ね位置は、
あんまり上ですと、
外から中が丸見えしちゃうので、

見本の画像よりは、下の位置で。

 

でも、ご希望のヒダ感になったことを、
大変にお喜びいただけました。

 

ご覧下さい、このヒダヒダ感。

 

ゴージャスカーテン

 

ストーンと下までの落ち感も美しい!

 


紫のカーテン

 

 
パープル系のサテンのカーテン。
これが3倍ヒダの、ヒダヒダ感です。

 


輸入住宅のカーテン

 

同じ生地のバルーンシェード。
ボールフリンジで大人可愛く♪

 


バルーンシェード

 

ツヤツヤっとした、サテン生地が、
女性らしくて、エレガントな雰囲気。

 


サテンのカーテン

 

白、パープル、の生地を使い、
ゴールドを、ちょっと差し色に。

 

2つのお部屋を違和感無くつなげる作戦も、
大成功でした。


お城みたいなカーテン

 

 

E様は、おうちの建築の早い段階から
ご相談いただき、

 

生地やデザインについて、
じっくりとご検討いただきました。

 

そして、理想のカーテンとして、
ご希望されていたイメージの画像。

 

それにかなり近づけることが出来、
仕上がりには、大満足していただきました!

 

とっても仲良しのE様ご夫妻。
そして、そのお人柄に大変助けられました。

 

色々と、大変お世話になりました!
素敵なカーテン、どうぞ長くご愛用下さいね!

 

本当にありがとうございました。