素敵なカーテンの施工例や、作り方まで情報盛りだくさん♪。
HPもご覧くださいませ♪ http://www.curtain.co.jp

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

5月というのに、シトシトさっむ~い日が続きましたね。

でも昨日から、カラッと晴れて
これから先、気温もどんどん上昇しそうです。

 

さて、前回から引き続き、

 

川崎市K様邸のご紹介で~す♪

 

 

突然ですが、「カーテン」とは、窓に掛けるもの。
だけではない、ですよね。

 

ん?なんのこと?と思った方必見♪

 

今日は、「窓じゃない場所のカーテン」を中心に
ご紹介ですよ~

 

 

まずは、階段のカーテンから。

 


階段

 

このように、お部屋の中に階段がある場合、
そこから、冷気や暖気が逃げてしまい、
冷暖房の効き方が弱くなりますよね。

 

それを防止する為に、「カーテン」おすすめです。

 

中にはロールスクリーンになさる方もおられます。
どちらにしても、何かで空気の遮断をする。
ってことですね。

 

K様邸は、白いレースカーテンでエレガントに。

 

階段のカーテン

 

 

この薄いレース生地1枚でも、あるのと無いのとでは
ものすごく違うんですよ。

どうせならふんわり可愛くエレガントに♪
フリル付のタッセルも付けて。

 

 

このように、カーテンを間仕切り的な使い方をする場合、
必ず「どっちを表にするか問題」が発生します。

 

 

このカーテンの場合は、間違いなくリビング方向が表。

だけど、お家の構造上、カーテンレールの位置は、
階段側を表としてつけなければならない・・

 

カーテンの裏側が見える方は、「裏」な感じがしてしまう。
とゆーのは、美しくないと弊社では考えます。

 

ならばどーするか?

 

 

そんな時、「逆フック縫製」にします。

 

階段のカーテン

 

 

カーテンは、階段側から掛けるので、こっちが表かと
思いきや、

 

本来は裏となるリビング側にくる、
カーテンの耳(両サイド)の始末を階段側に回して、

 

階段のカーテン

 

リビング側は、あくまで表になるように作ります。
これはリビング側から見たところ。

表の裏のって・・・わかりにくい話ですよね。

うう、説明難しい・・・

 

とにかく、どっちもキレイな訳ですよ。あはっ(汗)

 

階段のカーテン

 

ね?

 

ナチュラルな優しい白のレースで、
開けても閉めても、エレガント!

 

 

 

それから、最近ちらほら多いのが、

「洗濯機周りの目隠しカーテン」

 

洗濯機や、そのまわりの洗剤類など、
生活感の出るスペースを、素敵に目隠し。

 

洗濯機用カーテン

 

 

ところが、このような場所って、天井には
意外とカーテンの為の下地は無いことが多いんです。

 

 

天井の下地

 

(あ、社長。思いっきり下から撮ってゴメンなさい。)

 

ハウスメーカーさんの方でも、
窓回り以外って、カーテン付ける想定じゃないのでしょうね。

 

 

なので、一工夫。

 

つっぱり棒タイプのレールを使用して、
それにリングランナーを通しました。

 

脱衣所のカーテン

 

カーテンは普通に作って掛けるだけ。

カフェカーテン風に作ることもありますが、

 

やはり、ランナーにフックで掛けたほうが、
開け閉めもしやすく、使い勝手も良いのです。

 

今回は、固定型のつっぱり棒
TOSO「グレイス11」に、
ゴールドのリングランナーを組み合わせ。

 

裏から見ると・・・

 

脱衣所のカーテン

 

こんな感じになっています。

 

小さなスペースのカーテンですが、

白いシャンタン生地をベースに、
ふんわり白いボイルレースを一体化のギャザーバランスに。

 
ボールフリンジも付けて、可愛くしました~♪

 

小さなカーテン

 

 

こんなカーテンだったら、この場所で家事をするのが
楽しくなりそう!

 

 

間仕切りカーテン

 

 

K様邸では、採光用の小さな窓が多いのですが、
すべての小窓に、

 

小さなフラットバランス

 

 

可愛いフラットバランスや、カフェカーテンをお取付け。

 

 

小さなカフェカーテン

 

ガラスむき出しよりも絶対素敵♡
小さな窓こそ、住む人のセンスが光ります。

 
こだわりの可愛いカーテンの数々、いかがでしたか?

 

K様から嬉しいメールを頂戴しました。

 

*************************

 
昨日は大変素敵なカーテンをつけてくださり
本当にありがとうございました。
カーテンでお部屋の雰囲気がこんなにも変わるものだとは。。。
目の当たりにして改めて感動です!
昨日は本当に嬉しくてあの後 写真を撮る角度を変えたり

方向を変えたりずっと撮影に没頭してしまいました笑
本日引越しが終わり夫が見て
お城みたいー!!と驚いていて笑
夫は寝室のビーズカーテンが一番気に入ったみたいで
黒のビーズが綺麗だとずっと眺めてました 笑

先程少し落ち着いて2人で話して
やはり東和商会さんにお願いして本当に良かったといっていたところです
本当にありがとうございました!

 

*************************

 

 

良かった~♪♪

お喜びいただけて、本当に嬉しいです!

「ピンクのふんわり~」あたりでは、
色々な課題をいただき、弊社としてもさらにパワーアップ
させていただきました。

こだわりのカーテン、K様ご夫妻に末永くご愛用いただけたら
とっても幸せです!

本当にありがとうございました。

 

 

K様のように、カーテンにたくさんのこだわりを持ち、
オリジナル感を求める方は少なくありません。

 

でも、それを形にしてくれるカーテンショップは、
とても少ないようです。

 

せっかくの「オーダーカーテン」なのですから、
世界にひとつしかない、素敵なカーテンを作りましょう!と

 

声を大にして言いたい、東和商会でした。

 

ではでは、また次回もステキなカーテンを
お楽しみに!

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

終わりましたね~、ゴールデンウィーク。

 

皆様いかがお過ごしでしたか?
おかげ様で、
私は充実したお休みを過ごさせていただきました。

 

 

お休み明け、出社するとたくさんのメールが・・
すべて、只今進行中のお客様からです。

 

皆様、弊社のお休みが明けるのを待っていて下さったのです。

 

お休みボケなんて許されない。
急速にお仕事モードに突入!なのでした。

 

昨日は、その対応であっという間に1日が過ぎ。

 

窓数の多い少ないに関わらず、
現在15件ほどが、同時進行中です。

 

その中には、おうちの完成まで、たっぷり時間のある方も
いらっしゃれば、

もうすでにお引越しなさっていて、なるべく早めに
お取付けをご希望されている方もおられます。

 

また、お引越しには間に合わないけれど、
海外の素敵な生地の到着を心待ちになさっている方も。

素晴らしい生地は、待っている間もワクワクさせてくれます。

 

それから、お取付け後に、
さらに追加のご注文を下さる方も多いのです。

 

弊社で作るカーテンのデザインや縫製技術をご覧になり、
いっそう信頼を寄せて下さるお客様。

本当にありがたいことです。

 

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です♪

 

 

川崎市K様邸

 

 

スワッグ&テール

 

 

弊社の定番とも言える、「エリザベス」のアイボリーと、
淡いピンクを組み合わせた、甘くて可愛いスワッグ&テール。

 

 

スワッグ&テール

 

 

そして、レースはこれまた人気の「トンベ」

 

 

東和商会では定番の「組み合わせ」ではありますが、
実は今回、かなりオリジナルな部分があるのです。

 

 

K様の当初からのご希望は、ピンクのシフォンのような素材を
エリザベスと組み合わせて、
ふわふわっとした装飾が何か出来ないか?という事でした。

 

 

ピンクのレース

 

 

色々な案はあったものの、
ピンクの透け感を生かすスタイルとして、
2種類のレースを重ねる。という作戦に。

 

 

ピンクのレース

 

 

トンベのレースカーテン横巾の半分に、
ピンクのボイルレースを重ねたのです。

 

この淡いピンクのボイルレース、ありそうで無い色。
ピンクが強すぎてもダメで、薄すぎてもダメ。

そして、カーテンとなってヒダが出た時に、
ちょうど良い具合の濃さになるように。

 

 

ピンクのレース

 

 

レースの「トンベ」と、ドレープの「エリザベス」の間に、
淡いピンクの部分があるのがわかりますでしょうか?

 

 

スワッグ&テール

 

 

ストーンと降ろしても素敵ですが、

 

 

ピンクのレース

 

 

このようにピンクの部分を束ねても、可愛いのです♪

 

このピンク部分を、
何枚重ねにすれば、ピンクの色具合が良く出るか、
重ね過ぎてしまうと、縫製の部分で良くない点もあり、

 

一番良いと思われる着地点までには道のりがありました。

これは「ピンクのレースでふわっと作戦」と命名。

 
K様と弊社縫製スタッフとで悩み考え誕生した、
これから真似したい素敵なスタイルです。

 

 
コサージュなど、細かい部分にもピンクをミックス!
まさに砂糖菓子みたいに甘く可愛い仕上がり。

 

 

可愛いカーテン

 

 

同じ空間の腰窓には、やっぱりお約束の、
「バルーンシェード」が似合います。

 

 

バルーンシェード

 

 

家具は白系で統一。
甘いエレガント感でお部屋が充たされております♪

 

 

白家具のお家

 

 

続いてこちらは、
同じく生地は「エリザベス」ながら、

 

ボリュームたっぷりに作った「ギャザーバランス」

 
ギャザーバランス

 

 

先ほどのスワッグ&テールと同じ生地の組み合わせですが、
デザインが変わると、その表情もガラリと変化。

 

 

ギャザーバランス

 

 

たっぷりのギャザーは、女の子感にあふれています♪

 

 

リボンタッセル

 

 

薔薇のコサージュ付きリボンタッセルで、
ラブリー度もアップ♡

 

 

コサージュ付リボン

 

 

小さな小窓も、簡単にはせずに、
しっかりギャザーバランスを施しました。

 

 

ギャザーバランス

 

 

可愛いっ!のひと言につきます。

 

 

ギャザーバランス

 

 

 

 

さて、お次はまたまた白いカーテン。

 

でも、甘くはないんです~

 

白いカーテン

 

 

黒いビーズトリムでキリリと引き締め。
ピリッとスパイシー

 

 

 

 
白と黒のカーテン

 

 

寝室なので、しっかり遮光生地。
遮光で白って、実は種類としてそう多くない。

 

 

黒いビーズ付きカーテン

 

 

黒いビーズトリムと、

 

 

黒いタッセル

 

 

 

濃い色のタッセルがアクセント。

 

バルーンシェード

 

小窓は、可愛くバルーンシェード。
でも甘くない。黒が効いてます♡

 

 

寝室のカーテン

 

 
レールは、アイアン調で人気の「クラスト19」

お色は、ベッドフレームの素材と合わせたブラスで。

でも、問題発生。

 

エアコンがかなり接近!!
許されたスペースですと、この槍型の飾りは厳しいかと。

 

一度は、諦めかけた飾りでしたが、
なんとかギリギリ収まり、お喜びいただけました!

 

 

クラスト19

 

 

カーテンレールとエアコンは宿敵の関係です。

 

 

白いカーテン

 

ふ~、良かった。

 

きりりとした表情の、
白と黒の大人可愛いカーテンです。

 

同じ白でも、デザインと小物で色々なテイストになります。
カーテンで、お部屋の雰囲気も大きく変わります。

 

まさに、カーテンマジック♪

 

素敵なK様邸、次回につづきます。

皆様、お楽しみに♡

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

 

GWのど真ん中。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

いつも、どちらかと言えば土日祭日が忙しいのですが、
年末年始と、お盆と、GWだけは、誠に勝手ながら
弊社工場と合わせて、カレンダーどおりに、
お休みさせていただいております。

 

 

日頃、なかなかお友達とも休みが合わないので、
年に3回のまとまったお休み中は、ここぞとばかりに、

 

あっちで飲み会、こっちでランチ会、また飲み会・・・と
いつも、お友達ウィークになってしまう伊賀でした。

 

あ~、ビールが美味いっ!

 

ビール

 

さてさて、今日は、お仕事モードに切り替えです。

 

 

今日ご紹介しますのは、とってもエレガントで、
品格あるダマスク柄のカーテンから。

 

東京都大田区Y様邸

 

 

上品なカーテン

 

 

3連窓にはバルーンシェード

 

 

バルーンシェード

 

 

掃き出し窓には、スワッグ&テール

 

 

スワッグ&テール

 

 

 

生地はマナトレーディング「フォンティーヌ」

 

 

フォンティーヌ

 

 

淡いトーンのグレイッシュなブルー。
そして格式ある雰囲気のダマスク柄。

 


フォンティーヌ

 

 

 

ボールフリンジは、ご存じ「ヴィヴァルディボールフリンジ」

 

 

ボールフリンジ


 

シンプルな2スワッグの、軽く重ねスタイル。

 

 

ヒダ整えスタイル

 

ヒダをよ~く整えて・・・

カーテンを束ねる時も、ちょっとしたコツで、
ゴージャス感がアップします♪

 

 

刺繍レース

 

レースカーテンは、花柄刺繍の「ティナ」。
外からほどよく見えにくく、ナチュラルで上品な生地です。

 

 

フォンティーヌ

 

やっぱり素敵ですね!ダマスク柄。
皆様に人気なのがよくわかります♪

 

 

 

2Fの3連窓も同じバルーンシェードながら、
生地は遮光タイプで。

 

 

3連窓のシェード

 

 

生地は川島織物セルコンFT0430

 

光沢ある起毛した生地は、
まるでベルベットのようで、人気の生地です。

 

 

バルーンシェード

 

 

スリット部分を濃いめのブラウンで切り替え。

張りのある生地を落ち着かせ、
アクセントにもなる、生地の切り替え。

 

遮光のバルーンシェード

 

寝室の小窓はすべてバルーンシェードに。

 

 

画像の右側にチラリと見えるアクセントクロス。

 

 

素敵な壁紙

 

 

これがすっごく素敵なんです♡

 

素敵な壁紙

 

 

おトイレの壁紙も。

 

 

トワルの壁紙

 

 
トワルドジュイ柄がいいわあ~♡

ウキウキ♪

 

 

素敵な壁紙

 

 

 

 

さて、後回しになりがちなのが、ご主人様のお部屋。
正直、やっぱり奥様メインになってしまうのが常で。笑

 

しか~し、S様はご主人様のお好みを第一番に。

 

マルメゾン

 

 

ご主人様のお好きな色柄として、ピッタリだったのが、
マナトレーディングの「マルメゾン」

 

 

マルメゾン

 

 

レールはTOSOクラスト19 アンティークゴールド。

 

左側壁のスペースが無かったので、Eキャプに。
それでも少々心配していましたが、

 
うまく、収まりました♪

 

 

クラスト19

 

 

ご主人様のお部屋と、奥様のお部屋はひと続きになっており、

 

ご主人様のお部屋の壁は、深みのあるモスグリーン。
つづく奥様のお部屋は、明るいトーンのグリーン。

この感じ。いいですね~(しみじみ)
どちらも素敵なお色です。

 

素敵なお部屋

 

 

奥様のお部屋は、

フランス「テヴェノン社」のトワルドジュイの生地で、
プレーンシェードを。

 

 

 

トワルドジュイのシェード

 

 

裾のキータッセルが効いてます♪

 

 

プレーンシェード

 

こちらはレースはカフェカーテンに。

 

ナチュラルでシンプルなスタイル。
でも、大人の上質感があります。

 

その他、小窓のエレガントなカフェカーテンや、

 

カフェカーテン

 

 

カフェカーテン

 

 

ゲストルームの、可愛いカーテンなど。

 

 

グリーンのカーテン

 

ビーズや、トリムをちょこっとプラスすることで、
ぐっと素敵になりますよ。

 

 

トリム付カーテン

 

 

せっかくのオーダーカーテンですもの。
オリジナル感がないと、もったいない。

 

お色や、生地の柄には、とってもこだわった内容で、
Y様らしさがいっぱいつまった、窓装飾となりました。

 

 

とってもお優しいお人柄のY様ご夫妻。
色々と大変お世話になりました!

 

ご新居での生活、いつまでもお幸せでありますように!

 

本当にありがとうございました!

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

まもなくゴールデンウィーク。
皆様、どんなご予定ですか?

 

日頃、土日祭日関係なく動いている小売り部門も、
年末年始と、お盆と、GWだけは、
工場に合わせて、カレンダーどおりに
お休みいただいております。

 

お問い合わせのメールなど、
お返事がお休み明けになりますが、
何卒ご了承下さいませ。

 

さて、前回に引き続き、
「ジェントルマンズハウス」こと、N様邸のご紹介です。

まずは、予告どおり、お待ちかねの寝室でございます。

 

 

ピンクの寝室

 

 

その他のお部屋とは、がらりとお色を変えて。

きゃっは~♡

 

ピンクの寝室

 

可愛いピンクのベルベットは、
イギリス「クラーク&クラーク」のもの。

お色名は、「CANDY」名前からしてカワイイ♪

 

ピンクのフラットバランス

 

 

他のお部屋と同様に、すべてフラットバランスを。

赤いカーテンと、全く同じデザインに見えても、実は
窓の巾や丈に合わせて、微妙にサイズを変えています。

 

ピンクのフラットバランス

 

フラットバランスの丈、アーチのつけかた。

 

 

フラットバランス

 

 

レースに施したサテンの切り替えの分量。

小さな窓の装飾


ベッドヘッド側の、とっても小さな窓も同じ様に。

 

ラブリーなピンクを引き締めているのは、
シックなトーンのパープル系のトリムとタッセル。

 

 

ピンクのベルベット

 

パープルのサテン生地で、フットスローもお作りしました。

そうそう、壁紙はウイリアムモリス。
もちろん、どんぐり柄です♪

 

 

お次は、ランドリールーム

 

ランドリールーム

 

画面中央にある、「アイロン台」
なんとな~く、土台の部分、見覚えある感じしませんか?

 

実は、なんとビックリ、元は床屋さんの椅子なんです!

 

バーバーチェア

 

家の向かいにあった理髪店から、廃棄処分される椅子を
引き取ったそうで、それがさかのぼること35年前。

 

それから、時にはテーブルの脚になったりしながら
N様と時間を共にしてきた愛着の品。

 

アイロン台

 

今回、アイロン台の足に落ちつきました。

 

N様にとって、バーバーチェアへの憧れは、
ジェントルマンへの憧れを象徴するアイテムなのです。

 

それにしても、N様の発想力と実現力がすごい。

 

「ジェントルマンズハウス」は、
おトイレの照明だって、こだわっております~

 

素敵な照明

 

 

どちらも、アンティークの米国製ランプです。
上の画像の方が時代は古く、ゴシック様式。

 

素敵な照明

 

こちらは、アールデコ様式。

そして、トイレのカーテンとは思えない豪華さなのでした。

 

 
3Fの小さなお部屋は、フリースペース。

 

小さなカーテン

 

 

趣味の物が置いてあったりしますが、
酔っぱらった友達が寝るスペースとしても。

 

 

屋根裏部屋


「ジェントルマンズハウス」は、どこまで男の天国なのか!

 

男じゃなくても、こりゃ楽しすぎますっ!

 

さてさて、第一話目でちらりお伝えした、
「テーブルクロス」のおはなし。

 

ダイニングテーブル

 

その前に、素晴らしい彫刻の、
このテーブルについてご説明いたしましょう。

 

1910年の英国製のアンティーク。
材質は、無垢のオーク材(どんぐりの木)。

カイガラムシを乾燥させてアルコールで溶かした、
古代からのニスで仕上げたものだそう。

フレンチポリッシュという、真綿でポンポン、
気が遠くなるほど繰り返す塗り方なんですって~

 

ひゃ~、勉強になります~!

 

この素晴らしいテーブルが、
テーブルクロスで隠れちゃうのは本当にもったない、
のでありますが、

 

これまた、素晴らしいテーブルクロスなのですよ。

まずは生地探しから。

 

ご要望を聞き、ご提案した中で、
N様のハートを射止めた生地はこちら。

 

ギリシャの生地

 

ギリシャの生地、「DEKOMA」のコレクション。
生地名「BABILON」

メリハリの効いた配色の中に、
クラシカルな雰囲気が感じられる生地です。

 

出来上がったのがこちら。

 

テーブルクロス

 

テーブルクロスのデザインは、なかなか凝ったもので、
まわりはぐるりと、箱ヒダを取った仕様。

箱ヒダの裏地には、ゴールドのサテン生地を使用。

 

ゴールドサテン

 

 

これまたぐるりとゴールドのフリンジで囲みました。
すべてN様ご指示のデザインです。

いや~、とにかく豪華!

 

テーブルクロス

 

素晴らしい生地であるとともに、
凝ったデザインなので、なかなかのお値段にはなりました。

でも、妥協を許さないN様には、
本当にご満足いただくことが出来たのでした。

 

素敵なテーブルクロス

 

弊社でも、これだけ豪華なテーブルクロスは今まで例がありません。

ただ、弊社はあくまでカーテンの縫製工場です。
こういった、テーブルクロスや、ベッドカバー、クッションなど、
いわゆるソフトファニシング類の縫製は、
それだけでのご注文は承っておりません。

 

あくまで、カーテンをご注文いただいたお客様への
お礼の気持ちで、お引き受けしております。

 

 

テーブルクロスの他にも、ご注文いただいたのが、
壁を飾る、ファブリックボード的なもの。

 

壁飾り

 

といっても、厚みは無いようにお作りし、
壁にピタッとはめ込んでいただく形。

 

壁飾り

 

 

四角い形や、

 

壁飾り

 

 

丸い形。
きれいに丸く縫っていくのは、実はかなり難しいのですよ。

 

壁飾り

 

 

以下は、N様からのお言葉。

*********************

素晴らしいクォリティーに大変感激しております!!
東和商会さんの技術力に脱帽です!

**********************

 

いや~ホント、
ご満足いただけたことが何よりも嬉しい。

そうそう、「ジェントルマンズハウス」の
斬新な、タッセルの使い方をご紹介しましょう!

 

 

タッセルの使い方

 

 

N様、取付け後のカーテンを眺めては、
色々とスタイリングして楽しんで下さっています。

この画像を送っていただき、

おお!まるで豪華な海賊船のようですね!と申し上げると、
N様も、まさにそんなイメージだったそうなのです。

 

これをやるには、
「ふさかけ」が両サイドに必要な訳ですが、

ドレープカーテンを閉めた時、通常は
タッセルは、お役御免でぶらんとはじっこに待機。

その時間帯、このようにしてタッセルを主役にするのは
目からウロコの斬新なアイデアです!

 

まだまだホントは、ご紹介しきれていないところがいっぱい。

 

見どころ満載の「ジェントルマンズハウス」は、
後々、1冊の本にまとめられるとのこと。
それも納得です。

 

まだまだ、N様の創作意欲はとどまることなく、
色々な発想をめぐらせておられます。

 

N様、この度は、素敵なお住まいの窓装飾に
関わらせていただき、本当に光栄に思っております!
またお会い出来る日を楽しみにしております。

 

本当にありがとうございました。

 



皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

世の中は、新学期、新年度、色々と初々しい季節ですね!

 

私にも、うん十年前、初々しい季節がありました。
時は昭和のバブル時代。

 
あ、歳が完全にバレますね~ 笑

 

でも、そんな若い時代より、
ありがたいことに今の方がずっと楽しい私です。

 

この仕事でなければ出会うことのなかった、
たくさんの方々が、
新鮮な毎日と、感謝と、感動を与えてくれます。

 

人生というのは面白いもんですね。
(なんかの歌詞みたい?)

 

さて、本日は皆様に驚いてもらいます~!

ご紹介しますのは、その名も
「ジェントルマンズハウス」

 

え~?それは何~?お家なの?
気になるでしょ~

 

画像をご覧になれば、このネーミングに納得ですよ。

 

ジェントルマンズハウス

 

煉瓦作りの素敵な建物。

東京都杉並区「ジェントルマンズハウス」は
N様邸でもあります。

 

表札にある、「DONGURI」(どんぐり)は、
このお家の主、N様(男性)のお好きなモチーフなのです。

 

ジェントルマンズハウス

 

玄関のドアを開けると、まずリビング的な空間に。

 

しかし、これはリビング、と言い切るにはちょっと違う。
N様は、このお部屋を仲間が集う社交場としての利用を
お考えなのでした。

 

赤いカーテン

 

広がる空間は、くつろぎのスペース。

 

現在、チェスターフィールドのソファーをイギリスに
オーダー中で、6月頃に搬入されるのだそうです♪

 

 

海外スタイル

 

靴は脱がないスタイルの「ジェントルマンズハウス」

 

 

ダイニングキッチンもこのとおり。

 

 

ジェントルマンズハウス

 

なーんて、さらりと紹介しておりますが、
もう、この時点で、かなりすごい。

 

ここから、さらに、すごくなる。
何がすごいって、何もかもなんですが、

 

私、伊賀の素直な感想をまず言わせてっ。

 

すーっ(息吸い込む)

「ここは、男の城なのだ~っ!!」

(ゼハーゼハー)

 

 

ひとまず、素晴らしいお部屋の数々をご紹介してから、
カーテンの話しにしましょうか。

 

素敵なキッチン

 

もう。カッコ良すぎでしょ。

 

まずは、この色使いにやられてしまった。
N様も、ドライウォールの壁のお色は吟味に吟味を重ね、
決定されたそうな。

 

ダイニングテーブル

 

 

ダイニングテーブルは、
1910年頃の英国アンティークのドローリーフテーブル。

素敵なテーブルクロスもお作りしたので、
これについては、また後ほど。

 

 

かっこいい書斎

 

書斎。

椅子はチェスターフィールドのタイプですが、
キャプテンチェアと呼ばれるものだそう。

 

デスク用は、1950年代に作られた
「リボルビングチェア」と言う、角度が変えられる椅子で、
購入後、かなりのメンテナンスを施し蘇った椅子なんですって~

 

 

赤い階段

 

 

歴史的建築物を思わせる、重厚な雰囲気の階段を上がります~

 

 

階段

 

 

大きな鏡は、1800年代の「オーバーマントルピースミラー」
その名の通り、暖炉の上に置かれていた鏡です。

 

 

アンティークの鏡

 

N様曰く、
フランスのボロボロなブロカントを購入し、リフィニッシュしました。
とのこと。
この年代の家具は、俗にナポレオンⅢ様式と呼ばれるのだそうです。

 

 

どんぐりの照明

 

この照明の形、なんだかわかりますか?
なんと、「どんぐり」なのです。
可愛い!

 

1920年代のアメリカ製のアンティークだそうで、
現在、大小セットで入手することは、とても難しく、
「どんぐり」を愛するN様にとって運命を感じる逸品とか。

 

 

パウダールーム

 

 

ここからが、私一番の感動ポイントでございます。

 

それっ!

 

パウダールーム

 

2台並んだ、重厚な雰囲気の洗面台

 

そこから続く、WIC

 

クローゼット

 

これって、映画とかで出てくるやつですね。
ざざざ~っと、スーツが並んでて、
さささ~って、服選ぶ、あれ。

 

N様こだわりの服と靴。
ずらずらっと並んでおりました。

 

「ジェントルマンズハウス」は、
男性でなくとも憧れる、N様こだわりの宝庫なのです。

 

 

といったところで、そろそろカーテンの話。

 

ほとんどの窓に、赤のベルベットを使用していますが、
実は、お部屋により、すこ~しずつ色が違います。

 

赤いベルベットのカーテン

 

素晴らしい窓のケーシングを生かす為には
枠内のお取付けになりますが、

 

もちろんN様もそれを希望されていて、
すべての窓に、枠内のフラットバランスをとのご要望でした。

 

このフラットバランスのアーチ型のカットも、
このラインに行きつくまでには、道のりがありました。

 

フラットバランス

 

 

N様のご要望を最大限に取り入れながらも、
縫製の立場からの意見もお伝えし、

 

 

赤いフラットバランス

 

最終的に、ご納得いただく形になるまでには、
たくさんの打合せを重ねたのでした。

 
施工に関しても、

窓枠内の有効奥行は6センチほどしかない為、
バランス、ドレープ、レース、と3つのアイテムを入れるには、
ちょっと工夫が必要です。

 

素敵な窓

 

まず、バランスレールは、枠ギリギリのところに天付け。

ここにドレープ&レースのダブルレールを入れるのは、
すでに厳しい状態なので、、、

 

ドレープ用に、細めのレール「ウィンピア」を。
その後側に、「グレイス11」を使用してカフェカーテンに。

 

赤いベルベット

 

ひとつひとつのカーテンは、小さいサイズですが、
生地の切り替えやトリムなど、とっても贅沢な仕様です。

窓の数は、合わせて24窓。
そのすべてに、ゴージャスなカーテンをお取付け♪

 

 

赤いカーテン

 

 

「ジェントルマンズハウス」は、
N様のお住まいであると同時に、大人の社交場でもあります。

 

すべてにこだわり抜いたインテリアは、
現在も、あちこち手をかけ、さらに素敵に進化中!

 

書斎のカーテン

 
こだわり方が半端じゃない!
見どころだらけの「ジェントルマンズハウス」
1回だけでは紹介しきれません。

 

次回は、その他のお部屋をご紹介致しますね。

ガラリと色を変えた寝室や、
素敵なテーブルクロスもね!

 

どうぞお楽しみに!