素敵なカーテンの施工例や、作り方まで情報盛りだくさん♪。
HPもご覧くださいませ♪ http://www.curtain.co.jp

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

いきなり涼しい!
台風の影響だそうですが、

 

それにしても、

連日の猛暑に疲れてしまったので、
この涼しさにちょっとホッとしたりして。

 

いよいよ今週末からは、
弊社も「お盆休み」に入ります。

 

 

さて、今日は前回からの続きで、

 

川崎市H様邸のご紹介 第2弾でございます!

 

輸入住宅の魅力のひとつ、
塔屋になった連窓がありますね。

 

弊社では、なんといっても
「バルーンシェード」が人気です♪

 

バルーンシェード

 

特にこの大きさのものを
弊社では「プチバルーン」と呼んでいます。

 

メルヘンチックなカーテン

 

バルーンシェードはお高いのでは?っていうのが
常識みたいになってますが、

 

弊社の場合は、
プレーンもバルーンも同じ値段!!

 

え~っ!って驚いていただけました?

 

外国みたいなカーテン

 

ただし、生地1巾で作れる大きさが
条件なのですけどね。

 

なぜそれが可能なのか、
それはまた今度ご説明しましょう~

 

輸入住宅のカーテン

 

人気のバラ柄です。
ピンクのトリムをつけて、可愛く♡

 

 

 

こちらは、ご主人様の書斎。

 

書斎のカーテン

 

赤いダマスク柄、クラシカルで素敵です。

 

輸入生地PASAYAの「ベートーベン」
とても人気があったのに廃番になってしまい、

 

赤いダマスク柄のカーテン

 

 
でもH様のご希望で、
ダメもとでメーカーに聞いたところ、
なんと少し在庫がありました!ラッキー♪
(聞いてみるもんですね~。)

 

アーチ窓のカーテン

 

カーテンレールを付けるにあたり、
アーチ窓を出すか、隠すか、
いろんな場合がありますが、

 

H様は、アーチを生かす形でのスタイルで。
アイアン調のレールがお似合いです。

 

クラシックなカーテン

 

カーテン内側に小さめのトリムを付けて。

 

さりげなく、ゴールドの差し色になり、
高級感アップ!

 

赤とゴールドって、永遠にかっこいい♪

 

 

輸入住宅のカーテン

 

シェードの方は、上部にフラップ付。
キータッセルも付けて、いっそうクラシカルに。

 

 

それから、こちらのお部屋は、
レースカーテンだけを、ご依頼いただきました。

 

クロスオーバーカーテン

 

上飾りは、後々付けるご予定で、
バランスレールだけを先にお取付けしました。

 

シンプルなボイルレースでお仕立てした、
「クロスオーバースタイル」のフリル付カーテン。

 

たっぷりと、ボリューム感を出してセットすると、
エレガントで、とっても可愛いです。

 

 

さて、2回に渡り、ご紹介してきたH様邸。

 

 

前回のを見てない方の為に、もういちど、
リビングダイニングのご紹介。

 

お城みたいなカーテン

 

じゃ~ん、迫力の

「スワッグ&テール」なのです。

 

吹き抜けのカーテン

 

おお、やっぱり素敵!

 

輸入住宅のカーテン

 

建築段階から2年以上にわたり、
お打合せをしてきたH様。

 

検討に検討を重ねて、
迷ったり、悩んだりしながらの長い期間があるから

 

完成したカーテンに、
いっそうの喜びがあると思います。

 

ホテルライクなカーテン

 

 

******************

(H様からいただいたメールの中の一部分です。)

吹き抜けやダイニングの美しいスワッグテールをみて、
これが家なんだ!とまだ驚いてしまいます(笑)
そして、お客さんが家に来ると吹き抜けのカーテンは
特に驚かれます。
ほんとに長いこと迷っていましたが、
無事色も決まって形になり、家のインテリアに
なじんでよかったと思います。

 

********************

とってもご満足いただいたご様子です♡

 

実はまだ継続して、お打合せ中の窓があり、
これは、じっくりと楽しみながら
決めていただきたいな~と思っております。

 

長いお打合せ期間となりましたが
その甲斐あって、とっても素敵に仕上がり、

 

私どもも、お取付けの際には、感慨ひとしおでした。

 

H様、本当にありがとうございました。
弊社にとっても、自慢の施工例となりました。

 

そして引き続き、
どうぞよろしくお願い致します♪

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

台風です!
現在、こちら埼玉の越谷は大荒れです。

 

それでも、
本日2件の取付け工事を済ませてきました。

 

ちょうど午前10時頃から、午後3時くらいまで、
ウソのように雨がやみ、

 

その間に終わらせることが出来たのです。
(これ間違いなく晴れ女パワー 笑)

 

さて先日、日本ファブリックス協会(通称NIF)が、
「窓装飾プランナー」を対象とした企画の
見学会に行ってまいりました。

 

場所は、「富岡製糸場」と、
「黒沢レース」さんです。

 

富岡製糸場は、皆様ご存じの世界遺産。

 

富岡製糸場

 

この「トラス構造」の屋根も見どころのひとつ。
140m300釜の自動繰糸機は圧巻です。

 

 

黒沢レースさんは、色んなメーカーのレース生地を
専門に作っておられる企業さんです。
(HPをご覧になると、工場内の様子が見れますよ~)

 

黒沢レース

 

黒沢レースさんは、
大ヒットしたドラマ「陸王」のロケ地でもあるのです。
(生地工場のシーン、何度かありましたよね。)

 

生地の出来るまでの工程を見学すると、
ひとつの生地を作るのがどんなに大変か、

どれだけの人の手間と時間がかかっているか。

 

もっともっと生地を大切に扱いたい。
という気になります。

 

ものすご~く暑い日だったのですが、
色々な方と出会えた、有意義な日となりました。
さてさて、前置きが長くなりましたが、

 

本日のタイトル、
吹き抜けの素敵なおうちのご紹介です♪

 

 

神奈川県川崎市H様邸

 

吹き抜けのカーテン

 

 

じゃじゃ~ん!!

 

吹き抜けのカーテン

 

 

下から見上げてみる~

すご~い迫力~♪

 

 

ディズニーランド風カーテン

 

大きく、そしてスッキリとシンプルに仕上げた
「スワッグ&テール」

 

ライトグレーの生地が、とってもシック。

 

お城みたいなカーテン

 

H様は、お家の建築が始まる前から
カーテンのご相談をいただき、

 

吹き抜けの窓に、「スワッグ&テール」を
お取付けするという確固たるご希望のもと、

 

カーテンボックスをどのように作るべきか、など
たくさんのやり取りをさせていただきました。

 

かれこれ、2年以上前のこと。

 

吹き抜けのカーテン

 

この窓を、どんなふうに装うのか、
本当に長い間、検討に検討を重ねていただきました。

 

ホテルみたいなカーテン

 

 

一番にこだわられたのは、生地のお色。
エレガントでグレイッシュなトーンをご希望でした。

 

トリムは、マナトレーディングの
「ヴィヴァルディボールフリンジ」

 

このあたりは、ゆずれない、お好きなテイスト♪

 

五洋インテックスカミュ

 

そしてレース生地。

 

吹き抜けのように、丈が5m以上あるカーテンの場合、
生地の選択肢は、かなり制限がでてきます。

 

刺繍などでデザインされた、
いわゆる「横使い」タイプの生地は、
生地巾の問題から、吹き抜けには使用できません。

 

でも、H様がどうしても使いたかったのが、
五洋インテックス「カミュ」
(思いっきり代表的「横使い」の人気レース)

 

使いたい、使えない、そのモヤモヤは、
きっと、ずーっとH様の心を悩ませてきたに
違いありません。

 

そして、最終決断。

 

なんと、横使いの生地をつなぎ合わせることに!!

 

ディズニーランドみたいなカーテン

 

えーっ!!ホントに?

H様からそうご指示いただき、
いやホント、ビックリしたのなんの。

 

H様、これはなかなかのチャレンジですよ~
果たして、そんなことが出来るのか?

 

なんとっても、刺繍のダマスク柄ですから、
縦に繋げるなんて想定にない生地なのす。

 

柄合わせがうまくいくか、
ヒダがちゃんとキレイに出るか・・・

 

その縫製により、考えられるデメリットも
良くご説明させていただきましたが、

 

でも、そんな事例が他にもあるとのことで、
これまたビックリなのでした。

 

しかし、やるからには、
弊社の技術の粋を集めて、
おかしくないものを、作らなければ。ってことで

 

 

吹き抜けのカーテン

 

その結果・・・・
ご覧下さいませ。違和感ありません。

 

ほ~、これはすごいんじゃないですか?
綺麗ですっ!

 

縫製スタッフの技術力にも感謝。
H様もほっと一安心。お喜びいただきました。

 

でも、これ、同じことやりますと、
なかなかのチャレンジャーになるので、
色々覚悟の上で、ということになります。(汗)

 

今回綺麗に出来たことは、ミラクル~なことで。

 

そして、レースカーテンは実は2枚掛かっています。
この刺繍のレースの後に、無地のボイルレース。

 

「カミュ」だけでは、透け感があり過ぎるので、
その対策に、ボイルの無地を重ねた訳なのです。

 

 

刺繍のレースカーテン

 

 

そしてドレープ用のレールは、「紐引きレール」
手動で、紐を引いて開閉するレールです。

 

 

吹き抜けのカーテン

 

 

「紐引きレール」は、
このように、端っこに長いコードが下がります。

 

つまり、この窓、
カーテンボックス内には3本のレールが付いています。

 

お城みたいなカーテン

 

 

シンメトリーに位置する小窓は、
人気のアイアン調レール、「クラスト19」で。

 

シンメトリーな窓

 

 

カーテン丈は、床までの長さに。

 

 

シンメトリーな窓

 

 

ダイニングルームにも、同じように
「スワッグ&テール」

 

お姫様みたいなカーテン

 

う~ん、エレガント!
白&ライトグレー 素敵です♪

 

こちらの窓は、巾に合わせて
スワッグ3個のデザイン。

 

弊社では、一番オーソドックスなスタイルですが、
一番シンプルで美しいとも言えます。

 

豪華なカーテン

 

スワッグ(丸い部分)が、
生地をバイアス状にして作れる大きさというのが
肝心なのです。

 

生地を45度の角度で製作したスワッグは、
なめらかで美しいヒダとなります。

 

ホテルライクなカーテン

 

 

さて、素敵なH様邸は、次回に続きます。

 

可愛い、バルーンシェードと、
クラシカルなプレーンシェード、
どうぞお楽しみに!!

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

7月後半となりました。

 

子供たちは夏休みになったのですね。

 

子供が大人になっちゃった我が家では、
夏休みも、冬休みも、気がつかないまま
一年が過ぎていきます。

 

まちなかで、昼間から子供の姿をみかけて、
あ~、学校おやすみね・・・
やっと、そんなことに気がつくのでした。

 

それにしても、こう危険な暑さでは、
安心して外遊びが出来ませんよね・・

 

 

さて、前回からの続きで、

 

東京都Y様邸のご紹介です♪

 

 

輸入 カーテン

 

ご主人様の書斎であります。

 

品格あるドレープカーテンの生地は、
ドイツのブランド、JABの「パレスロイヤル」

 

パレスロイヤル

 

 

壺が特徴的な、重厚な柄です。

「JAB」の、
素晴らしい生地をたくさんご覧になるには、

 

六本木にある、ナショナルインテリアさんの
ショールームへ、是非どうぞ。

 

 

壺柄のカーテン

 

 

この度、リフォームをされて、
作り付けの大きなデスクと、
吊戸棚が入ったのに合わせ、

 


赤いカーテン

 

 

カジュアルなウッドブラインドから、
ご主人様向けの、
品格あるクラシカルな窓装飾にお取替え。

 

 

イギリスの生地

 

 

イギリス製の赤いベルベット生地で、
フラットバランスをお作りしました。

 

裾のデコカットラインは、Y様ご希望のデザイン。
かなりオリジナル感があります。

 

 

輸入 カーテン

 

 

バランスに付けたトリム(フリンジ)は、
フランス製の「ウレス」

 

 

フランス製のタッセル

 

 

ゴールドに輝く、タッセルも「ウレス」

 

そして、白いレースカーテンは、
スイスを代表するブランド、

クリエーションバウマンの「ソプラノⅡ」

 

あら、気がつけば、ヨーロッパの
一流ブランドが大集合。

 

窓のサイズは小さいけれど、これはかなり、
ゴージャスな窓です~♪

 

 

JABの生地

 

 

この窓は、吊戸棚が付いたことにより、
半分くらい隠れてしまったのですが、

 

だからといって、この窓を疎かにはしない、
Y様のこだわりが感じられます。

 

 
ディズニーランド風カーテン

 

ご覧下さい、この堂々たる佇まい。

 

この窓は、どうしても、カーテンレールの設置が
難しく、思案の結果、

 

ゴージャスカーテン

 

つっぱり棒に、リングランナーをとおし、
見えている上端よりも30センチ上から
吊り下げてあるのです。

 

 

書斎のカーテン

 

 

どれくらいのボリュームで

カーテンを束ねるのがよいか、
採寸時に、かなり検証して決めたカーテン丈です。

 

 

海外のカーテン

 

勇ましい馬の置物は、リヤドロ。
男性的な品格とリッチ感あふれるカーテンに
ピッタリですね♪

 

 

 

その他にも、たくさんの小窓に、
それぞれに素敵な窓装飾をご依頼いただきました。

 

洗面所には、可愛いシェード。

 

洗面所のカーテン

 

 

本体の草木の刺繍生地は、
イギリス製「クラーク&クラーク」から。

 

輸入 カーテン

 

上部のバランス部分は、同じくイギリスの
iliv(アイリブ)のコレクション。

 

ボールフリンジも効いてます♡

 

カフェカーテン

 

カフェカーテンは、
五洋インテックス「サントマリー」

 

立体感のある、薔薇のコード刺繍がラブリーな生地です。

 

 

トイレの窓を素敵に

 

トイレの窓には、既存のシェードに、
フラットバランスのみをプラス。

 

それだけで、シンプルなシェードが、
ぐっとエレガントになります。

 

トワルドジュイ柄の壁紙とお色を合わせて。

 

レース

 

 

このレースの幕は、前からお使いの生地です。
鳥の柄が素敵。

 

さて、最後になりましたが、
リビングのカーテンも素晴らしいY様邸なのです。

 

スワッグバランス

 

 

このふたつの窓、
以前はシンプルなプレーンシェードでした。

 

しかし、大きな掃き出し窓には、
素晴らしいスワッグ&テールが付いていまして、

 

ディズニーランド風カーテン

 

 

この窓のカーテンは、弊社の施工ではなく、
前からお使いのもので、

 

このカーテンに合わせて、同じ生地で、
小窓もスワッグ&テールに変えたい、
というご依頼でした。

 

しかし、Y様邸のリビングの壁は、
音響を重視した、布張りとなっており、
レールのビスが打てないという問題が。

 

ビスが打てるのは窓の木枠のみ。
でもそれは、窓の開閉は諦めることになります。

 

そこで、このように、

 

小窓のバランス

 

 

窓枠から持ち上げ金具を装着。

 

無事にダブルレールと、バランスレールの
両方を取り付けることが出来ました。

 

 

輸入住宅に合うカーテン

 

数年前の他社様の施工時にも、
それは課題であったに違いなく、

 

この小窓に関して、Y様ご自身は、
開閉できなくなるのは構わないとおっしゃって、
諦めておられたのですが、

 

この方法で解決し、お喜びいただいたのでした。

 

 

海外風カーテン

 

テレビ台は、スピーカーを内蔵した特注品。
とっても音響にこだわっておられます。

 

それにしても、詳しい場所は言えないものの、
都内のど真ん中にあるとは思えない、

 

素敵なお庭

 

素敵なガーデン♪

 

ちょうど、お嬢様のお誕生会のなごりで、
可愛い飾りつけが♡

 

 

素敵なリビング

 

 

も~、どこもかしこも、素敵すぎるY様邸でした。

 

カーテンの仕上がりも、
とてもご満足いただくことが出来ました!

Y様のご希望されるものすべてが、

どれもオリジナル感があり、
生地の組み合わせなどは、私がハッとさせられる
斬新なもので、

 

時間をたっぷりかけての素材選びは、

どの窓にも妥協を許さない、
こだわりが感じられました。

Y様、この度は本当にありがとうございました。

またいつかお役に立てる日を、
楽しみにしております。

 

さて、皆様、暑さに負けず、
夏を乗り切りましょ~

 

次回をお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

「3連休」の最終日、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

とにかく暑い。ですよね!

 

ギラギラ太陽、元気でる~、なんて
言ってた私ですが、

 

こーれはさすがに、異常な暑さだ・・・

 

皆様、本当に、熱中症にご注意下さい。

 

というのも、
実は私自身が熱中症になったことがあるのです。

 
暑い日の外での催し物の中、水分も取っていた
つもりだったのですが、甘かった。

 
帽子はかぶっていたのですが、
地面からの照り返しに長時間さらされたことで
体温上昇、フラフラに。

 

そうなって、あわてて大量の水分補給。
いくら飲んでも、飲んでも、癒されない渇き、
気持ち悪さと、体が浮いてる感。ふ~らふ~ら。

 
うまく言えないんですが、
とにかく、あれ?なに?うそ?この感じ。

 

私、フワフワしてるんですけど、
まさか、死にませんよね・・・

いっきにキョーフ感に襲われました。

 

今思い出しても、危なかった~と
恐ろしくなる思い出です。

 

直射日光でなくても、このようになるので、
皆様も、ほんとーに、ご注意下さいね♪

 

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

東京都Y様邸

 

ディズニーランド風カーテン

 

寝室の出窓に、とびきりラブリーな
フラットバランスをお取付けしました。

 

バランスのカットラインは、
弊社で人気の定番スタイルですが、

それだけではない、
オリジナル感を盛り込んだデザインなのです。

 

輸入住宅のカーテン

 

 

バランスの裾は、ボーダー仕様にし、
フリンジは、その上に乗る様にお仕立てしました。

 

ディズニーランドっぽいカーテン

 

 
生地はイギリスのブランド「iliv」(アイリブ)の
エレガントなコレクションから。

 

 

イギリスのカーテン

 

 

海外の生地見本帳の特徴として、
「色によるカテゴリー」というのがあります。

 

 

イギリスのカーテン

 

ブルーならブルー系の生地、
ピンクならピンク系の生地、というように、
色ごとにコーディネートしてあり、

 

壁紙も含め、カーテン、クッション、
椅子張り、ベッドカバー、テーブルクロス、など

 

 

輸入住宅に合うカーテン

 

 

そのカテゴリーの中で生地を選べば、
お部屋のコーディネートが出来る。という

見るだけでも楽しいものなのです。

 

 

輸入住宅に合うカーテン

 

このコレクションでは、
ブルー、ピンク、レッド、グレー系の、
4つの色分けがしてあり、どれも素敵な生地ばかり♪

 

 

ディズニーみたいなカーテン

 

 
海外の生地見本は、
このような作りのことが多いのですが、

 

なぜ日本のメーカーさんも、そうしないのかな?と。

そうすれば生地選びは、
もっと楽しいのに~と思うのは私だけでしょうか?

 

さてさて、そんな楽しい見本帳から、
Y様に、お選びいただいたのは、これ!

 

輸入住宅に似合うカーテン

 

合わせた、フラットバランスの生地も可愛い♡
ポコポコっとした素材感です。

 

輸入住宅に似合うカーテン

 

 

フラットバランスの生地としてもちょと斬新。
しかも、これに鮮やかなイエローをプラス!

 

花柄のカーテン

 

華やかな壁紙に合わせた、
お色のコーディネートは、奥様によるもの。

 

素敵なお色使いです!

 

花柄のカーテン

 

素敵な壁紙~

 

エレガントなカーテン

 

 
レースは、五洋「マルチェリーナ」

 

五洋マルチェリーナ

 

 

エレガント&可愛い柄です。

 

素敵なレースカーテン

 

 

 

小窓には、お約束のバルーンシェード。
でも、ちょと一工夫があるのです。

 

バルーンシェード

 

 

ちらりと見えるイエローの切替えもおしゃれ。
(弊社ではスリット切替えと呼んでいる仕様です。)

 

そして、実はこの窓3つのアイテムが!

 

パッと見た目は、バルーンシェードと
カフェカーテン。

 

 

輸入住宅のカーテン

 

そして、その間には、

なんと、もひとつ、プレーンシェード!

スルスルスル~

 

ディズニーっぽいカーテン

 

 

寝室ということもあり、
大きな窓はシャッター付きなのですが、

 

この小窓はシャッターが無く、
カーテンで暗くしたいというご希望でした。

でも、このバルーンシェードに遮光裏地を付けると、
このイギリス的なコットンプリントの風合い
生地の透け感も楽しめなくなってしまいます。

 

それで、隠しプレーンシェードを遮光の生地で。
夜はこれを降ろして使っていただくことに。

 

ディズニーランド風カーテン

 

 

でもこれがまたいいお色!
隠しとくにはもったいないかも~♪

 

幕を上げれば、このとおり、
バルーンの中にすっぽり隠れます。

 

黄色のカーテン

 

 

も~、華やかで、楽しいお色で、
めちゃくちゃカワイイですっ!

 

イギリスの生地で作るカーテン

 

 

さて、次回も引き続き、
Y様邸のカーテンをご紹介致します。

 

エレガントなスワッグ&テールと、
クラシカルで重厚なフラットバランス。
どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

大雨で想像を絶する被害。
ニュースを見るたび、
本当に、なんてことが起こったんだろうと。

 
この真夏の暑さの中、
復旧作業も、どんなに大変なことか・・・

 

被害に遭われた方々の避難生活、
どれほど厳しいことでしょう。

 

本当に、本当に、一日も早い復旧を祈ります。

 

 

 

今日も素敵なカーテンのご紹介です。

 

群馬県高崎市G様邸

 

 

ギャザーバランス

 

フリルたっぷりのギャザーバランスです♪

 

 

ギャザーバランス

 

 

生地は、淡いグレーベースの、シックな花柄。
サーモンピンクの無地と重ねた、
ボリュームたっぷりの、ダブル仕様。

 

 

バルーンシェード

 

 
小窓はバルーンシェードに。

 

箱ヒダになった部分は、ピンクの生地で切り替え。
この仕様を弊社では
「スリット切替え」と呼んでいます。

 

ラブリーカーテン

 

 

寝室の為、遮光の裏地もしっかり付けました。

 

 

ギャザーバランス

 

こういったギャザー系のデザインは、
あまりにヒダが整い過ぎているよりも、

 

フリルの中に空気感が出るように、
わざとヒダを暴れさせる感じに、乱した方が
ぐっと可愛くなるのです。
(画像は、それをやってるところで~す。)

 
花柄カーテン

 

こーんなにフリルの層があるのですよ~
でも、ギャザーバランスは、
ボリュームがあってこそ、見栄えがします。

 

 

アーチ窓のカーテン

 

 

このような半円のついた「アーチ窓」
最近とても多いです。

 

カーテンをどの位置から付けるか、
皆様の悩みどころなのですが、

 

G様邸のこのお部屋は、すっぽりと上から、
すべて覆ってしまうスタイル。

お部屋の種類によっては、
この「アーチ窓」を隠さず、その下から
カーテンレールを付けるケースもあります。

 

 

フリルクッション

 

フリル仕様のクッションもお作りしました。

 

フリルが可愛い窓は、まだありますよ~♪

 

廊下の突当りにある、小窓のカーテン、

 

小窓のカーテン


これじゃ、よくわかんない?

 

んじゃ、ズームアップ!

 

フリルのカーテン

 

 

まだまだ~

 

もういっちょズームアップ!

 

ジャンっ!

 

ピンクのカーテン

 

ほら~、か~わ~い~い~♡

 

 

実は、このカーテン、
ピンクの生地と、裏側のレース生地は、
上部で一体化したカフェカーテンのスタイル。

 

 

リボンのカーテン

 

なので、つっぱり棒は1本で、
レースとドレープ生地が付いちゃってる優れもの。

 

手前のピンクの生地だけを、リボンタッセルで
束ねたデザインなのだ~

これもやっぱり、ある程度のボリューム感が
魅力のデザインでもあります。

 

やっぱ、フリルが効いてる~

 

 

さて~、本日のタイトルにそって、
フリル&ギャザーのお話しから
スタートしたものの、

 

本当の主役はこちらなんですよ。

エリザベスのスワッグ&テール♪

 

スワッグバランス

 

エリザベスのアイボリーに、白いトリム。
スワッグは3個で重ねた、王道のデザイン。

 

エリザベス

 

 
G様邸の窓のサイズ感が、このデザインに合っていて、
黄金比率、とでも言うのでしょうか。

 

シンプルで、本当に美しい。

 

バルーンシェード

 

そしてやっぱり、スワッグ&テールには、
相性のいい、「バルーンシェード」

 

 
白いお部屋

 

白いお部屋に、シャンデリア。
白いスワッグバランスがとってもお似合いです。

 

画面奥には、小さな3連の窓。

 

3連窓のカーテン

 

 

こちらは、「プレーンシェード」と
「カフェカーテン」の組み合わせ。

 

プレーンシェードの上部には、
「フラップ」と呼んでいる飾り付きです。

 

これが付くと、シンプルなプレーンシェードが
いきなり、エレガントに変身します♪

 

プレーンシェード

 

1つの空間の中に、

 

スワッグ&テール、
バルーンシェード、
プレーンシェード、

 

色々なデザインが混在していても、
スッキリと統一感があります。

 

 

壁紙も、とっても可愛いG様邸。

 

 

すごーく可愛いので、ちょっとご紹介。

紫系の花柄が素敵な、トイレ。

 

トイレの壁紙

 

清々しい色合いの洗面所。

 

可愛い壁紙

 

キッチンの細かいところも花柄で。

 

花柄壁紙

 

とっても楽しくなります♪

 

群馬県高崎市という、
遠方からお越しいただいたG様。

 

それだけでも、本当に感謝、なのですが、
色々なご提案も取り入れていただき、
本当にありがとうございました。

 

せっかく、
遠距離の弊社まで来ていただいたからには、

埼玉まで行った甲斐のある、
カーテンにしなければ~と
気合いの入る、私どもでした。

 

カーテンの仕上がり、お喜びいただけて
良かったです!

 

素敵なカーテン、
どうぞ長くご愛用いただけますように!

 

本当にありがとうございました。

 

 

では、皆様、また次回をお楽しみに♪