素敵なカーテンの施工例や、作り方まで情報盛りだくさん♪。
HPもご覧くださいませ♪ http://www.curtain.co.jp

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ

皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

いよいよ、年末感がヒシヒシきてます。

 

それにしても、1年経つのが早いこと。
歳を取るごとに、そのスピードは増しています。確実に。

 

ちょうど1年前のお客様が、
ついこの間のことのように感じてしまいますね~

 

 

さてさて、前回に引き続き、
東京都M様邸のご紹介の続きです~♪

 

クリスマスも近いこの時期ににピッタリの
キラキラと華やかなカーテンばかりです。

 

前回のブログをご覧いただいた方は、
もう、ワクワク、お待ちかねですよね!

 

早速いきますよ~

 

ドゥルルルルルルル~~~~~ッ、ジャン!

 

ピンクのカーテン

 

すご~いでしょ?

 

リビングや、寝室と同様に、何枚も重ねたボリューム感!
でも、お色使いは、女性らしい可愛さが。

 

ゴージャスカーテン

 

ベースとなる生地は、
マナトレーディングの、「オペラ」

 

しっかりとした厚みのあるテクスチャーから高級感が漂います。

 

ピンクのカーテン

 

 

ゴールドとピンクのリッチ&ラブリーな組み合わせ。
中央のリボンは、赤いベルベットで!

 

やはり、何層にもなったすべての生地に、しっかりと
L型にピンクのトリム付。

 

3連小窓には、バルーンシェード。

 

 

小さなバルーンシェード

 

とにかくリボンがお好きなM様なので、
バルーンシェードにも、大きなリボン。

なんだか、キティちゃんみたいな可愛さですね!

 

 

こちらは、トイレ。
トイレだけど、手抜きは一切無し!

素敵な刺繍の生地でバルーンシェード。
五洋インテックスの「アイリーン」

 

リボン付カーテン

 

 

おっきなリボンは、いろ~んなところに登場いたします!

 

このリボンの形にも、ふっくら加減、
中央のまとめの大きさなど、並々ならぬこだわりをお持ちです。

 

 

ピンクのリボン

 

こちらは、可愛いお嬢ちゃまのバルーンシェード。
(むちゃくちゃ可愛い・・)

 

イギリス「クラーク&クラーク」のバラ柄の生地は、リネン。
鮮やかなピンクの生地はサテン。

異素材で、合わないかと思いきや、
なんとこれが、すばらしいマッチング。

 

 

バラのカフェカーテン

 

キッチンのカフェカーテンひとつとっても、手の込んだデザイン。

こちらは、シャンタン生地との組み合わせ。
ポンポントリムとリボンで、さらに華やかに。

 
リボンは、少し濃いお色で。と、細かいところに、
M様のこだわりが感じられます♪

 

ピンクというだけですと、「可愛い」印象ですが、
生地の光沢感が加わると、いっきにゴージャスに!!

 

極め付けは、このL型対面キッチン♪

 

キッチンのスワッグ


なんとなんと、このL型にそって、
スワッグバランスを付けてしまうという贅沢なもの。

 

生地も豪華に、ベルベット!!

しかもしかも・・・

 

キッチンのスワッグ

 
はい、これは、キッチンの中からリビングを見た角度。

 

こうやって裏側から見ても、
スワッグの裏地はカラフルに美しくなっております。

 

表は、ベルベット、裏地はサテンで、
表のお色と反転するように作られているのです。

 

それも、ちゃ~んと、お色は交互になるように
計算されておりますの!

 

それらも、すべてM様のこだわりの部分であります。

 

ざっとご紹介しただけでも、数々のこだわりポイントが
カーテンの随所に隠れているのが伝わりますでしょうか。

 

まだまだ終わらない、M様邸のカーテンは、
次回に続きます。

 

皆様、どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

いよいよ、今年もあと2週間となりました。
なんだか、それだけで忙しない気分になってきます。

 

今年はもう無理で、来年になるな~ということばかり。

 

でも、来年にまわせないのが、「忘年会」!
弊社は、本日の予定でございます。

 

さてさて、今年もたくさ~んのお客様に恵まれた東和商会。

どのお客様も、初回の打ち合わせから施工完了までの
道のりがあり、思い出がいっぱい。なのですが、

 

 

その中でも、特に長い期間をかけて進めさせていただいた、
東京都のM様邸のご紹介です。

 

初回のお打合せは、今年1月。

 

おうちをリフォームなさるとのことで、
それを機会に、カーテンを新調されることに。

 

すべての施工が終わったのが10月終わり頃なので、
それまでのお打合せ回数も、かなりのもの。

 

何度もお打合せを重ね、選びに選び抜いた生地ばかり。

 

縫製についての仕様も、
弊社でも、今まで例がないほどの凝ったものでした。

 

すべてにおいて、こだわりぬいた、
M様邸カーテン。満を持して公開でございま~す!

 

 

ゴージャスカーテン

 

まさに「豪華絢爛」でございます!

 

ゴージャスカーテン

 

ジョージアンスタイルのスワッグ&テールは、
赤いベルベット生地。

レースは、オーストリアンシェード。

 

と、ここまでなら、よく見るスタイルかもしれません。

 

赤いカーテン

 

でも、こだわりはそこから先。

まずカーテン、何枚掛かっているの?
気になりますよね。

実は、カーテンレールは、通常のダブルで、
つまりカーテンは、2枚ということになります。

 

奥の方は、赤いベルベットと、ゴールドのベルベットの
2枚の生地を、ずらして重ねて、上部で一体化した
1枚のカーテンに仕立ててあります。

 
一番手前の赤い地模様のカーテンは、1枚の仕立てですが、
合計3枚の生地には、すべてにL字状にトリムが付いているという、

すべてにおいて、「ここはいいよね~」的な省略のない、
こだわりのスタイルなのであります!!

 

カーテン本体にここまでの量のトリムを付けたのは、弊社でも初めてかも。
(トリムの使用量がものすごい。)

 

 

赤いカーテン

 

オーストリアンシェードも含めて、壁からの出っ張りは、
約20センチ。

 

何枚も重ねたことから生まれる、この立体感!
とにかく迫力満点のボリューム。

 

いちばん手前の生地は、イタリア製の型押しベルベット。
日本では、「トミタ」さんでのお取り使いです。

 

お値段もさることながら、なんと2か月以上待ち!!
(待った、待った、待ちに待ちました!)

 

 

イタリア製ベルベット

 

アップ画像では、ちょっとオレンジっぽく写っていますが、
実物は、とても美しい「真紅」と呼ぶのにふさわしいお色。

 

 

イタリアの生地

 

 

それにしても、素晴らしい家具・調度品に囲まれたM様邸。
そして、高い天井とその装飾の素晴らしさ。

 

上から見ても、

 

ゴージャスなお部屋

 

 

下から見上げても、

 

ゴージャスなお部屋

 
ため息ものの、お住まいでございます。

このゴージャス感。実はリビングだけではございません。

 

すべてのお部屋がこの感じで進みますよ~
皆様、心の準備は良いですか~?

 

はい寝室、ジャン!!

 

寝室のカーテン

 

すごい!すごすぎ~!

って、弊社が施工させていただいたのに、
初めて見たかのようなリアクション。毎回してしまう。(笑)

 

生地は、弊社ブログでもおなじみの
スペイン製の生地。「ガンセド」

とても人気の生地なので、
これまでたくさんお納めしてきたのですが、

M様ならではのこだわりのスタイルは、
もちろん、この生地だって例外ではありません。

 
スペインのカーテン

 

リビングと同じく、いちばん奥は、オーストリアンシェード。

その次に、2枚重ねのカーテン。
一番手前に、「ガンセド」のカーテン。

 
そしてやっぱり、すべての生地に(重なっている部分もすべて)
トリムをきっちり付けてあるのが、M様流。

 

スペインのカーテン

 

このボリューム感。ゴールド感。

カーテンという名の、芸術品という気がしてきます!

まだまだ続く、M様邸のカーテンは、次回に続きます。

皆様、どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

12月に突入~

 

「忘年会」の声がちらほら聞こえてきました。

 

駆け込み的なお客様も多く。
皆様、やはり新しいカーテンでお正月を迎えたいですものね!

 

でも、デザインカーテンは、駆け込みでは
まず出来ませんので、ご注意下さいませ~

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です!

 

東京都T様邸

 

カーテン上飾り

 

エレガント空間の定番とも言える、
スワッグ&テールとバルーンシェード。

 

 

ダマスク柄の生地

 

ベースとなる生地は、「マティーニ」
淡いグレー地に、淡いパープルのダマスク柄。
「何色」と、言い切れないニュアンスカラーが素敵です。

 

 

スワッグ&テール

 

 

スワッグ&テールは、ベルベット生地。
こちらも、シルバーっぽくもあり、グレーっぽくもあり、
かすかな赤味もある、まさにニュアンスカラー。

 

 

バルーンシェード

 

バルーンシェードには、
スリット生地の切り替えを施しました。

 

ちらりとのぞく、光沢のあるパープルの生地、
わかりますでしょうか?

 

ダマスク柄の生地

 

これが入ると、広がりがちなバルーンの、
生地のおさまりが良いだけでなく、柄がキレイに揃い、
しかも、おしゃれ。といういいことづくめ!

 

美しい色合いです。

 

バルーンシェード

 

 

レース生地は、遮熱タイプで美しさと機能性も。

 

遮熱レース

 

 

そして素敵な白いキッチン♡

 

白いキッチン

 

 

可愛くてエレガントです~♪

 

 

そして、階段の上がり口、登り口に、ロールスクリーン。
これ、弊社ではとっても多いご要望なんです。

 

何か1枚あることで、冷暖房効果もアップ!

 

ロールスクリーン

 

 

T様邸は、このロールスクリーン用に、
カーテンボックスをお作りになった為、

 

使う時だけ幕を下げ、
使わない時は、上げきってしまえば、まるで見えない。

 

 

階段口のカーテン


ねっ!

 

でも、階段降り口の方は、
小さなお子様にはちょっと注意が必要です。
幕が掛かることで、階段を見えなくしますから。

 

そのあたりは、いつもご説明してからお選びいただいてます。

 

 

こちらのお部屋は、フラットバランスに。

 

フラットバランス

 

 

お色の感じもガラリと変えて、ゴールド感!

 

 

遮光のダマスク柄

 

 

この生地、素敵なダマスク柄でありながら、なんと遮光タイプ!!
しかも、ゴールドの輝き。
これは、ありそうでなかなか無い、貴重です~

 

 

フラットバランス

 

フラットバランスは、無地のシャンタンでお色合わせ。

 
T様邸は、ほとんどの窓にカーテンボックスがあるので、
カーテン上飾りは、ボックスを利用してお取付けしました。

 

上部の細かい部分も、
板の厚み分を切り欠きしてピタ~っと壁に付くように。

 

どれも、エレガントで素敵な仕上がりとなりました。

 

T様は、4月に初回のお打合せを行い、施工は11月。
たっぷりとお時間をいただいての進行となりました。

 

建築は、クラフトメイドハウス様。
こだわりの輸入住宅を手掛けるハウスメーカーさんです。

 

T様、長い期間、色々とありがとうございました。
新しいお家での毎日、末永くお幸せでありますように!

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

今年もいよいよ、あとひと月。
心なしか、忙しない気分が、ジワジワ・・・

 

そんな中、数日間のお休みをもらい、
帰省してきた私です。

 

美味しい物いっぱ~い食べて、
毎日飲んで笑って、ふと気がつけば、、、

 

ああ~!このままでは本当に、マズイ(汗)

 

今、激しく反省の日々。

 

しかし世の中には、なんと美味しい物が溢れていることか。

 

 

 

さてさて、

今日も早速、施工例のご紹介でございます。

 

越谷にある、ステージクラブ「トレビアン」様。

 
17年前に店内の装飾を弊社が担当させていただき、
この度、改装されるにあたり、またお声かけいただきました。

 

今回、壁を真っ赤にされたので、
まずは、それに似合うカラーとして、

 

 

やっぱりゴールド感は外せません。

 

 

それと組み合わせるお色として、紫やピンクを
おすすめしました。

 

 

まずは、天井をご覧下さいませ~♪

 

天井幕

 

天井幕が、ぴっかぴか!

 

バックサテンのシャンタンを使用して、
かなりのゴールド感!

 

「ゴージャス海賊船」そんな言葉が浮かぶ・・
(いや、海賊船、見た事ないけどね。)

 

 

天井幕

 

しか~し、これを付けるのは、実はなかなか大変で。

 

店舗は、地下1階2階をぶち抜いて作られている為、
この天井は、かなり高いのです。

 

足場

 

その為、この場所だけは、改装工事の足場があるうちに
お取付けをさせていただきました~

 

足場の上から見たステージは、こんな感じ。

 

ステージ

 

たっか~いところにいるのが伝わりますでしょうか。

 

 

数か所に付けた紐でポールに結びつける方法ですが、
ただ四角い布だから、簡単、と思うなかれ。

 

ゴールドの布あしらい

 

 

この微妙な結びの力加減が実に難しい・・・

 

 

天井幕

 

 

強く結びつけると、生地にしわが寄ってしまいます。
自然で美しいカーブを描く為には、

 

 

天井幕

 

 

36箇所、すべての結び目の微調整が必要でした。

 

 

天井幕

 

 

しかも、「クラブ」というお店の性格上、店内は暗く
照明マックス状態でも、手元は良く見えない状態。

 

 

天井幕

 

部分的に照明を当てながらの作業。

 

照らす人、結ぶ人、押さえとく人、下から見て指示する人。
これまた人数もいる作業なのでした。

 

天井幕

 

 

で、完成して、足場も取ったあとが、こんな感じです。

 

 

天井幕

 

うほ~圧巻~!!

 

 

さて、もうひとつの主役とも言えるのが、コレ!

 

オーストリアンシェード

 

 

丸い!しかも2重!の、
「オーストリアンシェード」です。

 

 

オーストリアンシェード

 

生地は、淡いピンクのサテン。
「アスワン」の、と言ったら、カーテン屋さんなら
みんなピンときちゃうアレです。

 

 

 

サテン生地

 

 

裾に付けた長めのトリムでゴージャス感をアップ。

 

 

DSCN2032

 

 

中心には、シャンデリアが入ってます♪

 

これも、取付けは、なかなか大変なものでした。
高さのあるところは、本当にヒヤヒヤしながらの作業です。

 

オーストリアンシェード

 

 

 

さて今度は、客席の方。

 

スワッグバランス

 

 

赤い壁に映えるよう、シャンパンゴールドの生地で、
大きく大きく作った、スワッグバランスです。

 

 

スワッグ

 

間にぶら下がる部分は紫で。
すべてサテン生地。

 

 

サテン生地

 

 

それにしても、ゴールド感がスゴイです~!!

 

スワッグ

 

ステージクラブだけに、側面の照明器具、機材もたくさん。
そのからみのデコボコをクリアするのに、

 

 

ギャザーバランス

 

都合が良いのが、ギャザーバランスでした。

でも、照明器具には生地が掛からないよう、
細心の注意をして丈決め。

 

ギャザーバランス

 

 
施工担当の「オガちゃん」頑張ってくれてま~す!

 

 

天井幕

 

 
こちらも施工担当「オーツカさん」

メッチャ頼りになるお二人さん。

 

 

置物

 

 

あ、こちらのお二人は、トレビアンさんのシンボル的存在。
(入り口近くでお出迎えしてます。)

 

皆様、いかがでしたか~?

仕上がりは、オーナー様にも、大変お喜びいただきました!

 

 

ゴールドのスワッグ

 

 

実は、ステージクラブ「トレビアン」様は、
かなりの有名店でもあります。

活躍中のタレントさんは、都内の有名店にも
出演されているくらい、クオリティの高いステージ。

 

もし、行ってみようかな~という方は、
お店のカーテンの方も、是非ご覧下さいませ~♪

 

トレビアン様、今回も誠にありがとうございました!

 

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

キーンと冷えた空気です!

いよいよ、冬本番を感じます。

 

今年もあとひと月ちょっと。
でも、気持ちはもう、年末の気分です。

 

年末年始のお休みを差し引くと、
12月は、そう長くない。

 

その中で、

「なんとか、年内に取り付けたい。」という
ご希望を、なるべく多く叶えたく、暴走中です(笑)

 

さて、先日今年のジャパンテックスも無事終了しました。

 

今年は、「東和商会」としてのからみは無く、
一般のお客さんと同じ立場で参加。

 

ジャパンテックス

 

 

ぐにょにょ~んとねじったやつとか、
なんかわかんないけど、かっこいいねこりゃ。

 

 

 

白いカーテン

 

 

ぐい~んと引っ張ったやつとか。
(これ可愛いねっ!)

なるほど、「耳立て」たっぷりしても良いんだね~
10センチくらいあるのかな~?上のふわふわ。
真似しちゃうもんね~

 

着物風

 
ドレス風に巻き付けた展示とか。

(なんか素敵!)

ドイツのブランド、JABさんです。オサレだね~

 

 

シェード

 

う~む、「コドモノトーン」というテーマ。
可愛い。可愛すぎる。
(うまい、美味すぎる。の感じでお願いします。)
*注 埼玉県民のみが知る、たとえです。

 

子供のモノトーン・・・目からウロコだ。

 

 

ジャパンテックス

 

きゃ~素敵!

おお、左側の、わっさ~と飛び出してるやつ、すごっ!
これ、かなり作るの大変そうだ・・
(いや、ホントに大変だったそうなんですが。)

なにしろ、お色使いが素敵すぎますわ♡

 

 

山のような数の展示があった中で、これらは、本当に
ごくごく一部なのですが、

 

かる~く、ご紹介でした。

 

 

さてさて、今日のタイトル「魅惑の赤とゴールド」とは?

 

 

埼玉県行田市のM様のカーテンです。

 

赤いカーテン

 

おおお~、赤いカーテンというよりも、「赤い部屋」

こ、これは一体!?

 

はい。実はですね・・・

「占いの館」でございます。

 

赤いスワッグバランス

 

M様は元々、大きな事業をなっている奥様なのですが、

社長の座をお嬢様にゆずり、
これからは、ご自分のやりたいことをやる。ということで、

 
なんと「占いの館」をオープンなさったという、
ビックリの転身なのでした。

 

赤いスワッグ

 

とはいえ、昨日今日の占いキャリアではございません。
かなり本格的な長い経験がおありなのでした。

 

カーテンのご相談を受けた時に、
いくつかご覧いただいた、弊社の施工例の中で、

M様のハートにズキュンしたのが、

 

9月28日にブログアップした、
Y様邸のカーテン。

 

赤とゴールドの魅惑的な輝きを、
ひと目で気に入っていただきました。

 

赤とゴールドのカーテン

 

 

裾には10センチのゴールドのボーダー入り。

 

赤いスワッグ

 

 

シャンデリアの輝きと合わさって、
なんとも、ゴージャスな雰囲気です。

 

この場所、カーテンが付く前はこんな感じのスペース。

 

占いの館

 

 

カーテンレールはすべて、天井に付けるしかなかったのですが、
これまた天井に下地が無い。

 

このカーテンの目的上、開け閉めはすることがなく、
壁のような役割なこともあり、

 

カーテンレール

 

 

やむなく、強力なアンカーを使っての工事となりました。

しかし、その作業もなかなか大変なもの。
やっぱり、下地はある方が良い。

 

 

カーテンレール

 

 

裏と表、どちら側からも見る場所は、

 

表側は、スワッグ&テール、
裏側は、フラットバランス、という3層構造。

 

 

フラットバランス

 

どんどん、レールを付けていきます~

 

 

赤いカーテン

 

 

おお~、だんだんお部屋が彩られていきます~

 

 

赤いカーテン

 

 

コーナー部分もキレイに合わさりました。

 

 

赤いカーテン

 

 

お部屋の中の、3面をカーテンで彩りました。

魅惑のカーテン

 

この面のみ、レースカーテン付き。

そしてレースの向こう側の色々が見えないように、
レースカーテンの裏側には、紫の無地を合わせ、
2重の仕立てにしてあります。

 

レースカーテン

 

 

 

一番なが~い面はこんな感じ。

 

 

赤いカーテン

 

 

こうやってカーテンが付き、床材が変わると、
こんなにも変身してしまいます♪

 

赤いカーテン

 

 

 

完成!

 

赤いカーテン

 

 

 

閉めるとこんな感じ。

 

赤いカーテン

 

 

ザ・赤の空間!

 

入り口の方から見ると、ちらり中が。

 

占いの館

 

ここは、何かな?何かな?って、
気になる雰囲気出てますね!ふふ。

 

ゴージャス感、バッチリの、
魅惑的な、「赤とゴールドの空間」

 

このカーテンを作るにあたり、
Y様にもお知らせさせていただきましたところ、
とても喜んでいただきました。

 

素敵なカーテンは、
やっぱり、それにビビっとくる人がいてもおかしくない。

そういう人が多いほど、魅力的なカーテンだと思います。

 

M様。「占いの館」のご成功、お祈りしております!
これからもまた、末永くよろしくお願い致します。