素敵なカーテンの施工例や、作り方まで情報盛りだくさん♪。
HPもご覧くださいませ♪ http://www.curtain.co.jp

にほんブログ村 インテリアブログ カーテン・ブラインドへ

皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

おっと、その前に、

あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い致します!

 

始まりました、2018年。そして平成30年!!

 

いや~平成30年って・・なんだか、なんだか、
すごいな~って気がします。

 

その昔、「平成」って書いた色紙みたいな物を持った
時の官房長官、小渕さんを画面で見たあの時から、

ひゃ~、30年ですか。

 

そしてまた、間もなく年号が変わるのですものね。
何もかも、シミジミしてしまう私でした。

 

 

さて、早速2018年の年頭を飾る、
素敵なカーテンをご紹介致します。

 

埼玉県さいたま市のU様邸

 

U様は数年前から、何度もご注文いただいている、
弊社のリピーター様です。

 

「リピーター」と聞くと、
え?オーダーカーテンって、そんなに回数作るもの?と
疑問に思う方がおられるかもしれません。

 

実はそうではなく、
U様は、お家の中のたくさんの窓を、少しづつ掛け替えたり、
何かをプラスしたりしながら、楽しんでおられるカーテン上級者!

 

まずは、色々とご紹介していきますね~♪

 

今回は、寝室の窓に、
真っ白な美しい装飾をさせていただきました。

 

白いカーテン

 

ふんわりと優しく、雪のように白いカーテンです。

 

全体のベースとなっているのは、
シンプルな無地の真っ白なボイルレース。

 

白いカーテン

 

上部のギャザーバランスは、2重になっていて、
上の方は、フジエテキスタイルのタフタ「ヤム」

素材の違う、白い生地どうしを組み合わせている訳ですが、
そこがU様のこだわり部分。

 

白いカーテン

 

カーテン本体は、たっぷり2.5倍ヒダのギャザータイプ。
L型にフリルを付けた、クロスオーバーデザインです。

 
こんなに美しいクロスオーバーにする為には、
生地の裁断時に、ちょっとした工夫が必要なのですが、
それは、また別の時にご説明しますね。

 

 

お次は、白い素敵な玄関の窓です。

 

オーストリアンシェード


正面のL型になった窓のオーストリアンシェードは、
ご新築当時に、他社様でお作りになったものですが、

 

その窓に、何かバランスを、とお考えだったU様。
バランス部分の施工をご相談いただきました。

 

白いフラットバランス

 

大胆でアシンメトリーな曲線のカットラインは、
なんとU様ご自身でデザインなさったもの。

 

弊社は、それを形にするお手伝いを致しました。

 

玄関のカーテン

 

ただ、壁に角度のついた面がある為、
バランスの製作サイズは、かなり慎重に・・・

 

仕上がりは、バッチリで、
「可愛い~!可愛い~!」と超お喜びいただきましたよ~♪

 

玄関のカーテン

 

バランスの生地は、フジエテキスタイル「ピクシス」

 

それから、それから、お嬢様のお部屋にも、

 

前からお使いだった、バラ柄の可愛いカーテンに、
今回、ギャザーバランスをプラス。

 

ギャザーバランス

 

 

やはり、2重の布使いで、ピンクの無地と組み合わせ。
無地部分は、フジエテキスタイル「キートス」

 

 
ギャザーバランス

 

 

フワフワが可愛い、タッセルもお作りしました。

 

 

ピンクのタッセル

 

 

小窓には、新しく、バルーンシェードを。

 

バラ柄バルーンシェード

 

デザインや、生地のセレクトなど、
すべてU様ご自身がされたものです。

 

 

いつも、素敵なカーテンの構想で夢を膨らませ、
その都度ご相談いただき、お打合せを重ねてきたU様。

 

その始まりは、
この小さなバルーンシェードからでした。

 

バルーンシェード

 

 

白いフリルのバルーンシェード。

 

その後、リビングや、キッチンの窓についてご相談いただき、

 

白いカーテン

 

 

既存のカーテンを生かしながら、
バランスを追加する打合せが始まりました。

 

フラットバランス

 

この、まるまるっとしたカットラインは、
U様がご希望なさったものなのですが、

他のお客様から、とっても好評で、
それ以来、このようにしたいお客様が続きました。

 

フラットバランス

 

 

今では、すっかり東和商会の定番のデザインに。

 

 

バルーンシェード

 

とにかく白がお好きなU様です。
白でも、アイボリーではなく、真っ白に。

 

その後、吹き抜けのシェードも。

 

吹き抜けシェード

 

 

高い位置なので、電動タイプです。

 

 

高窓シェード

 

 

高所の工事は、U様と一緒に、
ヒヤヒヤしながら下から見守ったのが、懐かしい。

 

 

電動シェード

 

 

その他、小さな窓も素敵に♪

 

 

小窓カフェカーテン

 

小さな窓も、大切に装う気持ちが伝わってきます。

 

 

小窓カーテン

 

いかがでしたか?

 

 
「カーテン」に、機能性だけ求めれば、
大変にシンプルなものとなりますが、

 

インテリアとして考えた時、夢は無限に広がります。

 

U様のように、少しづつ、じっくりと
楽しみながら窓装飾を考える。

 

そのイメージ、デザインを、実現化出来るのが、
オーダーカーテン専門店のはずが、
現実には、どこのお店でもOKなものではありません。

 

縫製工場を持っている強みが弊社です。

 

U様、いつも本当にありがとうございます。
これからも、なが~いお付き合いのほど、よろしくお願い致します。

また、楽しい構想がありましたら、お待ちしております!

 

そして皆様、今年もたくさ~んの素敵なカーテンのご紹介、
楽しみにしていて下さいね~♪

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

今年も残すところ、あと数日!
あ~、2017年も、あっという間に過ぎていきました。

 

個人的に色々目標があったんですが、
達成出来なかったことばかり・・・

来年こそは~!!

 

 

さて、前回、前々回と、お届けしてきました、
東京都M様邸の、素晴らしきカーテン。

 

今回は、最終章となります。

 

これまでの流れをご覧いただいている方には、
もう、すっかりおなじみになった、

 

M様流、「重ねの芸術」とも言える、
ゴージャスなカーテンは、このお部屋にも。

 

 

マナトレーディング

 

深い青の生地は、「フィスバ」のベルベット。

 

手前の柄生地は、
マナトレーディング「オペラ」の青。

 

前回登場した、「オペラ」のピンクと同様に、
圧倒的な重厚感です。


ブルーのベルベット

 

その「オペラ」と、ブルーのベルベットの間には、
メタリックなシルバーの生地。

 

もちろん、すべての生地に、たっぷりとトリム付!
ベルベットの輝きが、全体をいっそう、ゴージャスに。

 

 

同じく「オペラ」を使った、
プレーンシェードがこちらです♪

 

プレーンシェード

 

素晴らしい柄なので、プレーンなシェードも、
十分に素敵になります♪

 

しかも、フラットバランス付きですから
小さな窓も、貫禄十分!!

ボールフリンジは、マナトレーディングの
「ルチェッロ」のゴールドで。

 

マナトレーディング

 

ツインシェードの後幕は、ダマスク柄のレースで。
キータッセルがアクセント。

 

それからそれから、

問題。この縦長の、なんでしょ~か?


オペラ

ご主人様のズボンプレッサーのカバーなのでした♪

 

シンプルにお作りしたものですが、
無機質な家電製品が、見事に変身!!素敵。

そして、クッションにしても、すごく豪華な「オペラ」です。

 

さて、3回にわたってお届けしてきました、
M様邸の素晴らしきカーテンの数々、
お楽しみいただけましたでしょうか?

 

つい先日、追加でまたご注文をいただきました。
今度は、お仕立てしたカーテンをお送りして、

なんとM様(女性)ご自身で
カーテンをお取付けされました。

 
それがこれ!

 

赤いカーテン


おお~!!な、な、なんてスゴイ。

いや、ホント、素敵!バッチリとお取付けされてます。

 

赤いベルベットのスワッグバランスとカーテン。
中には、オーストリアンシェード!


ベルベットのスワッグ


実は、カーテンレールではなく、天板となる木の板を
壁に取付けて、装着されているのですが、

いや、参りました、M様お見事っ!
とてもとても、一般の女性で、ここまでやれる方はいません。

 

その他に、色々とご自分で製作され、
そのお写真もいただきました。

ピンクのベルベット生地で作ったテーブルクロスや、
(このカーテンは、ち、違いますからね。)


手作りカーテン

 

ベルベットで作ったカーテン。などなど。

 

紫のカーテン

M様ご自身も、ソーイングが大好きなのでした。

 

弊社にご来店下さるお客様は、
どなたも共通して、カーテンにこだわりを持っておられます。

 

日々、そういったお客様と向き合っている弊社ですが、

 

M様は、その中でも一番とも言える、
深いこだわりと、希望を持っておられたお客様です。

 

共に、作り上げたという、大きな達成感を、
私どもに与えていただきました。

 

ゴージャスカーテン

特に、このリビングのカーテンは、
東和商会の「レジェンド」です。

M様、長きに渡り、本当にありがとうございました!
心から、お礼申し上げます。

 
素晴らしいお部屋で向かえる新年が、
最高の年になりますよう、お祈りしております。

 

**********************

2017年、今年も本当にたくさんのお客様に恵まれ、
素晴らしい方々との出会いがありました。

ご来店いただいた皆様に、心から感謝しております。

皆様にとって、素晴らしい新年となりますように!

**********************

*明日29日~1月4日までお休みとなります。

また、来年お会いしましょう!

 

 

 



皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

いよいよ、年末感がヒシヒシきてます。

 

それにしても、1年経つのが早いこと。
歳を取るごとに、そのスピードは増しています。確実に。

 

ちょうど1年前のお客様が、
ついこの間のことのように感じてしまいますね~

 

 

さてさて、前回に引き続き、
東京都M様邸のご紹介の続きです~♪

 

クリスマスも近いこの時期ににピッタリの
キラキラと華やかなカーテンばかりです。

 

前回のブログをご覧いただいた方は、
もう、ワクワク、お待ちかねですよね!

 

早速いきますよ~

 

ドゥルルルルルルル~~~~~ッ、ジャン!

 

ピンクのカーテン

 

すご~いでしょ?

 

リビングや、寝室と同様に、何枚も重ねたボリューム感!
でも、お色使いは、女性らしい可愛さが。

 

ゴージャスカーテン

 

ベースとなる生地は、
マナトレーディングの、「オペラ」

 

しっかりとした厚みのあるテクスチャーから高級感が漂います。

 

ピンクのカーテン

 

 

ゴールドとピンクのリッチ&ラブリーな組み合わせ。
中央のリボンは、赤いベルベットで!

 

やはり、何層にもなったすべての生地に、しっかりと
L型にピンクのトリム付。

 

3連小窓には、バルーンシェード。

 

 

小さなバルーンシェード

 

とにかくリボンがお好きなM様なので、
バルーンシェードにも、大きなリボン。

なんだか、キティちゃんみたいな可愛さですね!

 

 

こちらは、トイレ。
トイレだけど、手抜きは一切無し!

素敵な刺繍の生地でバルーンシェード。
五洋インテックスの「アイリーン」

 

リボン付カーテン

 

 

おっきなリボンは、いろ~んなところに登場いたします!

 

このリボンの形にも、ふっくら加減、
中央のまとめの大きさなど、並々ならぬこだわりをお持ちです。

 

 

ピンクのリボン

 

こちらは、可愛いお嬢ちゃまのバルーンシェード。
(むちゃくちゃ可愛い・・)

 

イギリス「クラーク&クラーク」のバラ柄の生地は、リネン。
鮮やかなピンクの生地はサテン。

異素材で、合わないかと思いきや、
なんとこれが、すばらしいマッチング。

 

 

バラのカフェカーテン

 

キッチンのカフェカーテンひとつとっても、手の込んだデザイン。

こちらは、シャンタン生地との組み合わせ。
ポンポントリムとリボンで、さらに華やかに。

 
リボンは、少し濃いお色で。と、細かいところに、
M様のこだわりが感じられます♪

 

ピンクというだけですと、「可愛い」印象ですが、
生地の光沢感が加わると、いっきにゴージャスに!!

 

極め付けは、このL型対面キッチン♪

 

キッチンのスワッグ


なんとなんと、このL型にそって、
スワッグバランスを付けてしまうという贅沢なもの。

 

生地も豪華に、ベルベット!!

しかもしかも・・・

 

キッチンのスワッグ

 
はい、これは、キッチンの中からリビングを見た角度。

 

こうやって裏側から見ても、
スワッグの裏地はカラフルに美しくなっております。

 

表は、ベルベット、裏地はサテンで、
表のお色と反転するように作られているのです。

 

それも、ちゃ~んと、お色は交互になるように
計算されておりますの!

 

それらも、すべてM様のこだわりの部分であります。

 

ざっとご紹介しただけでも、数々のこだわりポイントが
カーテンの随所に隠れているのが伝わりますでしょうか。

 

まだまだ終わらない、M様邸のカーテンは、
次回に続きます。

 

皆様、どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは!東和商会の伊賀です。

 

いよいよ、今年もあと2週間となりました。
なんだか、それだけで忙しない気分になってきます。

 

今年はもう無理で、来年になるな~ということばかり。

 

でも、来年にまわせないのが、「忘年会」!
弊社は、本日の予定でございます。

 

さてさて、今年もたくさ~んのお客様に恵まれた東和商会。

どのお客様も、初回の打ち合わせから施工完了までの
道のりがあり、思い出がいっぱい。なのですが、

 

 

その中でも、特に長い期間をかけて進めさせていただいた、
東京都のM様邸のご紹介です。

 

初回のお打合せは、今年1月。

 

おうちをリフォームなさるとのことで、
それを機会に、カーテンを新調されることに。

 

すべての施工が終わったのが10月終わり頃なので、
それまでのお打合せ回数も、かなりのもの。

 

何度もお打合せを重ね、選びに選び抜いた生地ばかり。

 

縫製についての仕様も、
弊社でも、今まで例がないほどの凝ったものでした。

 

すべてにおいて、こだわりぬいた、
M様邸カーテン。満を持して公開でございま~す!

 

 

ゴージャスカーテン

 

まさに「豪華絢爛」でございます!

 

ゴージャスカーテン

 

ジョージアンスタイルのスワッグ&テールは、
赤いベルベット生地。

レースは、オーストリアンシェード。

 

と、ここまでなら、よく見るスタイルかもしれません。

 

赤いカーテン

 

でも、こだわりはそこから先。

まずカーテン、何枚掛かっているの?
気になりますよね。

実は、カーテンレールは、通常のダブルで、
つまりカーテンは、2枚ということになります。

 

奥の方は、赤いベルベットと、ゴールドのベルベットの
2枚の生地を、ずらして重ねて、上部で一体化した
1枚のカーテンに仕立ててあります。

 
一番手前の赤い地模様のカーテンは、1枚の仕立てですが、
合計3枚の生地には、すべてにL字状にトリムが付いているという、

すべてにおいて、「ここはいいよね~」的な省略のない、
こだわりのスタイルなのであります!!

 

カーテン本体にここまでの量のトリムを付けたのは、弊社でも初めてかも。
(トリムの使用量がものすごい。)

 

 

赤いカーテン

 

オーストリアンシェードも含めて、壁からの出っ張りは、
約20センチ。

 

何枚も重ねたことから生まれる、この立体感!
とにかく迫力満点のボリューム。

 

いちばん手前の生地は、イタリア製の型押しベルベット。
日本では、「トミタ」さんでのお取り使いです。

 

お値段もさることながら、なんと2か月以上待ち!!
(待った、待った、待ちに待ちました!)

 

 

イタリア製ベルベット

 

アップ画像では、ちょっとオレンジっぽく写っていますが、
実物は、とても美しい「真紅」と呼ぶのにふさわしいお色。

 

 

イタリアの生地

 

 

それにしても、素晴らしい家具・調度品に囲まれたM様邸。
そして、高い天井とその装飾の素晴らしさ。

 

上から見ても、

 

ゴージャスなお部屋

 

 

下から見上げても、

 

ゴージャスなお部屋

 
ため息ものの、お住まいでございます。

このゴージャス感。実はリビングだけではございません。

 

すべてのお部屋がこの感じで進みますよ~
皆様、心の準備は良いですか~?

 

はい寝室、ジャン!!

 

寝室のカーテン

 

すごい!すごすぎ~!

って、弊社が施工させていただいたのに、
初めて見たかのようなリアクション。毎回してしまう。(笑)

 

生地は、弊社ブログでもおなじみの
スペイン製の生地。「ガンセド」

とても人気の生地なので、
これまでたくさんお納めしてきたのですが、

M様ならではのこだわりのスタイルは、
もちろん、この生地だって例外ではありません。

 
スペインのカーテン

 

リビングと同じく、いちばん奥は、オーストリアンシェード。

その次に、2枚重ねのカーテン。
一番手前に、「ガンセド」のカーテン。

 
そしてやっぱり、すべての生地に(重なっている部分もすべて)
トリムをきっちり付けてあるのが、M様流。

 

スペインのカーテン

 

このボリューム感。ゴールド感。

カーテンという名の、芸術品という気がしてきます!

まだまだ続く、M様邸のカーテンは、次回に続きます。

皆様、どうぞお楽しみに!

 

 



皆様こんにちは。東和商会の伊賀です。

 

12月に突入~

 

「忘年会」の声がちらほら聞こえてきました。

 

駆け込み的なお客様も多く。
皆様、やはり新しいカーテンでお正月を迎えたいですものね!

 

でも、デザインカーテンは、駆け込みでは
まず出来ませんので、ご注意下さいませ~

 

さて、今日も素敵なカーテンのご紹介です!

 

東京都T様邸

 

カーテン上飾り

 

エレガント空間の定番とも言える、
スワッグ&テールとバルーンシェード。

 

 

ダマスク柄の生地

 

ベースとなる生地は、「マティーニ」
淡いグレー地に、淡いパープルのダマスク柄。
「何色」と、言い切れないニュアンスカラーが素敵です。

 

 

スワッグ&テール

 

 

スワッグ&テールは、ベルベット生地。
こちらも、シルバーっぽくもあり、グレーっぽくもあり、
かすかな赤味もある、まさにニュアンスカラー。

 

 

バルーンシェード

 

バルーンシェードには、
スリット生地の切り替えを施しました。

 

ちらりとのぞく、光沢のあるパープルの生地、
わかりますでしょうか?

 

ダマスク柄の生地

 

これが入ると、広がりがちなバルーンの、
生地のおさまりが良いだけでなく、柄がキレイに揃い、
しかも、おしゃれ。といういいことづくめ!

 

美しい色合いです。

 

バルーンシェード

 

 

レース生地は、遮熱タイプで美しさと機能性も。

 

遮熱レース

 

 

そして素敵な白いキッチン♡

 

白いキッチン

 

 

可愛くてエレガントです~♪

 

 

そして、階段の上がり口、登り口に、ロールスクリーン。
これ、弊社ではとっても多いご要望なんです。

 

何か1枚あることで、冷暖房効果もアップ!

 

ロールスクリーン

 

 

T様邸は、このロールスクリーン用に、
カーテンボックスをお作りになった為、

 

使う時だけ幕を下げ、
使わない時は、上げきってしまえば、まるで見えない。

 

 

階段口のカーテン


ねっ!

 

でも、階段降り口の方は、
小さなお子様にはちょっと注意が必要です。
幕が掛かることで、階段を見えなくしますから。

 

そのあたりは、いつもご説明してからお選びいただいてます。

 

 

こちらのお部屋は、フラットバランスに。

 

フラットバランス

 

 

お色の感じもガラリと変えて、ゴールド感!

 

 

遮光のダマスク柄

 

 

この生地、素敵なダマスク柄でありながら、なんと遮光タイプ!!
しかも、ゴールドの輝き。
これは、ありそうでなかなか無い、貴重です~

 

 

フラットバランス

 

フラットバランスは、無地のシャンタンでお色合わせ。

 
T様邸は、ほとんどの窓にカーテンボックスがあるので、
カーテン上飾りは、ボックスを利用してお取付けしました。

 

上部の細かい部分も、
板の厚み分を切り欠きしてピタ~っと壁に付くように。

 

どれも、エレガントで素敵な仕上がりとなりました。

 

T様は、4月に初回のお打合せを行い、施工は11月。
たっぷりとお時間をいただいての進行となりました。

 

建築は、クラフトメイドハウス様。
こだわりの輸入住宅を手掛けるハウスメーカーさんです。

 

T様、長い期間、色々とありがとうございました。
新しいお家での毎日、末永くお幸せでありますように!