オーダーカーテンの色と柄を選ぶポイント

どんな住宅、部屋にも窓があり、ほとんどの場合カーテンを掛けていると思います。快適な住空間の演出には、カーテンも重要な役割を果たします。理想の空間を実現するためにも、オーダーカーテンに挑戦してみませんか。カーテンを選ぶ際のポイントについてご紹介いたします。

色の組み合わせ

住空間を構成するカラーには、天井や壁、床といった部屋の基本を構成するベースカラー、ソファーやカーテンといった大きめのものに使われるメインカラー、ランプシェードやクッションといった雑貨や小物にワンポイントとして取り入れるアクセントカラーがあります。ベースカラーが70%程度、メインカラーが25%程度、アクセントカラーが5%程度で、色のバランスが良くなると言われています。

カーテンの色を選ぶ際にベースカラーと比べて、明るさや鮮やかさの異なる同じ色相での配色は、同一色で統一された失敗の少ないコーディネートになります。また、赤とオレンジ、青と紫、緑と黄色など、類似色だと違和感なく安心出来る空間に仕上がります。

逆にオレンジと緑、赤と青と黄色など、反対の配色だと、メリハリがあって元気なイメージのある空間となります。ベースカラーから、自分がどんな空間を演出したいのかによって、カーテンをはじめとした家具やインテリアの色の組み合わせを考えてみてはいかがでしょうか。

柄の組み合わせ

物が多い部屋のカーテンは無地でスッキリしたものを選ぼう、シンプルな部屋のカーテンは柄物にしようというように、部屋の雰囲気と対照的なカーテンを選びたいと考える方もいらっしゃいます。しかし、カーテンの柄は、部屋とのバランスがとても重要となります。

シンプルな部屋に輸入住宅のようなヨーロッパ風デザインで重厚感のあるカーテンではカーテンだけが浮いてしまいますし、反対色を取り入れたインパクトのある部屋にエレガントなシンプルなカーテンもバランスが悪くなってしまいます。小柄のものから大柄のものまで柄にも様々なものがあり、大きな窓のカーテンには、デザインの余白が多い大柄なものの方がスッキリした印象の空間になることもあるのです。

カーテンの柄選びは、違和感のない空間デザインとなるよう部屋とのバランスをしっかり考慮することをおすすめします。

オーダーカーテンの注文をお考えなら、ぜひ弊社にお任せください。様々なテイストのカーテンを製作するのはもちろん、上飾りやタッセルなど、細部までこだわることが出来るので、イメージ通りのカーテンをご提供出来ます。工場直売価格のオーダーカーテン専門店であり、埼玉県越谷市にある本社工場には、ショールームもご用意しております。