カーテンのヒダの取り方

カーテンは上部にヒダがあり、その裏にフックがあるのが一般的です。ヒダの取り方によってカーテンの表情や空間の雰囲気も異なるので、カーテンをオーダー・購入する際は、ヒダにも注目してみてはいかがでしょうか。

ヒダの役割

ヒダがきっかけとなって折り曲がることで、開閉をスムーズにするだけでなく、開いた状態でも美観を保てます。また、ヒダの谷間やカーテンの波型部分に空気が抱え込まれることで壁となり、断熱や保温の効果も期待出来ます。カーテンの機能として断熱や保温を検討する場合、空気の層が多くなるようにヒダの多いものを選ぶ、また一重より二重にすると良いでしょう。

ヒダの取り方で価格が変わる

2倍ヒダと言えば、仕上がり幅の2倍の生地を使ってカーテンを仕上げます。
同じように、1.5倍ヒダや3倍ヒダのカーテンもあります。フラットなカーテンであれば1.1~1.5倍ヒダ、全体にギャザーを入れるギャザーヒダであれば2.5倍以上など、カーテンのスタイルに合わせてヒダの取り方を変えることが出来ます。使用する生地の量も異なるので、生地を変えずにヒダの取り方を考慮することで、費用を抑えながら素敵なオーダーカーテンを依頼することも出来ます。

生地のデザインや空間の雰囲気を考える

カーテンのデザインによって、ヒダの取り方を考えた方が良い場合もあります。細かい柄が全体に入ったデザインであれば、比較的どんなヒダの取り方も問題ないでしょう。大柄なデザインを活かしたい場合は、波型が少なくなるようなヒダの取り方もおすすめです。
ラグジュアリーな王室風の空間にするなら、ボリュームが出る3倍ヒダ、エレガントな部屋には、レースカーテンにギャザーヒダを取り入れるなど、ヒダの取り方は空間演出にとても大きく影響します。
カーテンにこだわる際は、専門店で自分のイメージや空間などを相談しながら、ぜひヒダの取り方にも注目してみてください。

埼玉県越谷市にある弊社は、輸入カーテンも取り扱っているオーダーカーテンの専門店です。
海外ブランドの輸入カーテンは高級感や重厚感を演出したいお部屋に最適です。シンプルなスタイルカーテンやシェードなどもございます。お客様のイメージを実現するのはもちろん、それぞれに合った提案をし、より良い空間づくりをお手伝いいたします。
輸入カーテンや空間演出なら、オーダーカーテン専門店の弊社にお任せください。