レギュラーカーテン

いろいろなHPをご覧になっていると、2倍ヒダ、3つ山、本縫いなどといった言葉を目にされると思います。

一般的なオーダーカーテンは、上記のように仕上がりに対して2倍の巾の布をヒダを取って、仕立てをします。

これを基準に、ヒダを浅めに取り、ヒダを1.5倍に取ったり、少したっぷりとしたウェーブを出すために2.5倍に取ったりします。

既製カーテンなどは、材料を少なくして安く提供出来るように1.5倍ヒダがほとんどです。

しかし素敵な生地の柄を見せるために1.5倍に仕立てる場合もあります。

フラットカーテンにしてあえてヒダを取らず仕立てる場合もありますので、一概にヒダ要尺が少ない物を低級なカーテンとは言えません。

問題は、布をどれだけ使おうとも、同じ品質で仕立てをする事が良いカーテンと言えます。

東和商会では、レギュラーカーテンでも手を抜きません。

より良い品質でお届けする事が出来ます。